tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 きちんとマーカーを使おう
shetland5s.jpgシェットランドレースはいよいよ本体に突入。ところが模様編みCの最初の一番下の部分ではマーカーを使わなかったので、なにがなにやらちっともわからずに、なんだかおかしい。きっとドレッシングしたときに間違いを発見ってことになるんだろうな。それでも、もう何度も編みなおししているので、まぁいいかなんて思ってそのまま続行中。それで失敗したくないのと、どこを編んでいるかわかりやすいように、一模様ごとにマーカーを入れてみた。こうやって編むとミスも少なくなるかな。偶数段も掛け目や2目一度が出てくるので、間違いがわかりにくくて、とても大変なのだ。これでうまく出来るといいな~。

追記
結局ちょこっと広げてみると、どうしようもなく、模様編みがだめだったので、ガーターの部分まで一目一目左の針に移しながらほどいた。TT まるまる2時間半かかっちゃったよ~~。こんなんだったら最初からきちんとマーカーを使うんだった。
スポンサーサイト
spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:3
(2005/05/27(金) 16:05)

 こんなとき、どうする?
自分の目の前で我が子がからかわれたら、許せるか?

今日、お嬢さんズと夕方に買い物に出かけたとき、
その場面に遭遇した。




[こんなとき、どうする?]の続きを読む
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:4
(2005/05/26(木) 18:06)

 シェットランドレース 始動
shetland4s.jpgシェットランドレースに挑戦中。おしゃれ工房6月に出ていた縁編みのパターンはちょっと難しいので、GossamerWebsからパターンを見繕ってやってる。おしゃれ工房での編み方とは違うので、ふち編みは偶数段には掛け目と2目一度などが出てこない方が楽に編める。こちらは16段でひと模様なので、ちょっと割り出しをしないといけない。103目必要なんだけれども、端はすべり目になるので、都合206段必要になる。
206÷16=12…14 
12模様と14段
う~ん、この場合だと13模様にしちゃえばいいのね。
spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/26(木) 14:57)

 撚り止め 番外編
yori9s.jpg撚り止め 番外編。オレンバーグスピンドルで双糸にしたときは、こんなふうな5cm直径の小さな丸い厚紙をボビンに使う。撚り止めはどうするかというと、濡らした布で湿らせて、暖かいところへ置いておく、というやりかた。あまりの簡単さに本を読んでいてびっくりした。レース糸は単糸のときはすぐには双糸にしない。撚りが強くてくるくると勝手に巻いてしまうので、双糸にあわせにくくなるので、一晩置いて撚りがある程度落ち着いてから双糸にするんだけれども、そのまま置いておくなんていう撚り止めのやりかたもあるので、オレンバーグのようなやりかたもあるんだと思う。まだやったことはないんだけれど。

追記
スピニングのコンテンツに細番手、織り糸用の撚り止めのやりかたをUPしました。写真つきなので、わかりやすいかと。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/26(木) 10:49)

 ちょっと遊び
cori.ps.jpgあゆのTシャツが墨で汚れたので、目立たないように染めてみた。もともとベージュの色に紫をかけたんだけれど、結構きれいに染まってくれてほっとした。染液がまだまだ使えそうだったので、毛先がステインで黄色っぽくなっていたコリデールを出してきて、染めてみたのがこれ。薄めの色合いなんだけれど、糸にしたら色がしまるので、普通の紫という感じの色合いに。なんちゃってオレンバーグスピンドル(柳箸の両端を鉛筆削りで削って、ホイールは5円玉2枚)でお試し紡ぎ。ステイプルをコームすることもなく、ステイプルをちょっとだけ手でほぐして紡いでいるからとても気軽で手間いらず。サイトのスピニングのコンテンツにもUPしなくちゃ。
sport9s.jpgなんちゃってオレンバーグスピンドルは←これ。ホイールを作る手間がないし、重さもちょうどいい。軽すぎるとすぐに止まってしまうので、この場合はちょっと重い感じがベスト。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/24(火) 10:56)

