tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ウールの会 織り講習 ノッティング
knotting1.jpg
ウールの会の織り講習も最終日。
マフラーを織り上げた後、会員共同作品ということで、ノッティングをちょっとやっている。
秋のウールフェスタに展示する予定。
糸はナバホスピンドルで紡いだ糸。
グラデーションで色が変わっていく。
反り刃のハサミで切りそろえると、絨毯らしくなる。
一目一目ノッティングしていくのが、ちまちましているけれど、楽しい。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

スポンサーサイト

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/30(木) 06:31)

 ロングマフラー完成
longmafura2.jpg
ウールの会の織りの講習で織ったマフラーが完成。
モデルは娘に。
longmafura1.jpg
縮絨かけたとき、糸が動き出す瞬間が好き。
織り上がったあと、機からはずした時は、まだまだぱりっとしていた織り地が縮絨の工程を経ると、柔らかい布に変化する。
使っていくうちに縮みは進むので、今回の縮絨もそれほどしっかりかけてない。
幅20cm 長さ3.4m(房含まず)154gの軽い長いマフラー
首にゆったり二重に巻いても、まだ両端は長く垂れる。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/27(月) 09:55)

 ノッティングの道具
ノッティングのときに、欲しかったナイフ。
絨毯を織る時、トルコ結びを一目一目作って糸を切るのに、ナイフが欲しかった。
douguknotting.jpg
アナンダで見つけて、購入。
インドからやってきたとてもシンプルなナイフ。
三日月形が面白い。
手元に届いて、自分で研いだ。
自分で手入れできるのがいい。

こちらは反り刃の和バサミ。
dougusoriha.jpg
昨年末に赤穂段通の工房に見学にいったときに、反り刃のハサミをみた。
赤穂段通は水平機で織っているので、段通の表面を整えるためには反ったハサミが必要。
刃が反っているので、織り地の仕上げにも使いやすい。
新しい道具を手にすると、やる気もUP。
あれもこれも、やりたいことがいっぱい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/26(日) 08:39)

 織りの講習もいよいよ佳境へ
orikousyu1.jpg
創作工房でやってるウールの会の織りの講習も最終月。
いよいよ佳境へ入ってきました。
20110601.jpg
今回は、あらかじめ、これをしたいという目的があまりなかったので、以前に紡ぎ貯めていた手紡ぎ糸を持ってきて、シンプルな平織りチェックのマフラーにしています。
今回の課題は耳の処理。
今まではどうしても耳の糸に触って整えようとしていたりして、耳がきれいに揃うことがなかったのです。
ちょっとしたコツを教えていただいて、途中からは感覚がつかめてきています。
それと今回は筬を使っての打ち込みがすんなり出来た。
今までは筬を使うと、経糸がこすれて切れてしまうことが多くて、刀杼を使って打ち込みをすることが多かったのですが、今回は気持ちよく筬が使えています。
手紡ぎ糸のマフラーは平織りよりも綾織りのほうが風合いが柔らかくていいのだけれど。
整経長が長いので、あともう二頑張りくらいしなくっちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/07(火) 14:09)

 ウールの会 織り講習
今日はウールの会の織り講習の日。
朝から神戸のクリスタルビルの創作工房まで出かけていました。
今日はウールの会の皆で共同作品のノッティングの下準備。
糸綜絖を作って。下地織りまでやろうと思っていましたが、時間がなくて、それはまた次回へ。

ウールの会の織り講習はそれぞれがジャッキ式の織り機を借りて、それぞれ思い思いの作品を織っていきます。
4,5,6月と織り機を借りているので、4月もやっていましたが、私は踊りのお稽古で忙しくて、全然織りは手をつけられず。
今日やっと整経はじめました。
簡単な平織りのチェック柄。
手持ちの手紡ぎ糸を使って。
長めのマフラーにしたので、糸が足りなさそう。
緯糸はまた紡ぎ足さないといけないな~。
今日はずっとずっと作業をしっぱなしだったので、写真を撮れずに一日終っちゃった。

整経台を使っての整経は久しぶりだったので、すっかりやりかたを忘れてました。
チェック柄にすると、整経本数を数えるのはとっても楽。
さてさて、どんな風に織りあがるのか、
手紡ぎ糸で筬は使えるかとか、織りあがるまでにいろいろとありそうなんだけれど、
おしゃべりしながら、皆さんの作品を見ながら、楽しい楽しい織りの日々が始まりそうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2011/05/08(日) 23:40)

 お試しノッティング
手持ちにあるものを使ってノッティング(パイル織り)の練習
notting1.jpg
お試しでやっているので、幅も細い。
糸綜絖を作るまでもなくて、アイスキャンデーバーを使って糸をひろって織ってます。
糸は短く切ったものをノッティングするのでなくて、一目一目、糸をかけたら、ナイフでカット。
図案は縦糸に直接チャコで書いてしまいました。
市販の糸を使っているので、撚りが甘くて、ふわふわしています。
もうちょっとしっかりした糸がいいな~なんて思いました。
毛足はまだ整えてないけれど、1cmくらい。
触ってみると、なんだかとっても気持ちいい。

