tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 布フェルト その1
nunofelt.jpg
今日の講習で習ってきた布フェルト。綿オーガンジーにメリノを置いて布を縮ませる。とっても大きな貫頭衣を作って、自分の好きなサイズまでフェルト化させて縮ませる。一応デザインを考えて羊毛を置いてみたんだけれど、ちょっと間隔が狭くて、いまいち。しっかりと格子柄を出すときにはもっともっと間隔をあけて作らないとだめだった~~~。写真は裏。後ろ身ごろから作っていったんだけれど、同じパターンで作っていると飽きてしまったので、前身ごろはジグザグ模様にチェンジ。さて、袖はどんな模様にしようかしら。9時から5時まで頑張ったけれど、後ろ身ごろと前身ごろの一部までしかできなかった。しかも家に帰ったら、台所に立つのがつらいくらいに腕が上がらない。フェルト化させるのに必死でごしごしやっていたので、(やっているときは疲れたとは思ってないんだけれど)家に帰った途端にものすご~~~~く腕が疲れていることに気がついた。あ~、明日以降ものすごい筋肉痛に教われそうだ~~~~。(だけれど、子供たちがケーキ焼いてとリクエスト。メレンゲ作るのがしんどいな~~)7日までに前身ごろと袖と襟を仕上げなくちゃ~~~~。できるかしらん。

子供たちは見るなり、「ハグリッドの服みたい~~~~」と大騒ぎ。とっても嬉しそうでした。ハグリッドに着せたいのか?笑
とんでもなく大きな服が私にあうくらいに縮んでいくのだから、出来上がったらなんていうかな~。

スポンサーサイト
felt | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:5
(2005/08/31(水) 20:59)

 今日はこんなものを
spinpias.jpg今日はこんなものを作ってみました。海外のサプライヤーで見つけていて、これだったら自分で作れるなと思っていたのがきっかけ。明日は神戸ウールの会の会員さんたちと布フェルトの講習があるので、つけていきたくって。以前にひつじのチャームでピアスになるようにしたのだけれど、つけているとチャームが思ったよりも重くて、耳が痛くなってしまったので、今回は軽いスピンドルに変更なのです。糸は固定していないので、服に合わせて色を変えられるし、結構楽しめそうです。(んでも、スピンドルスピニングを知らない人にとっては、あれ、なんやろ、あの人なにぶらさげてんのやろ……になっちゃうだろうな~)ちなみに、このミニチュアスピンドルでは紡げません。軽すぎて。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/30(火) 21:05)

 タティング講習会 藤戸教室
今日は久々に藤戸先生の教室にでかけることができた~。
でも、作品はちっとも進まず。10月にドヰ手芸店で展覧会があるので、それにむけてなんとか作りたいな~と。今までにやっていて仕上げていないものからどれかピックアップしなくっちゃ~。11月にはクレオ大阪でフェスタがあるので、こちらも用意しなくてはいけないし。10月の六甲山牧場のウールフェスタの展示作品もやらなくちゃいけないし~。ウールフェスタの作品、手っ取り早くフェルトにしちゃおうかな~。フェルトだったら一日で作品ができちゃうし。
タティングはいろいろやりかけがあるので、優先順位を決めて作らないとどれもこれも仕上がらない状態になっちゃってる。2回も続けてお休みしちゃっているので、気分的にもすっとなじめなかったような気分だったな~。昨日も神戸まで出かけたので、2日続けての外出は結構疲れたみたい~。
tatting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/29(月) 20:16)

 メリノでお試し紡ぎ
merino6.jpg先日洗った茶色のメリノでお試し紡ぎをしてみた。ていねいにカードをかけて紡いでみたけれど、やっぱりメリノだけあるというか、細番手には紡ぎやすいけれど、フェルト化していたせいもあるのか、糸を紡ぐときに少々ねばる。コリデールよりも紡ぎにくく感じてしまった。メリノは細番手に紡ぎやすいのだけれど、それもフリースの状態によるなぁと実感。カードを丁寧にかけたつもりで、左手に持ったときは均等に広がっていてきれいなのに、気がつけばところどころネップのようにだんごになってしまうところもある。サポートスピンドルで紡いだけれど、メリノはドロップスピンドルの方がきりっと紡げるのかもしれない。参考においている糸はDMC40番レース糸。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/28(日) 23:55)

