tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ちょっと染める
nzsome1.jpg
5月にまきもの工房さんのところでレイコちゃんに教えてもらったNZ染をやってみた。
少量の羊毛を染めるのにはとっても便利なやりかた。

染料の液がよくしみこむように液体洗剤を入れるんだけれど、今回はちょっと量が多かった。
しみこませるのに、ぎゅーぎゅー押さえていたら、泡が出てきちゃった。

この方法、ちょっとこの色が欲しいなんてときに、とても便利。
教えてもらったレイコちゃんに、感謝~。
ほんとにありがとう~。
nzsome2.jpg
染め上がった毛を脱水した後、どんどん毛ほぐししていく。
毛ほぐしするそばから、乾いていく。
きれいな藤色に染まった。
使った染料はダイロン(WindsorPurple)
ダイロンは色んな色をあれこれ買っているので、いろいろ染めようか。
フェルト化しないかとちょっと心配していたけれど、全然フェルト化しなかった。
こうやって少量を染めるのには、ビニール袋を使うというのは、便利。
鍋のふちに触れると、溶けるだろうから、ゆでる鍋はちょっと深めのフライパンを使った。
熱を加えると、袋はどうしても浮いているので、均一に染まるように、何回か上下をひっくり返した。
熱のことを考えると、ラップのほうがいいのかな?いろいろと試行錯誤してみるかな。
nzsome3.jpg
染めた毛を早速紡ぐ。
極細糸に。フェルト化していないし、カーディングするのもとても気持ちいい。
今年の牧場の毛なので、毛番手が細く、紡ぐとぬめりがあるような感触。
糸玉がどんどん増えていくのを見て、にんまり。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

スポンサーサイト

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/23(木) 08:59)

 ウールの会 虹染め講習
201105231.jpg201105232.jpg
201105233.jpg201105234.jpg
5月23日に神戸ウールの会で虹染め講習がありました。
IKUYOさんにレクチャーしていただいて、皆でわいわいと楽しく染めました。
フリースやら、スライバー、糸、みんなきれいな色に染まっています。

私はブルー系で染めてみました。
この色合い、どっかで見たことあるな~、なんて思ってたら、
家に帰って椅子をみたら、ありました。
kiku2.jpg
紫系に染めたい~と3人一緒にやってて、こんな色がいいかな?なんて言いながら染めてましたが、無意識に同じ色合いにしてたみたいです。帰ってからちょっとびっくりしました。

今年の毛を染めたので、毛が細くて柔らかくて、毛ほぐしするのが気持ちよかったです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/05/24(火) 12:28)

 染めてはみたけれど 
biwa3
ビワを2時間煮出しして、赤系の染料が出たはずだったんだけれど、染める前の羊毛の精錬(脂分をしっかり落とす)が不十分だったのか、色はあんまり濃く入っていきませんでした。手前が銅媒染 奥がアルミ媒染。もうちょっと色がついてくれたらうれしいのにな~。脂分をきちんと落としていなかったのがうまくいかなかった原因かと。紡いで糸にしてみた。なんだか肌色の毛糸になっちゃった。
biwa4
もっときれいに濃い色になって欲しかったな~。

dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2007/10/25(木) 07:30)

 この色この色!!
biwa2
2時間煮出して、赤が出てきました。牧場での染めの講習のときは時間がなくて、それほど長い間煮出さなかったのです。そのときの染液の色は黄色でした。今日はちゃんと赤みが出ています。この色を待ってました。染材のビワの量も適当に、やってます。羊毛はこの前洗った脂で黄ばんでしまった羊毛を使っています。黄ばみがあるので、染めると逆にその部分は濃い目に色がつくので楽しみです。今回はアルミ媒染と銅媒染をやってみるつもりです。

夜に染めをはじめちゃったので、深夜1時になっても、まだまだ染液がさめません。なにやってんだろ~~~私。もう寝たいんだけれど、寝られない~。あと30分待ってみるかな~。明日の朝は起きられないかも。う~~ん。困った。
dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2007/10/23(火) 22:45)

 ひろいもの
biwa
お習字の先生宅(日舞のお師匠さん)へ、半紙をいただきに行く途中で、団地の一角で剪定をしていた。みると、びわ!欲しくてもなかなか採集できなかったりなんだけれど、こういうときはちょっと声をかけると、もらえるので、ちゃっかりいただいてきちゃった。盛夏じゃないので、どのくらいまで染料がとれるかわからないのだけれど、このくらいあったらちょっとは染められるんじゃないかな~。染料の煮出しをかなり長い時間すると、黄色じゃなくて赤が出てくるらしいので、今度はがんばってビワ色を染めたいな~。また楽しみが増えた~~~。


dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2007/10/23(火) 22:11)

 染めの準備
はるちゃんの自由研究は今年は草木染。ということで、実家に帰省中に染料の葛の葉を採集してきました。今日は朝から家の近くを散歩がてら、カイヅカイブキ、桜を採集してきました。それと玉葱とオレンジの皮の5種類を、ミョウバン、木酢酸鉄、硫酸銅の媒染で染める予定です。
かなりの量の染料が取れる予定なので、私もウールを染めようかなと思っています。5×3 の15色になるので、なんだかわくわくします。木綿や絹も一緒に染められるともっと楽しいのだろうけれど、ちょっとしんどいかな~。木綿は豆乳で下処理しないといけないしな~。とりあえずウールの毛糸を染めて楽しむ予定です。
dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2007/08/18(土) 13:17)

 渋皮煮のゆで汁で
kurizome1.jpg
渋皮煮のゆで汁がすごい色をしているので、染めてみました。もっとピンクに傾くと思っていたんですが、こんな色。薄い赤茶。草木染はよくわからないので、媒染もよくわからず、タンサンを使ってゆでて灰汁抜きをしたので、それにミョウバンを足して、同媒染してみたんです。ミョウバンがだめだったのかと思って、再度渋皮煮を作ったときに、ミョウバンなしで染めてみたけれど、そっちもまったく同じ色に染まっちゃいました。柿の渋染めにも似ているのかな?ともかく、自分の想像していた色とは違うけれど、色としてはまぁまぁの色合いなのかもしれない。

dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:6
(2006/10/13(金) 13:39)

 段染めに挑戦
some5段染め糸に挑戦してみました。ロイヤルブルーとパープルのものとロイヤルブルーとローズピンクの段染め2種。ピンクとのコンビはすでに物干しにかかって乾燥中。かせにした毛糸の両端を、それぞれの色を濃い目に溶いた染液につけて、段染めにしてみました。結構きれいに染まったのでいい感じ。中間の白の部分をはっきりと残したいときは、絣の技法を使って糸でくくればいいんだけれど、ぼかしたかったので、あえてそのまま染めてみました。このピッチで染めると、編地はどんな風になるのかな~。試してみたくてうずうずします。
dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2006/08/27(日) 11:50)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。