昔、愛地球博で中央アジアから出店していた手織りの絨毯と織り機を見て、いつか挑戦したいと思ってた。
本物はもっともっと縦糸が込んでいて、織り込む糸ももう少し細かった。
絵画みたいな図案がとってもきれいで、織り機枠ごと欲しかった。
一目一目うずめていく刺繍のような感じがする。
時間はかかるけれど、だんだん出来上がっていく楽しみはなんともいえない。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ



テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/03/06(日) 21:50)

 楽しい楽しいヂャンティ織り
とっても手軽に織りができて、可愛いのが作れそうなので、
早速使える太さに虹染めスライバーを紡いで。
gyanti3.jpggyanti4.jpg
ヂャンティの平織りから挑戦。
糸のかけ方を間違えないように注意して。
gyanti5.jpg
これって、よく出来てるHandLoom
だれが考えついたんだろう?
3回糸をかけたら、隙間を平織りするように針で糸を通していくとできあがり
gyanti6.jpg
あんまり楽しいので、どんどん枚数が増えていく。
手前の目の込んだのは細織り。
糸の太さからいうと、こちらのほうが合っているかも。
虹染めの色がきれいにでるよって聞いていたのだけれど、ほんとにきれいな色合い。
染めのピッチが短い虹染めにぴったりの織りだな~。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/02/26(土) 15:00)

 ヂャンティ織り機
きれいなレインボーの色をそのまま活かしたくて
ヂャンティ織り機、買いました。
そこはかとなく、昭和の香りがしそうな外観
gyanti1.jpg
そして、織り機本体。
簡単なつくりなので、自作できるはずだろうと思ったのですが、
板に釘打バージョンだと、釘の頭から糸をはずすのがちょっとひっかかる?
四角いものだけかと思っていたら、円のパターンも。
お花モチーフも作れるので、これは便利かも。
gyanti2.jpg
さぁ、きれいな虹染めの糸を紡ごう~。
わくわくする時間がまた増えた。

本には、やってみたいものが沢山載ってました。
織りパターンのパッチワークで、
これはこれですごく面白そうです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2011/02/25(金) 15:33)

 ウールの会 絵織り講習
2月24日、六甲道でウールの会の絵織り講習がありました。
eori1.jpg
キャンバスのフレームを使って、絵織りの木枠の作成です。
私はF6のキャンバス木枠。
上下に真鍮の釘を5mm間隔で打つ。
これがとっても大変。
サンプル織りように、コースターサイズで織り木枠を何度も作っていて、そのときのことをすっかり忘れていました。
釘打のときは、小さめのラジオペンチが必要だった。
でも、持って行くのをすっかり忘れたので、指で釘を持って、打ちましたよ。
まっすぐに打てたのは……ありません。笑
息子が見たら、絶対に大笑いされそう。

ということで、釘打と、縦糸張りで作業時間が終りました。
絵織りの図案もまだ用意していないし、糸も用意してない。
何より、こんなの作ってみたいっていうイメージが湧かない。
なのに、縦糸張っちゃった馬鹿者です。
図案、決めなくちゃ~。

絵織りということで、つづれ織りなんだけれど、
見本でいろいろな作品を見せていただいたんだけれど、
なんかこう織ってみたいと思うものがなくって。

スマックで織ろうかななんて考えてます。
でも、またあれこれ、変わっちゃうかも。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/02/25(金) 14:53)

 いまいちな縮絨
紡ぎカフェの名札の台布を作りたくて
織りあがり 25cm×10cm
nafuda2.jpg
このままでも、とってもきれいな薄手の布
でも、縮絨かけないとはさみを入れられない。

縮絨後 20cm×8cm
nafuda3.jpg
いい加減にくしゃくしゃとやってしまったので、仕上がり具合がいまいち。
マフラーはここまでくしゃくしゃにしないので、全然違うあがりにびっくり。
こんな小さな小物でも、やっぱり心棒使って、ローリングしないとだめなんだろうな~。
房はなんだか可愛いので、このまま残して使いたいな。
ということで、名札の仕上がりは2月のカフェに持っていって考えます。

やっぱりちょっとマフラーなんぞ織ってみたい気分。
リジットでささっと平織りしましょうか?
編んでないので、編みたい~~~、編みたい~~~と手がうるさいんですが。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ




weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/02/09(水) 15:58)

 手間かかる平織り
nafuda1.jpg
先日紡いだ紡毛糸をつかって、紡ぎカフェの名札の台布ができないかと、織りはじめ。
インドの織り木枠をつかってます。
綜絖がないので、アイスキャンデーバーを使って、糸を拾っていき、定規で糸を開口して板杼で横糸を入れる。
コースターなど、小物を織るときにはいつもこのスタイルだったのだけれど、あんまり久しぶりだったので、とってもやりにくい。
よっほど糸綜絖をつくろうかと思ったくらい。
縦糸も手紡ぎ糸だから、糸が開口しなくてまいった。
最初からリジット使えばよかったかな。
これはしっかり縮絨かけて目を詰める予定。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ



weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2011/02/08(火) 17:57)