 スピナッツ62号
スピナッツ62号が届いた。今回の特集は織り。すずきひろこさんのチェビオットで作る10種類の布。その中に強撚の布も紹介してあって、また、いろいろな縮絨のやり方も詳しく紹介してあった。織りに挑戦するにはとてもタイムリーな話題。面白くて一気に読んでしまった。そのとおりできるかどうかは別問題で、ただ、そっか~、ふ~~ん、なるほどなどと納得しながらなわけで。こうやってみると織りで自分の服地を作ってみるなんて、なんて贅沢なんだろうと思う。時間をゆっくりかけて(一番時間をかけて丁寧にやらないといけない作業はやはり紡ぎなのね)糸から作り出していく作業って本当の意味のスローライフなので、手間ひまかけて作るよさっていうのはなんともいえない贅沢だと思う。でも、単にそういうことが好きということに尽きるのかもしれない。
 また腰機とかせとり棒みたいなものでできる回転式の整経のやり方もとっても興味があって面白かった。う~ん、回転式整経って手軽かもしれない。これも早速挑戦してみたいな~~~。もちろん道具は自作で。
月末に布フェルトの講習会に参加するので、わくわくする。秋の色でボルドーみたいな色にしたので、さてさてどんなブラウスにしようかと思案中。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/28(日) 08:38)

 ぼちぼち
下のエントリで書いたサンプルのシェットランドレースはエジングが1/4できた。エジングは何も考えないでただ編んでいけばいいので気が楽なんだけれど、すぐには伸びてくれない。う~ん、早く半分にならないかな~~。早くドレッシングして模様がくっきりはっきり出てくる瞬間を見たいものだわ~。
紡ぎも、強撚糸マフラー用のが2つ、途中でほったらかしになってるし。タティングも途中でほったらかしたまんまになっちゃってるし。なかなか手仕事に集中できないわ~~~。
父から連絡。帰省中に頼んでいたダヌシュ・チャルカが完成したとのこと。父に聞いてみると、よく回るらしい。糸車の動輪を作るのはとても骨折りなんだけれど、ダヌシュ・チャルカはとてもシンプルな構造だから作るのは簡単。それでいてちゃんと糸車になっているので、紡げる。今からお試し紡ぎが楽しみで仕方ない。わくわくすることいっぱいだわ~~~。東京スピニングパーティにいけないのが残念~~~~。いつか行ってやるぞ~~~~~。
spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/28(日) 01:46)

 サンプル シェトランドレース
shetland6.jpgサンプルのシェットランドレースはいよいよ縁編みへ。最初は上下だけのエジングにしようと思ったけれど、センターが出来上がったら、やっぱりきちんとエジングをつけたくなって、いよいよ3辺のエジングにとりかかってる。Gossamerのやりかただと、センターを編みながら両端のエジングも同時進行させるのだけれど、シェットランドレースの編み方ではエジングは編みつけるやりかたやら、最初にエジングをぐるりと編んで、目を拾ってボーダーとセンターへと編みすすむやりかたがある。今回はエジングはあとから編みつける方法だけれど、結構楽しい。センターの両端をすべり目にしているので、目を拾うのもとても楽だし、きれいに仕上がる。エジングが同時にというのも速くていいけれど、エジングだけ後からっていうのも、パターンのミスをしなくてすみそうなので、なかなかいい感じ。糸はちょっと足りるかどうかって感じかな~。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/27(土) 00:06)

