tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 練習用 脱脂綿で
夕べ、残っていた練習用の脱脂綿(油分を補ったやつ)でチャルカでつむ一つ分、紡いでみた。
脱脂綿も繊維の向きが揃っている。だからちょっとはぐようにしてほぐしたままで、チャルカで糸紡ぎをすると、ちゃんと紡げた。紡ぎながらのほこりも出てこない。ハンドカーダーは必要なくなった。なんだかとってもお手軽で紡げる。ますます面白い。羊毛を洗ってスピンドルで紡ぐのはのんびりとした趣味って感じ。チャルカで綿を紡ぐのは日常のひとこまになりそうだ。綿を紡ぐってこんなに面白いとは思わなかった。昔の女性の農閑期の仕事になっていて、とてもしんどい根気のいるつらい作業というイメージがあったのだけど、自分でやってみると、おもしろいなぁっていうほうが大きい。ガンジーが暇さえあればチャルカを回していたらしいのだけど、なるほど、と思う。純粋に糸を紡ぐという行為が好きだったのだろう。
いつか自分でレース糸が作れるようになったらいいなぁ。タティング用の糸は滑らないとだめなので、できそうもないけれど。クロッシェ用だったらできるかも。でも、どうやって3つこ撚りにするんだ???(レース糸は三つこ撚り)
スポンサーサイト
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2003/11/16(日) 13:49)

 綿糸の糊引き

布団の中綿の綿糸いろいろ。左の写真、上から糊引きしたもの。薄糊かと思ったけれど、そうでもない。これは織りをしてみないと加減はわからない。でも、ぱりっとした糸になってる。その下に並んでいるのは綿の単糸。糸の様子は右の写真で見ると、やんわりとした糸になってる。こんな糸で布を作ったら、確かに柔らかで暖かい素敵な布地になるだろうと思った。今まで手紡ぎ糸なんて全然興味を持ってなかったので、目にする機会がなかったけれど、糸紡ぎに目覚めたこのごろはネットサーフィンであちこちの手紡ぎ糸の風合いを、じっくり見ている。人の手によって時間をかけて作られたものって人の手のぬくもりが感じられて、こちらまであったかい気分になる。それと同時にどれだけの手間がかかるものなのかを実感した。とても手が出るような値段じゃないけど、見るだけで、いつかこんな作品が自分の手で作れたらいいなぁと思うばかり。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2003/11/14(金) 13:48)

 こんなふうに

布団綿をチャルカで紡ぐとき、いつもハンドカーダーを使ってローラッグにして紡いでいたのだけど、そうするとあたり一面ほこりがたつので、ちょっと参ってた。なので、ちょっと試しに布団綿をそのままちょっとはぐように小さくちぎりとったままで紡いでみた。
やってみて、びっくり。ちゃんとうまい具合に紡げる。ハンドカーダーをかける手間がなくなった。
布団って布団に仕立てる前にカード機にかけられてシート状の綿にして、それを何枚も重ねてできてる。だから長年使った布団でも、ぺしゃんこにはなっているけれど、ちょっとはぎとって振って空気を含ませるようにしたら、そのままで紡げるみたい。篠やらローラッグにする手間がとても時間がかかるので、この方法だととっても便利だ。糸になっていく瞬間を見ていると、繊維が「次は私が糸になるの~~~~」とばかりに、糸に吸い込まれていくみたいで面白い。まるで繊維が「前にならえ」してるみたいだ。羊毛をスピンドルで紡ぐときも「私が次に糸になるの~~~」って言ってるみたいで楽しい。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2003/11/13(木) 13:47)

 洗うとこんなかんじ

昨日紡いだ布団の中綿の綿糸は洗うとこんな感じになった。ちょうどいい感じのオフホワイトの色になった。洗う前のかぶらだまと比べると色がよくわかる。布団の中綿だから、繊維はちょっと短くなってる。だから撚りもちょっときつめにかけた。手紡ぎの綿糸はすごく柔らかい。確かにこの糸で作った布は柔らかくて軽くていい感じになるんだろうと思う。ニットにもしてみたいし、織って布にもしてみたい。
織るには糊引きをしないと縦糸(経糸)には使えない。糸の重量に対して強力粉を煮て糊をつくるみたいなんだけど、面倒くさいので、洗濯糊で代用しようかな。洗濯糊っていっても、成分はタピオカでんぷんと小麦粉でできているから結局は一緒だろうと思うし。経糸には糊をひいて織物にするということで市販の新しい布はなぜパリッとしているかがようやくわかった。そうしなければ、織機にはかけられないからなのね。なんでもやってみないとどうしてなのかがわからないけれど、知らないことが多いなって思う。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2003/11/12(水) 13:47)

 リサイクル

今までやりたくてもできなかったこと。子供の布団、といっても、私が子供の頃から使っていた綿の布団を一つ処分するので、ちょっとほどいて紡いでみた。いまどき布団ってあらごみで処分するばかりなのだけど、本来は布団屋に出して綿を打ち直ししてもらってリサイクルするはず。でも、いまどきはそんな布団屋さんも少ない。脱脂綿は油分を足さないと紡げないし、すぐに紡げるものは布団の中綿と座布団の中綿みたいなので、試してみたら、びっくり。脱脂綿に油分を補ってやったものよりも、ずっとずっとぬめりがあって紡ぎやすい。ちょっと黄ばんで色が変わっているけれど、糸にしたあとで洗えばすむし、どうせ撚り止めに精錬しないとだめだからちょうどよかった。チャルカのつむ一つ分をお昼からの2時間くらいで紡げた。UPの写真があるので糸の雰囲気が伝わるかな?真っ白の糸も素敵だけど、こんな色の糸も風合いがあっていい。この糸は単糸のままかせにして漂白剤入りで精練した。真っ白ではないけれど、かなりきれいになった。こんな糸を使って和紡布を作って洗いもの用の布地を作ってもいいなと思う。我が家は食器は拭いて片付ける派なので、食器拭きの布巾も作ってみたい。あ~~、ますます織りに興味がわいてしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は午前中はコリデールで紡いだ毛糸を使ってマフラーを編んでいた。前に編んだマフラーは母がお持ち帰りになってしまったから。前のものよりもちょっとだけ太目のマフラーにして、ちょっと足りなかったので、撚り止めしてなかった毛糸を今日は撚り止めをした。糸だまに巻いたら、続きが編める。急に寒くなってきたからマフラーが欲しい~。去年のもあるんだけどね。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2003/11/11(火) 13:45)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。