 網代織りと千鳥格子
ajiro1.jpg網代織りのマフラー完成
色合いが微妙なので、遠目には模様はそれほどはっきりとは出てない。さりげない網代といったところか。春夏のちょっとした寒さに使えるように綿糸で織っている。今回は手紡ぎの糸でないので、経糸が切れることもなく、順調に織り進み、一日で仕上げることができた。びっくり。糸が切れないということはとても楽なんだな~と。
織っていたときは模様が見にくく、これで大丈夫かと心配したけれど、仕上げにソーピングしたら、糸が膨らみ模様がはっきり出てきて、驚いた。あえてはっきりと模様がでない色を持ってきたので、これはこれで計画通りになった。

ajiro2.jpgこうやって近くで見ても、微妙な模様。網代織りは計画段階で、模様が完全に出来上がってしまうので、しっかりイメージを作れるかどうかが、課題。今回はほぼイメージどおりだったけれど、2色を使って織るということ、仕上がった色がどう変化するかというのは、これから色々な糸で織っていくとわかってくることかな。今回、それぞれの糸ははっきり違うのだけれど、2色が混ざることで、水色に変化するのには驚いた。1色で織ったものに比べると、2色を使って織ると面白い。

tidori2.jpgこちらは千鳥格子
こちらのほうがそれぞれの色が結構はっきり出てくる。2本の格子なので、結構細かい。講習で織るものも、5羽/cmなので、まったく同じ雰囲気の色違いということになる。細かい格子なので、遠目にはシックでおしゃれ。主張しないさりげない模様がいい感じかも。雰囲気が大人っぽいので、房はレース風に透けるように。最初どうやるのか戸惑ったけれど、やってみると面白い。こんな房始末もあるんだ。おしゃれ。普段はウールばかり織っているので、房始末はほとんどねじり房でフェルト化させてしまう。

tidori1.jpg織り始めの感じ。機にかけていると、糸と糸の隙間が開いているので、模様がはっきりとわかりにくい。色を白と色糸などとはっきりくっきりわかるような合わせ方だと、わかりやすいけれど。身に着けるときに遠目からでも模様がはっきりわかるのはあんまり好きじゃないので、この色合いにしたけれど、織っているときはちょっとわかりにくい。仕上げを楽しみにがんばるというところ。
今回、ためしに織ってみて、リジットの場合の整経のやりかたで、使えるものと使えないものがわかってよかった。偶数本の千鳥格子だとリジットの整経のやり方のほうが断然速いけれど、網代や奇数本の千鳥格子は整経台を使うオーソドックスなやりかたのほうが、理解しやすい。
weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/06/07(土) 18:31)

 織り 講習
6月4日にウールの会の6月の織りの講習が始まりました。
平織りの網代と千鳥格子。
私の持っていった糸はちょっと足りなかったので、ウールの会で用意していただいた糸を使って。
講習では千鳥格子をやります。
色がとってもシック。
整経はちょっと難しかったです。普通に2本で整経すれば楽なのですが、4本一緒にしたので、綾を取るときにちょっとややこしくて。でも、理屈がわかってしまえばなんとかなります。
ほかの方たちは網代が多かったので、千鳥格子よりももうちょっと複雑になっています。
ということで、1日かかって、そうこう通しが半分しか出来ませんでした。
う~ん。もうちょっとできたらよかったのに。
でも、平織りなので、織り始めたらあっという間に仕上がるはずなので、次回からがんばろう。

網代織りの方は本を見て、理屈はわかっているので、リジットの整経のやり方でできないかとやってみた。
ところが計画表のとおりにできない。面倒でも整経台を使っての整経のほうがわかりやすいことに気がつく。
ということで、自宅にあった綿糸を使ってマフラーを織ってみた。
整経にちょっと手間取ったけれど、模様部分で区切って数えていくとわかりやすく、失敗がない。
織り始めるとあっという間だった。整経も織りもあわせて、一日でできてしまった。
写真はまた明日。
weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/06/06(金) 00:11)

 シャトル 考
shatl.jpg
平織りのマフラーを織ったとき、リジットには2枚の板杼しかなかったので、1色足りない。それぞれの色糸でシャトルが必要になるんだけれど、どうしようかと考えていて、原始機の時に使うシャトルを思い出した。どこにでもある細い丸棒に綾をとるように緯糸を巻いていけばOK。このシャトルだとリジットで織るときにはとっても便利。筬綜筬に当てるようにシャトルを通すと経糸を痛めないで緯糸を入れられる。板杼のときは経糸がすれて、糸に負担がかかるなと感じていたので、このやり方はいいかも。ちなみに写真に出ているシャトルの芯棒はブイヨンスピンドルの芯棒。織るものの幅にあわせて使い分けると織りやすかった。

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2007/09/30(日) 23:07)

次のページ
copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。