 毒だしジュースダイエット
ゆほびかの10月号に面白そうな記事が載っていたので、今日から挑戦中。私以下、娘達二人も赤ちゃんの時から便秘症。娘達なんて生まれて一月もしないうちから、顔を真っ赤にしていきまないと出てこないっていう経験者で、かわいそうでプルーンジュースやらいろいろと試してみたけれど、どうも腸の動きが鈍い。私に似ちゃったのね~。ということで、ダイエットというよりも便秘に効くというので娘達にも飲ませている。ペパーミントティにしょうがとレモンを入れた飲み物なので、薬臭いのかなと思って作ってみたら、レモンの味が良く効いていて飲みやすい。すっきりさわやかなジュースになったので、娘達にも大好評。ちゃんと効いてくれたらいいな~なんて思っているんだけれど。なにせコントレックスでも、すぐには効かない鈍い腸なので、これでうまくいくのかな~なんて。普段水をあまり飲まない私なんだけれど、このジュースだとなんだか飲めそう。一日に1リットルは飲んだ方がいいらしいけれど。なかなか飲みつけてないと難しいわ~。ダイエットもついでにできちゃったら願ったりかなったりなんだけれどな~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/24(水) 22:47)

 息子がいない一日
息子は今日明日とかけて京都の綾部まで囲碁合宿中。台風は幸いそれて、東のほうへ向かっているので、たいしたこともなさそうでほっとした。少々天気が荒れても、建物内で囲碁三昧の2日間なので、天候に影響されることはほとんどないかな。家では娘達2人と私とでお留守番なんだけれど、一人いないだけで存在感があるというか、なんというか、さびしい~~~~~。夕飯を作っていても張り合いがないわ~~~。明日には帰ってくるのにね~~~。早く帰ってこないかな。

romunilincan3.jpgromunilincan3up.jpg
こちらは、昨日紡いでいたロムニー×リンカーンの糸。スピンドルにいっぱいになってきたので、かせあげしてきっちりしたねじりかせにあげておいた。これから蒸して撚り止めの予定。織りに使うので蒸して仕上げる。こんなに素敵な色合い。これで30gある。残りのフリースの量を見ると、まだまだあるのでもしかしたらこれで、強撚糸マフラーができるかもしれない。わくわく。刺し色が入った強撚糸って、色がどう出てくるのか楽しみだな。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/24(水) 18:45)

 魅力的なフリース
romunilincan1.jpgromunilincan2.jpg
小萩さんから分けていただいたロムニー×リンカーンのベージュのフリース。レインボー染めした赤がかかっているフリースも少々あったので、刺し色にちょうどよさそうで、ベージュの糸に時折赤を混ぜて梳毛糸で紡いでみている。糸はとても光沢があってきらきらしてて、輝いている。ステイプルもとてもキラキラしているので、触っているのもなんだかとっても贅沢な気分になる。さすがはリンカーンが混じっているだけあるなと。キラキラステイプルをそのまま糸にしたくて梳毛糸に、そして刺し色に赤を加えて。テーブルランナーくらい織れたらいいなと思っているんだけれど。刺し色の具合が織りにするとどう出てくるのかがとても楽しみ。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/22(月) 21:40)

 宿題追い込み~
夏休みもあと1週間ほど。子供たちの宿題の追い込みもいよいよ佳境に入ってきた。読書感想文がとても苦手なのだけれど、今日ははるが自分で3枚書いた。拗音や撥音の表記がまだまだなのと、文脈をきちんと正しく書くというのも苦手なので、私が確認して読み返すのが恐いので、手直しは明日かな。それでも午前中にちゃんと書いたのはえらい!その間、あゆちゃんと自由研究のまとめと、たまごひつじの作り方の冊子を作った。もちろん足りないたまごひつじも作って。たまごひつじを作るのはいいんだけれど、今日もまたフェルトニードルの針を折ってしまった。これで3本目。やっぱり子供には1本使用というのは折っちゃいやすいのかな。明日は2本くっつけて使わせるかな。
自分の手仕事はいろいろとやりかけばかりたまっていって、次から次へと仕上げないといけないものばかりなのに、ちっとも手につかない。やっぱり夏休みは親はちっとも夏休みじゃなくて、手仕事休みになっちゃうのね~。夏休みだから頑張ってできるかななんて甘く考えていたのはミスだった~~。
晩にはるが自分でスピンドルを作った。ヒートンを入れて作るスピンドルなので、見た目もグッドだし、使うのもきれいでいい。こちらはスピンドルを作る、紡ぐ、コースターを織るの3工程をまとめる予定。明日の午後からの仕事になるな~。コースターも1枚作ったし。
自分用にフェルトのバッグ作りたいわ~~~~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/21(日) 23:06)