 シェットランドレース 単糸
coli19s.jpg9.6番手の糸は、早速糸玉に変身。ここまでくると作品に取り掛かれる。28gなので結構な量。幸いかせから玉に巻くときも、切れることもなくちゃんと巻けたので、単糸でも十分に編める糸になったと思う。ドロップスピンドルでのスピニングが久しぶりだったので、どのくらいでどの番手になるのか、すっかり忘れているし、やっぱりコンスタントにスピンドルに触っておかないとだめなんだなと実感。それと、出来上がったかせや糸玉にはちゃんとタグをつけておかないといけない。何番手で、どのスピンドルを使ったかという情報がないと、作品にしようと思うとき、あとから困ることになる。
このごろ空いた時間にスピンドルを回していたり、シェットランドレースの縁編みを練習したりやっているものだから、寝不足気味。早く寝たいな~。でもタティングもスピニングもニットもやりたい~。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/23(月) 23:29)

 メリノを紡ぐ シェットランドレース
shetland2s.jpgシェットランドレースを編みたくて、手持ちの手紡ぎ糸をあれこれと捜していたら、メリノの単糸10番程度のものが40g出てきた。なのであと20gほど紡げばシェットランドレースにとりかかれるかと思って、あわてて紡いでいる。
 ドロップスピンドル 14g
 メリノ トップ 梳毛糸(風)
 270m/28g 9.6番手
 
今日紡いだ糸がスピンドルに巻いてあるもの。現在16g
あとちょっと。(番手が実際のものよりも細番手になるので、もしかしたら、20gも紡がなくても大丈夫なのかもしれない)

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/22(日) 22:52)

 弓ヶ浜綿
cotton.yumigahama1s.jpg先日から綿の種をまくので、あわてて綿繰りをしたりしていて、昨年いただいたいろんな綿としみじみご対面。その中にyumikoさんからいただいた弓ヶ浜という綿がある。鳥取で広く栽培されていた品種で、一番繊維が短い綿。yumikoさんからは糸にするにはちょっと難しいかもと言われていたものだったんだけれど、綿ってほんとにカシミアにそっくりなので、オレンバーグスピンドルで紡いでばかりのこのごろだったら、もしかしたら紡げるかもとタクリを出してきて紡いでみた。今までタクリではこんなに細く紡げなかったのに、綿を手でほぐしただけで、すごくきれいに紡げるようになってる。なんだか嬉しい。でもやっぱり右手の中指にはまめが出来てしまうので、テープを先にはって作業をしなくちゃいけない。

シェットランドレースは、以前紡いでいたメリノの単糸(10番手あたり)が50g近くあったので、足りない分を紡ぎ中。メリノのトップで梳毛糸で紡いでいるのでとても楽に紡げる。オレンバーグスピンドルで紡ぐ糸もゆくゆくはシェットランドレースに生まれ変わる予定だけれど、ともかくはメリノの単糸でいこうかな。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/22(日) 20:53)

 ほっとするひととき
suikazura5.22s.jpg
スイカズラが咲いた。おせじにも華やかな花ではないけれど、とても清楚で香りが抜群にいい。この時期、ベランダに出て、花の世話をしていると、スイカズラの香りで癒される。この株、かなりほったらかし状態で、今年こそは土替えをしてあげないといけない。本来は地植えのほうが向いているんだろうけれど、ベランダなのでそれも出来ず、小さな鉢で我慢してもらってる。花が終わったら植え替えをしてあげよう。挿し木もして株を増やせたらいいな。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/22(日) 09:52)

 紡ぎ中
coli18.2s.jpgcoli18s.jpg
今紡いでいる羊毛たち。一つはアナンダから購入した黒檀のスピンドルで。6月からはじまる神戸ウールの会の手紡ぎ講習会に準備していかないといけない糸。7~10番手くらいの糸を100g用意しないといけない。普段オレンバーグスピンドルで40番手ばかりを紡いでいるので、しかもこのごろはちっとも紡ぎをやってなかったせいで、太さが一定しない。ほんとにこれで10番手あたりなのかしら???適当にいい加減に紡いでしまっているんだけれども。今から講習会がちょっと恐いな~。外部から先生を招いての講習会なので、緊張なんだわ~。
もう一つはシェットランドレースを編むために紡ぎ始めたレース糸。レース糸って普通は梳毛糸に紡ぐのだけれども、シェットランドレースの糸のように絡みやすい糸にしたいので、オレンバーグスピンドルで紡ぐ正統なやりかたで、紡毛に紡いでいる。細いので、巻きつける途中で糸が切れたりすると、糸端がわからなくなるので、とても注意が必要。カシミアはどうなったの?っていう声が聞こえそうなんだけれど 笑 カシミアはもう一本のオレンバーグスピンドルに巻きついています。