 風が強いと
昨日も風が強かった。今日も強い。どうも明日は雨らしい。天気が崩れる前は風が強くなる。昨日はスピンドル講習会から帰ってくると、ベランダのエジプト棉のプランターがひっくり返って、ベランダ下に落ちていた。@@!幸い棉は折れてなくて、ちょっと傾いていただけなので、今日土を足してやった。葉が大きいし、背も高いので、風が強いと大変。今日もなんだか風が強いので、プランターや鉢植えは下に降ろして。棉って背が高くなるから本当に要注意。(でも地植えに比べるとたかだか60cmほどの背丈なので、それほどでもないんだけれど)
今日は風があるのに、暑くってしかたない。午前中からエアコンをしちゃうと、午後も我慢できなくてついついエアコンに頼ってしまう。途中でエアコンなしにすると、なんだかしんどい~~~って体がいう。だめだめだな~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/20(土) 18:44)

 スピンドル講習会
今日は神戸ウールの会のスピンドル講習会。
ドロップスピンドルの作り方と強撚ディスタフの作り方、ハンドカーダーのかけかた、ドロップスピンドルの紡ぎ、双糸のあわせかた、アンデスプライのやりかた、ナバホスピンドルの紡ぎとナバホ撚りのメニューをすべてこなしました。もう少し時間があれば、紡ぎにじっくり向き合うことができたのですが、スピンドルでの紡ぎのあれこれを教えて差し上げたくて、かなりスピードアップの状態で進みました。でもさすが神戸ウールの会の会員さんです。羊毛を扱いなれていらっしゃるので、カードがけも少しこつを教えてあげると、すぐにきれいにできるようになってだし、スピンドルで紡ぐ糸も皆さんとてもお上手できれいな糸を紡がれていました。自分が初めてスピンドルを使った頃のことを思うと、やっぱりすごいな~と。私よりずっとずっと大先輩の方々に教えてというのはとても難しいこともあるのですが、ウールの会の方々は本当に知りたい、やりたいという気持ちでいらしてくださるので、飲み込みもはやくてとてもよかったです。それでも、一つの工程をもっと時間をかけて、じっくり取り組んで、なおかつ出てくる質問にも答えていけたらと思うのですけれども、一日講習というのは焦っちゃうのは仕方がないことなのかしら。それと同時に、これで皆さんにちゃんと伝わったのか、表現の仕方はよかったのか、説明は、などと考えてしまいます。それぞれの方にあわせて、わかりやすい説明でなおかつ、丁寧に教えて差し上げることの難しさをいつも感じます。
一日講習に出かけて、得るものがなかったというのはないようにしたいと思いますが、盛りだくさん過ぎて消化不良をおこしていないだろうかとも思ったりします。やっぱり2日間くらいかけてか、それとも1週おきなどでのんびり教えて差し上げるのが一番なのかもしれません。
こういう機会を下さったウールの会の皆さんに感謝です。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:4
(2005/08/19(金) 22:00)

 予定
明日は息子の合唱部のコンクール。
NHKコンクールに出場なので、娘二人連れて鑑賞。
 
明後日は神戸ウールの会のスピンドル講習会。
明石で開催。講師をします。10時から3時まで

明々後日は自宅でタティング講習会。

来週の月曜日は神戸ウールの会の当番会。

う~~~ん、予定がびっしり。来週はお習字のお稽古もあるし。
子供たちの宿題も佳境に入ってきてるし。来週の頭くらいには読書感想文を書かせなくっちゃ~~~。でも、誰が考えたんだろう。読書感想文。これがあるから読書がちっとも楽しくなくなるじゃんか~~~。書かせる親も大変です。
[予定]の続きを読む
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/17(水) 21:42)