[紡ぎ中]の続きを読む
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/21(土) 20:56)

 早速練習
shetland1s.jpgどうしても編みたくなって縁編みの練習を兼ねて、手持ちのアクリル極細糸で編んでみたら……こうなった。糸が太すぎた。棒針の号数をもう少し太くしたらいいのか。ともかくちっとも繊細な雰囲気がないし、よく間違えるし、偶数段に掛け目と2目一度があるのが気に入らないし、あまりにも踏んだり蹴ったりなので、全部ほどいちゃった。やっぱり自分で糸は紡ぐしかない。しかも縁編みのパターンの一部を変更しないとどうにもうまくいきそうもない。あ~~、こういうとき、ニットに慣れていたらなんていいだろう。

knitting lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:3
(2005/05/21(土) 20:49)

 手紡ぎ糸の撚り止め
手紡ぎ糸の撚り止めのやりかた

何に使うかによっても違うのですけれども、普段私がやっている方法は

ニット用の太番手の場合(中細~並太)
 
 60度くらいのお湯にかせのままつける。
(鍋から小さな気泡があがってくるくらいが60度)
 そのまま放冷したあと、洗濯機で2分ほど脱水
 撚りが強いときにはおもりをかけて乾かす

レース糸用の細番手の場合 織り用の単糸の場合

 ねじりかせのままで蒸す(5分から10分)
 熱々のときに、パンパンとかせを広げて
 撚りがきつければ、軽いおもりをかけて干す
 
 木枠、もしくは厚紙で作った木枠と同じものに
 巻いて蒸す(5分くらい)

以前木枠を使ったときには、鍋が小さかったのか
蒸す時間もちょっと長かったのか、糸が少し焦げてしまい、
以来木枠は使わずにねじりかせのままで蒸すというやり方をしています。

綿糸の場合
 綿糸は基本的に単糸なのですけれども、
 精錬ということで、石鹸液で煮ます。
 煮たあと、お湯ですすいで、脱水して
 おもりをかけて干す おもりをかけない場合も。

こんなところでしょうか。
これもおいおいスピニングのコンテンツに詳しくUPしなくちゃ~。
spinning | 固定リンク | トラックバック:1 | コメント:2
(2005/05/21(土) 11:38)

 今日のコリデール
coli17s.jpg今日洗ったコリデール。何グラムかは測ってないのでちょっとわからないけれど。今回は以前洗っていて脂分が残っていて紡ぎにくいものもちょっとだけ一緒に洗った。お試し紡ぎしているけれど、しっかり脱脂したものは繊維のほぐれがよくて、紡ぎやすい。p錬バーグスピンドルでロングドローで紡げるのがとっても楽しい。スピンドルスピニングを始めたばかりの頃は、ロングドローでなんて紡げなかったのに、今はコツがわかったので、楽にロングドローをしている。この分だとチャルカでもウールのレース用細番手を紡げるのかもしれない。
今日はベランダのクレマチスの手入れをした。大島在来の和綿が発芽率がすごく悪い。50粒ほど蒔いたのに発芽したのは一つだけ。どうも古い種も混ざっていたからか、それとも水遣りがうまくできてなかったか。明日は茶綿とエジプト綿を蒔く予定。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/20(金) 23:42)

 早く編みたい
おしゃれ工房のシェットランドレース、早く編みたくて今日はコリデールを洗ったんだけれど、(乾いたので、紡ぎ具合を見るためにお試し紡ぎ中)紡ぐよりも先に編みたい~~~。手持ちのほかの糸で編もうかと思うくらい。ただ、縁編みが結構複雑なのよね。Gossamerで紹介されているものよりもちょっと豪華な縁編みになっているから、難しいかしら。でも早く編み始めたいの~~~。前に編んでいたニットレースをほどいて、そっちを編もうかしらなんて思ったり。でも、あれはあれで、そのまま続きを編んだ方がよさそうだし。夏休みにスピンドルスピニングの講習会をするんだけれど、それまでにどちらも仕上げなくちゃ~~~。あと、タティングで作った小花のミニスカーフももう一度作りたい。やりたいことだらけで、手が追いつかないわ~~。
knitting lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/20(金) 17:17)