 洗ったメリノ
merino5.jpgmerino5up.jpg
先日洗ったメリノはこんな感じに。色合いがとてもきれいな茶色。色鉛筆だとか、絵の具にありそうなまったくの茶色。こんなにきれいな色なのに、自然のそのままの羊毛の色なんて素敵。極細の繊維も一緒に写真を取ってみた。比較の繊維を置いてないからわかりにくいかもしれないけれど、本当にカシミアに近い繊維の細さ。それでいて、繊維長もあるので、確かに紡ぎやすそうだなと。繊維がとても細いので、フリースを触ったときはまるで綿みたいなんだけれども、羊毛ということを考えるとちょっと張りというか腰がない感じがする。すでにこの毛を使って、あゆちゃんがたまごひつじを作ってる。2つ作って双子にするんだ~なんて言ってるけれど。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:1
(2005/08/17(水) 08:34)

 今日の仕事
今日の仕事

スピンドルのホイール用厚紙は以前のエントリでは250枚と書いていたけれど、よくよく計算すると350枚の間違い。

その350枚のうち、今日までで280枚カット。ゴールが見えてきた。
晩に子供たちに手伝ってもらってスピードアップした。明日にはナバホの芯棒を削りたい。あとはCDスピンドルの作り方を印刷したらOKかな?

14人分の材料を用意するのは結構大変なのね~。
いつもは自分が欲しいスピンドルのみをちょこちょこっと作るだけなので、こんなに大変なんて思いもよらなかった。

今日洗ったメリノ、明日は写真撮ろう。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/15(月) 23:04)

 メリノを洗う
今日はきてぃさんからいただいたグリージーのメリノを洗った。メリノは一番フェルト化しやすい羊毛。洗う前からすでにフェルト化していたので、さて、どうなることやらと思って洗ってみた。洗剤液に漬け込むときには絶対触らないでそのまま放置して、すすぐときもお湯を流しながら、ためたお湯の中でフリースを振り洗い。このときにフェルト化していた部分をほぐすようにして洗ってみた。すすぎのときにお酢でリンスをして、脱水をかけるときはネットに入れて。
脱水後は思っていたほどフェルト化せずにすんだ。ベランダで広げて干すときに、フェルト化している部分をほぐして広げて乾燥中。
色はまったくの茶色。なんていうかきれいな色。色の薄い部分もあるんだけれど、その繊維の細さはいつも見慣れているコリデールとはまったくといっていいほど違って、とても細くて繊細。この繊維だと確かにフェルト化してしまうだろうなと納得した。とても鮮やかな茶色なので、何に使おうかと考えるだけでも楽しくなる。
一番フェルト化しやすいメリノだったので、おそるおそるだったんだけれど、洗ったせいでフェルト化することもなく、うまくできたのでとてもうれしい。メリノを洗えたら、もうどんな羊毛でもかかってらっしゃいなんて気分になる。(一番優しい洗いはステイプル1本1本に分けておいて、それを1本1本、洗剤液のなかでゆらゆらとゆすって汚れを落とすそうだ。 時間がいくらあっても足りなさそう~~)
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/15(月) 15:02)

 サンプルレース
shelace2up.jpgshelace2.jpg
てこずっていたバードアイのパターンもなんとかクリアして、次のパターンへ。バードアイのパターンを中心に対称に編むつもりなので、あとはとても楽なパターンばかり。難しいバードアイのパターンを練習したおかげで、他のパターンの進み具合がとてもはやくなった。なんだかうれしい~。19日に間に合うようにしなくっちゃ~。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:3
(2005/08/15(月) 14:33)

 今日の仕事
今日は娘達の自由研究のお手伝い。
はるは氷の実験をしたし、あゆはたまごひつじの製作に没頭。
はるの氷の実験はつきっきりで二人でやっていたので、結構面白かった。いろんな飲料を凍らせて、凍る速さと、溶ける速さを比べる実験。凍る速さは一時間ごとに観察したので、ちょっと変化をみることができずにいまいちだったな~。やっぱり30分ごとくらいがよかったのかもしれない。溶ける速さを観察するのは10分ごとだったんだけれど、やっぱり夏なのでどんどん溶けていって観察するのが忙しかった。実験が終わってから午後から冊子にまとめて、今日のうちに仕上がった。
けれども、もっと面白い自由研究をする予定なので、そちらのほうが楽しみなんだな~。理科じゃないけれど。
 はるの実験の合間にあゆのたまごひつじを手伝って、ダイニングのテーブルの上は羊毛であふれかえってた。笑。私も久しぶりに一つ作った。宿題には自分で作ったものしかもっていかないらしく、全部で20個くらい作るらしい。たまごひつじだけじゃなくて、ちゃんと牧場にするらしいので、綿羊舎も作らないといけない。柵をどうやって作ったらいいんだろうと、私はひそかに頭を悩ませてます。

そんなこんなで、結局自分の手仕事はちっとも進まず。夜にちょっとニットレースを編めたくらい。バードアイのパターンが終わり、次のパターンの一模様分が編めた。難しいバードアイのあとなので、すごく早く楽に編める。やっぱり難しいパターンも練習でやらなくちゃダメなのね~。バードアイのパターンの部分だけ3目一度が多いので、編地の色が部分的に濃いし、幅もよく縮んでいる。伸ばしたらきれいになるのかな~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/14(日) 23:26)

 ゴーヤのかきあげ
ゴーヤのかきあげがおいしいと聞いて、鳥取にいるときから作ってみた。今日もゴーヤ三昧のメニュー。ゴーヤのかき揚げがとてもおいしくて、ちょっと苦手な娘達もパクパク食べてしまう。もちろんゴーヤが大好きな私と息子は山盛りでも平気。

ゴーヤ1本 納豆2パック 醤油少々 小麦粉 塩少々

ゴーヤは中の白い綿の部分が苦いので、スプーンを使ってきれいにこそげとり、うす切りして水に充分にさらす。(苦味が少なくなる)

納豆は1パックでもいいけれど、多い方が断然おいしい。ので、今回は2パック使ってみた。パックについているたれも使って、少し足りないので醤油を少しだけ補う。

納豆を混ぜたボールに水切りしたゴーヤを入れて、小麦粉を適量かけて、混ぜる。塩少々で味を調えたら、かき揚げの要領であげる。

量は少な目がかりっとあがっておいしい。

シーチキンで混ぜたらおいしいと聞いたことがあるのだけれど、納豆の方がおいしい。納豆の臭みも消えて、おつまみにもぴったり。


kitchen | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/14(日) 23:15)

 今日の仕事
19日のスピンドル講習会の準備。
ドロップスピンドルの芯棒 42本作成
ドロップおよびナバホスピンドルのホイール用の厚紙
 250枚のうち、100枚カット
ナバホスピンドル 芯棒 8本(前にできてる分)残り6本

明日以降やらないといけない仕事
ナバホスピンドル芯棒 6本
ホイール用厚紙のカット 150枚分
スピンドルの作り方、スピンドルのやりかた
などのレシピ印刷 15部
サンプルレースを作成


明日も頑張らなくちゃ~。
準備が一段落してめどがついたら、お嬢さんズの自由研究に取り掛かれるぞ~。(自由研究、明日するつもりだけど)



spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/13(土) 21:14)