 コリデール入浴中
今年のコリデールを買ったので、あわてて去年のコリデールを洗毛中。おしゃれ工房の6月号を見ると、やっぱり編みたくなるシェットランドレースなので、これはきちんと脱脂して洗ったコリデールがほしいので、ちょっと頑張ろうかと。100g弱のレース糸を紡げばいいわけなので、毎日少しずつ紡ぎためては編むということになりそう。紡ぐスピンドルはオレンバーグスピンドルで。何を作ろうかと、目標が決まると、なんだかわくわくしちゃう。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/20(金) 10:03)

 おしゃれ工房6月号
osyare6s.jpgおしゃれ工房の6月号にシェットランドレースが登場。胡桃さんに教えていただいたので、早速買ってきた。確かめたかったのはシェットランドの糸。実物大の太さで写真が出ているので、ちょっと確認すると1Ply(単糸)なんだけれど、結構太め。単糸で編む勇気がちょっとまだないので、双糸にしようと思っている。今までに紡いだ細番手の糸でも十分使えそうなので、同じ番手で紡いでざざっと編んでみようかな。やりたいことがいっぱいだ~~~。

knitting lace | 固定リンク | トラックバック:2 | コメント:9
(2005/05/19(木) 16:27)

 データベースの破損
サーバーの方でデータベースの破損があるらしく、コメントなどが見られない状態になっちゃってます。
せっかく乗り換えたのに、ちょっと残念。早く復旧してほしいものです。コメントのレスを見にいらした方には申し訳ありません。
コメントは見られるようになったのに、今度はエントリした日付がめちゃくちゃ。TT
しかも、新しくこっちでエントリした記事がなくなっているし。
せっかくコメントいただいたのに、みんなきえてしまってショックです。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/18(水) 07:54)

 ケルティックタティング ネックレス試作
celtec.ta.6s.jpgケルティックタティングネックレスの試作。ブルーの方は出来上がっていて、クレオ大阪での教室ですでにお稽古に入っている。緑のキットの足りなかった糸を用意したので、こちらも試作。これはポイントに入れるスワロの玉がとてもきれいなので、結構ビーズが目立つパターン。手紡ぎサロンの皆さんはタティング上級者ばかりなので、一目で気に入って、次回のサロンはこのパターンのお稽古。ビーズと色糸とスワロの色合わせが難しいので、いろいろと作ってみないとこれ!という色合わせができない。頭で考えていてイメージしても実際に作ってみると、あれ?なんてこともしばしば。藤戸先生の教室でもネックレスがとても多いけれど、糸とビーズの合わせ方を考えると、本当に先生がいろいろと工夫されていて、素晴らしいなと思うことばかり。
今日も藤戸先生の教室だったんだけれど、キットばかりたまっていって、ちっとも作品として出来上がらない~~~~。講習会の2時間ほどでは仕上げることができないので、またまたシャトルばかり触らないといけないわ~。

tatting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:4
(2005/05/16(月) 23:25)

 発表会
050514.1s.jpg05514.2s.jpg

今日ははるちゃんとあゆちゃんの踊りの発表会。朝の8時から二人のヘアメイクをして、日本髪に結い上げて、先生のお宅で着付け。そのあと会場へ車で移動して、午後1時から発表会。朝からフル回転の一日になった。初めて日本髪を結ってみたけれど、3回ほど練習していたので、なんとか出来上がってほっとした。髪飾りは先生から貸していただいて、とっても可愛く仕上がって、衣装をつけると、様になってよかった。はるちゃんはそれなりに髪も長いのだけれど、あゆちゃんのほうはそれほど長くなくて襟足を上げるのに一苦労した。襟足の後れ毛がどんどんばらばらと落ちてくるので、ワイヤーコームでなんとかあげたけれど、次の発表会ではそれを見越して髪を伸ばしてもらわなくっちゃ。
踊りの方はとってもよく頑張っていて、必死でお稽古したかいがあった。あゆちゃんの「京の四季」は舞台袖の先生のほうばかり見ていたので、ちょっとだめだったけれど。踊りを覚えているはずなのにな~。二人で踊った「関の小万」は良く頑張ってた。はるちゃんは一月間で初舞台。たった一ヶ月で舞台に上がるなんて信じられない。本来だったらそんな一ヶ月じゃ舞台にたたせてもらえないはずなんだけれどな~。二人は午前中から、舞台がはねる午後4時ごろまでずっと着物を着ていたので、本当に疲れてた。でも、可愛いし良くがんばったってほめられていたから、まんざらでもなさそうだったな~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/14(土) 20:55)

 感動~~~~
itogurumas.jpg
春休み中に鳥取の骨董屋で見つけた糸車。すすけていて、動輪の芯の部分が朽ちていて、補修ができるかどうかとても難しかったんだけれど、それでもぼろぼろというほどでもなかったので、手に入れていたのを、父が全部分解して、動輪の芯の部分も新しく作り直してくれて、すすけていた部品もすべてきれいに磨いてくれて、新品同様に生き返った糸車。この糸車の補修がいままでやったもののなかで一番難しかったそうだ。まさか父が全部分解して、だめになった部品は新しく、そのほかも補修して、生き返るなんて思っていなかっただけに、新品になって手元にやってきたのには本当に驚いた。もう感動で、感謝感激で、言葉につくせない思いでいっぱい。早速調(しらべ つむに動輪の回転を伝える糸)を作って、チャルカのつむでお試し紡ぎ。久しぶりの綿糸の紡ぎだったけれど、なんとか紡げる。日本の糸車で、手紡ぎ糸が出来るなんて夢のよう。チャルカでの紡ぎも楽しいけれど、糸車もとっても楽しい。あ~~~、羊毛の紡ぎも楽しいけれど、また綿糸紡ぎも楽しくなりそう~。

わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:6
(2005/05/06(金) 18:18)

 ボレロ 進行状況
borero4s.jpgボレロの縁編み。身ごろと前たてと襟ぐりが仕上がった。片方の前たてはちゃんと目を数えながら拾っていたので、本のとおりに進めればよかったけれど、適当に目を拾ったほうは、目数が多すぎたので、減らし目をしながら縁編みをしないといけなかったので、結構手間取ってしまった。でも、なんとか左右対称にそろえることができて、ほっとした。あとは袖口のみ。ここまでくるとゴールが間近という感じで、俄然嬉しくなってくる。袖口を編み始める前に、糸始末を先にしようかと。縁編みをしていると、結構重たい編地なので、正直びっくり。ネット編みだからもっと軽くてもいいんじゃないかと思うのだけれど、なんだかずしっとくる。身につけるとちょっとは縦に伸びるだろうから、ちょうどいい感じになるのかな?それとも選んだ糸が重いのか???身につけてみないとわからないね~。



knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/05/05(木) 19:56)

 2年越しのボレロ
borero2s.jpg2年越しのボレロ。2年前にこれならできるかなと思って作ってみた鉤針編みのボレロ。ネット編みだから、本体はあっさりできあがっていたのだけれど、縁の目を拾うのが難しくて、途中でほったらかしていた。今年くらいは身につけたいなと思って出してきた。ふち編みの拾い目がよくわからなくて、大雑把にやってしまった。本来ならちゃんと目数を数えながらちゃんとしないといけないんだけれど、それも適当でやっちゃったら、前たての部分がやっぱりだぶついているような気がする。縁編みの模様を編むときに、2目一度で適当にやっちゃおうかしら。こんないい加減な編み方じゃ、仕上がりはだめだろうな~~~~。でもせっかくここまで作ったから、なんとか仕上げて身につけたいし。ということで、ちょっと必死にやってます。(でもいつ仕上がるかは謎)
borero3s.jpgこちらがネット編みの編地。とても簡単なネット編みだったので、なんとか初心者の私でもできた。
あとから編んだ前たての部分の目数を数えたら、やっぱりかなりオーバーしてた。縁編みをするときに、目を適当に減らさなくちゃ。縁編みは後ろ身ごろ部分が出来上がった。あとは前身ごろのすそと、前たて、襟ぐり、両袖口。あ~、先は長い。
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:1
(2005/05/03(火) 22:50)