 暑い~~~
暑くって、暑くって、毎日うだってます。
手仕事は全然手につきません~。
こういうときは、思い切って部屋の模様替えでもしようかしらん。
模様替えしたいので、その前に大掃除ならぬ、いらないものの
片づけをしなくっちゃ~~~。
いらないもの……とりあえず今の生活で必要ないもの
と考えると、あれこれわんさかと出てくるんですけれど
でも、あれもこれに使えるとか、あれはこれにしたいなどと
考えていると捨てられない病が出てきちゃう~。
それでもなんとかしたいな~。


diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/11(木) 20:12)

 やっぱり参考になる
moribook.jpg
六甲山牧場であった紡ぎ講習会の参考書がこれ。紡ぎの基本やら、汚毛洗いのやりかただとか、羊毛に関する手仕事が細かく載っている。ボビンから木枠に巻き取るときやら、本当に作業の一つ一つにきちんと理由があって、解説をしているのが納得できてとても参考になる本。後半は織りの教本みたいで。平織りしかできないリジットなので、ここから先はちょっと参考にもできそうもないけれど、縮絨のやり方もいろいろと出ているので、それはそれで持っていて損はないなと。わかりやすいのはスピンハウスポンタさんの「初めての糸紡ぎ」なんだろうけれど、もう少し突っ込んだところが知りたくなってくると、こういう専門書がとても役に立つ。やっぱりきちんと勉強しなくちゃね~って気分になるな。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/10(水) 21:41)

 ……いたい
息子のレーザー跡に貼る遮光のためのテープを探すのに、自分のかばんを引っ掻き回していたら、ちくりと痛い感覚が。



見ると、右手の親指のつめと指の間に針が刺さってる。@@!

ビーズを拾うとてもとても細い針だった。
いつも針先が折れてはいけないと、きちんと刺繍ハサミのカバーに
縫いこんでいる針なのに、なぜ刺さったの~~~~。
しかもご丁寧につめと指の間なんて~~~。

いつもタティングをちょちょっとできるように
袋に入れてハサミとともに持ち歩いているのに
いままでは針が出てくるなんてなかったのに~~~~。

幸いだったのは一番細い針だったということ。
おかげでそれほど痛みもひどくなくておさまっているけれど、

できないことが一つだけある。

たまねぎの皮むき。

右手の親指の爪を使う仕事ができないのよ~~~。
たまねぎの皮なんて薄いしへばりついているから
爪を使わないことにははがせないしさ~~~。
ということで、たまねぎの皮むきは娘達のお手伝いの仕事になりました。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/09(火) 21:09)

  うそも方便
昨夜、子供たちと一緒にラムを食べた。近所のスーパーにラムが出ていたので、これはいいチャンスと買ってきたわけ。息子だけが「これ何の肉?」と聞いてきたので「ラム」としか答えなかった。子羊の肉なんて答えちゃうと娘二人は絶対かわいそ~~~って言って食べてくれなくなるだろうし。へたすりゃ泣き出しかねないもんね。ほんとに久しぶりで、ラムってこんなに固かったっけ?なんて思いながら食べたけれど、でも確かにこれがラムだよな~と思って食べた。固めだけれどおいしかったな~。もう少し薄めに切ってあればもうちょっと柔らかく感じただろうな~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/08/09(火) 17:33)

 帰宅
koukannkai2.jpg
鳥取から帰ってきました。帰省中は毎日いっぱいのご馳走で、子供たちともども食べ疲れ。今日からは食べる量を減らさないと、大変。鳥取から帰ってくると、素敵なものが届いていました。
Candyさん主催の手紡ぎ糸見本交換会。皆さんのそれぞれ個性的な糸を実際に手にとって見ることができて、とても有意義で素敵な交換会です。それと同時に、ひつじの品種によって、これほどまでに糸の風合いが違うのかと、いまさらながらびっくり。サフォークは弾力があってと聞いていたけれど、目で見て納得~。確かに羊毛布団の中綿に最適といわれるわけがわかりました。こういう風に自分では紡がない品種の糸を見ると、いろいろと手に入れて紡いでみたい欲求にかられます。自分が何を作りたいのか明確にしておかないと、ただ単に紡ぎたいだけでは作品にならないので、なかなか難しいことなんですけれども。
小萩さんとCandyさんからの糸もとても素敵な糸が届きました。小萩さんからはブルーフェイスの糸。とても柔らかです。Candyさんからはレインボー染めの糸。どちらも細番手なので、レースのサンプルを作るには最適の糸なんです。あ~、どれもこれも魅力的なのでわくわくしちゃいます。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/07(日) 20:08)