 今年初めての六甲山牧場
今日、子供たちを連れて、六甲山牧場へ。毛刈りしたあとだったので、羊たちはすっきり身軽になってた。ゴールデンウィークの客寄せに一日に数頭だけの毛刈りがあるので、まだ毛刈りされてないのもいたけれど。今日はとってもお客さんが多くて、びっくりした。牧場の駐車場へなかなか入れなくて、ずっと車の列が連なっていた。天気もよかったので、手軽にのんびり楽しめるので、牧場は老若男女お客さんの年齢層がとても幅広い。カップルも多いし、家族連れも多いし、犬の散歩させている人も多いし。今回はウールクラフトへは行かずに、のんびり外で楽しんだ。今年夢工房の南面に桜が植樹されたというので、どこにあるんだろうと確かめたし。のんびり座っていると、すぐそばまで羊が草を食みにやってくる。いつもだったら子羊は逃げちゃって触らせてくれないのに、今回は逃げなくて、可愛い子羊を触れた~~。あんまり人が多かったから写真は撮れなかったけれど。
今まで行ったことがなかったシルバーポイントへも上ってみた。人が多いのだけれど、ここまでくると人が少なくて、景色がよくて、ゆっくりお弁当を食べるのには穴場だった。夕陽丘から乳牛舎にも回ってみた。ホルスタインはやっぱり大きくて。子供たちは乳搾りをしたかったみたいだけれど、イベントがなくてしなかった。今年はいったアンゴラウサギも見てきた。もうふわふわの綿菓子みたいな、タンポポの綿毛のような、すっごくきれいな毛だった。今年はウールの会で、アンゴラも紡がせていただけるようで、今からとっても楽しみ~~~。触ることはできないけれど、(指を入れたらかじられるかも)見ているだけでも、ほわほわできれいだったわ~~~。
子供たちとはバトミントンをして遊んだ。ちょっと風が強くて流されてばかりで、楽しむことはいまいちだったけれど、あゆちゃんがうまくサーブを打てないのにちょっとショック。ありゃりゃ~~~って感じ。ラケットを使うということが難しいみたい。苦手っていう意識を持たせたくないんだけれど、気長に楽しめるようにしなくちゃと思った。
今年の羊毛はいまいちらしいんだけれど、それでも2kgお持ち帰り。もしかしたら、小学校の行事でフェルトのワークショップをしないといけないかもしれないから。一番簡単なのはガチャガチャのケースでフェルトボールを作ることなんだけれどな~~~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/03(火) 20:24)

 メリノのレース糸で挑戦
merino2.jpg
メリノのレース糸でエジングを編みかけています。始めのほうの糸が太いので、2模様目と全然違う雰囲気になっちゃった。2模様目は糸が細くなっているのでレースらしくなってるけど。この調子の太さだったら、レースでいけそうなんだけど。自作の手紡ぎ糸で作品を作るのは、やっぱり究極の贅沢な時間って感じがして、大好きです。エジング用のレースなんだけど、ちょっと大きなサイズだから、どうしようかな。両端にエジングで真ん中は別の編み方のレースを編もうかな。手紡ぎ糸はほわほわしているから、穴のよく開いたレーシーな模様がいいみたいだし。だんだん憧れのシェットランドレースに近づいている気がして、なんだか嬉しくなる。


spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/03(火) 14:34)

 色が違うと
昨日、Lindaさんのサイトの交換会の作品が届いた。うちにはLindaさんからのタティングのドイリー。色がとっても渋い。グレーに近い色の糸で、デザインはとてもクラシカル。だからとってもタティングの雰囲気を良く伝えていて、ほんとにシック。一目で気に入ってしまった。なんて素敵なんだろう。自分が普段使わない色なので、余計に素敵に見える。こういう色合いもいいのかと納得。写真を撮ってLindaさんに送らないといけないのだけれど、いつものように黒をバックにすると、糸の色が白くなってしまって、雰囲気が伝わらない。どうやって撮るのが一番いいのか、ちょっと思案中。自分の作品もすでに写真に撮ってあるのだけれど、Lindaさんのサイトで公表されたら、こちらでも載せるつもり。
今はあわてて、ケルティックタティングのチョーカーを作ってる。5月12日の大阪での講習会の作品だけれど、明日、藤戸先生の教室なので、足りないものやら、あれこれ買わないといけない。下のエントリのリボンフラワーもリボンが足りなくて、半分しか出来ていないし。明日は午後から手紡ぎサロンだし。忙しいったら、ありゃしない~~~~。
tatting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/05/01(日) 15:13)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。