 糸車で紡いだ糸
momenito1.jpg糸車で紡いだ糸とスピンドルで紡いだ糸。材料は脱脂綿。少しだけ油分を足したらきしきししなくなって紡ぎやすくなった。糸車で紡ぐとやはり速く紡げる。スピンドルはのんびりと。ぶら下げて紡いでいるので油断するとするっと落ちてしまうのがちょっと難しい。糸車ではそういうことはあまりないので、綿から糸が生まれるみたいで面白い。かせにしているのが糸車の糸。スピンドルで紡ぐと糸車よりも遅いので、なかなか同じ量にならない。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/05(金) 10:47)

 糸車のつむ
tumu.jpg糸車のつむ。糸車が再生したときには、チャルカのつむを使って試しに紡いでいたけれど、はやおが回るとプーリーの部分が小さかったので、すぐにはやおが外れていた。父が鳥取にもって帰ってから、つむを自作してくれた。芯棒は竹箸。プーリーの部分は木。しかもつむを糸でくくって固定する部分の竹皮が擦り切れないように、小さな竹の筒でホルダーまでちゃんとついている。この糸車、お試し紡ぎしてみたけれど、本当に快適に紡げる。芯棒はもう少し細いほうがいいかなとも思うけれど、これでもそれほどぶれずに紡げるので紡ぐのが楽しい。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/04(木) 08:53)

 緑棉の花
ryokumen1.jpgryokumen2.jpg
鳥取で育ててもらっている緑綿の花が咲きました。緑棉は赤い花が咲くのは知っていましたけれど、上向きに咲くのは知らなかったです。とても淡いなんともいえない色の赤紫みたいな色。この色の花なのに、綿は緑色なんてなんだかとっても不思議です。棉の枝は赤いので、その色が花に出るのかしら?神戸の鉢植えの緑棉はそれほど大きく育っていないので、いつ花が咲くやら。
実家においてある糸車で、救急箱の中から脱脂綿を拝借して綿紡ぎもやってみました。かなり昔の綿なので油分が完全に抜けてしまっているのできしきししてちょっと紡ぎにくかったけれど、きちんと紡げています。錘は父の手製(竹箸を削って、こまも削って、糸車のつむをつける部分の竹皮が擦り切れないように、竹でホルダーまでついてます)また写真撮っておこうっと。

わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:1 | コメント:2
(2005/08/02(火) 09:41)

 鳥取県立博物館にて
kyouryuu.jpg鳥取県立博物館に行ってきました。マンモスやら恐竜の骨格展示と子供たち向けのワークショップがいろいろあって楽しめました。子供たちは恐竜の模型の絵を描くのと、恐竜の折り紙のワークショップを楽しみましたけれど、折り紙むちゃくちゃ難しいです。大人でもギブアップで、とてもその場で作れそうになかったので、全部の作り方レシピと折り紙を持って帰って家で作りました。紫のが一番難しくてぜんぜん作れなかったです。子供たちにはベビーレックスの作り方は教えてあげられたけれど、そのほかのものはちょっと教えるのも難しくて。う~ん、折り紙といえど、高度だわ~。恐竜展だったので、いろいろな骨格標本が展示してあって、見るのは面白かったし万博みたいに人が多くないので、ゆっくり楽しめました。でも、子供たちにとって恐竜の骨格標本ってあまり興味がわかないみたいで。子供たちが一番びっくりしていたのは、常設展示のダイオウイカの標本でした。あまりの大きさにびっくりで、しかも生々しかったので、ちょっと気持ち悪かったです。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/08/02(火) 09:34)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。