Archive2005年09月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

wpi ゲージ

wpiゲージを作ってみた。巻いているのは極細糸。番手にすると7.5番手22wpiになった。巻き方としてはこのくらいかな。きちきちに巻くというのではなく、きれいに巻くといいかも。これがあると紡ぎもちょっと確認しながらできるからいいかもしれない。...

  •  0
  •  0

強撚糸マフラー3本目

強撚糸マフラー3本目の糸がやっと紡ぎおわり。気になって番手計算をしてみると、おおよそ9~10番手。自分が考えていたよりも10番手って細かったんだと。こういうときすぐに確認できるのはwpiなんだけれど。私にはまだちょっと番手とwpiの関連がいまいちすっと理解できていないので、まだまだ使えそうにない。今度確認してみなくちゃ。wpiは1インチの幅にどれだけ糸を巻けるかというやりかたで糸の太さを表すやりかた。番手だとm/...

  •  4
  •  0

ダヌシュチャルカで羊毛を紡ぐ

薄紫の強撚糸マフラーを提出したのだけれど、やっぱり作りたくなって、今糸紡ぎ中。80gほどを紡がないといけないので、ちょっと息抜きがしたくなって、試してみたのがこれ。ダヌシュチャルカはもともとは綿糸用なんだけれど、トップのスライバーだったら紡げるかもしれないと思い、手持ちのコリデールのトップで紡いでみたら、ビンゴ!しゅるしゅるととても楽に細番手が紡げる。やっとできるようになった~~~。SpinOfでチャルカ...

  •  0
  •  0

オレンバーグスピンドル手直し

No image

以前自分で作ったオレンバーグスピンドル、使っているうちにスピンドルの上部の指で回す部分が擦り切れてきて、木が目減りしてしまったので、今日はニス塗りをした。ニス塗りをすると木が磨り減ることもないだろうし、丈夫で長持ちしてくれたらいいかなと。かなり苦労して丸棒を包丁で削っただけに、だめになってしまうのは悲しいし。普段は適当にだめになったら処分しても、気持ちが楽な柳箸とか菜ばしで作るけれど、オレンバーグ...

  •  0
  •  0

強撚糸マフラー

強撚糸のショールというかマフラーは織りあがった。午前中いっぱいいっぱいかかって織り上げて、ことのほか房の始末に時間がかかってしまった。やっと縮絨をかけて、今干されてます。やっぱり縮絨をかけるとほぼ半分の太さになってしまうので、強撚糸ショールじゃなくてマフラーになった。薄紫に染めたコリデールが脂分が残っていたので、モノゲンを使って縮絨。色もほどよくおちて、薄紫というか、薄ピンクというかなんともいえな...

  •  8
  •  0

強撚糸ショール ここまで

強撚糸のショールというか縮絨かけたらマフラーサイズになるだろうものはここまで。整経長240cmくらいなんだけれど、さて、どの辺まで織り終わったことやら。きっと2/3くらいは進んでいると思うんだけれど。この分で頑張ったら明日織り上げて縮絨までできるかな。ぜひとも仕上げたい。昨夜機上げの途中で断念して、今朝から機上げして、織り始めて、かなりのハイスピードで作業しているんだけれど、今回は経糸も撚り加減を一定にす...

  •  4
  •  0

リジッドは

No image

リジッドに機あげしようと頑張っているんだけれど、きちんと綾をとったにもかかわらず、筬綜絖に糸を通すところで挫折中。端から順に入れていったらいいだけのことなのに、なぜかややこしくなって間違えてしまう。う~~~。こんなんだったら最初から簡単ないったりきたりのりジッドでの整経のやりかたにしておけばよかった。焦るとどうもうまくいかない。27日に持っていくというのも無理かな。今日一日使って強撚糸と整経とをした...

  •  0
  •  0

新しい整経台をつかって整経中

No image

新しい整経台を使って整経中。適当にグラムを出して、整経していたら、糸が足りなさそう。もうちょっと紡がないといけないかな。明日と明後日と2日間で織りをして月曜日には仕上げをしたいな~。火曜日には持っていかなくちゃいけないので。間に合うのか非常にきびし~。今回の色は微妙な薄紫。はっきりと段染め風にカードがけをしたわけじゃないんだけれど、織りに使うとやっぱりきれいに縞が出てきそうな雰囲気。早く織ってみた...

  •  0
  •  0

整経台 自作

やっと自分で作った整経台ができた。長い間木枠だけ作ってて、父にドリルで穴をあけてもらったままにしてあった。今日はあけた穴にちょうどいいサイズの丸棒を買ってきて、15cm長さに切断して穴に挿してみた。すっきりとして簡単に整経台が出来上がってしまった。リジットだと、直接整経するやり方もあるのだけれど、部屋いっぱいいっぱい使って整経しないといけないので、これがあるほうが便利だと思うし、買うとかなり高い。なの...

  •  3
  •  0

手紡ぎサロン 昔の道具

No image

19日は手紡ぎサロンの日。三田からえりごんさんがいらっしゃる。今夏はなんと管巻きを持ってきてくださるとか。鋳物でできているので相当重量があって大変だっただろうと思う。見せていただいた管巻きはとてもシンプルなんだけれど、あ~、昔の道具っていうたたずまいでなんともいとおしい。そう、昔の足踏みミシンのよう。音が大きくてちょっと使いにくいといわれるので、油をさす部分にミシン用の油を差したら、音もなく、軽くな...

  •  0
  •  0

一手間を惜しまない

No image

そろそろリミットが近づいてきたので、(お尻に火がついただけ)強撚糸のショールに取り掛かっている。糸はまだ半分紡いだところだったので、白と薄紫に染めたコリデールをカーダーで混色して紡いでいる。今まではずぼらして、それほど解毛せずにカードがけをしていたんだけれど、仕上がり具合と、カードがけが楽になるので、やっぱりきちんと解毛しなくちゃと、靴箱に入れて準備。ちょっとした一手間なんだけれど、解毛するとその...

  •  1
  •  0

普段の日記は

No image

普段の日記は、ブログリンクにある「teaのつれづれおぼえがき」の方に書くことにしました。こちらのほうは手仕事関係の日記にしようと思います。...

  •  0
  •  0

ここまで進んだ

シェットランドレースはここまで進んだ。あともう少しでこのパターンの半分。今回はビーズステッチマーカーのおかげで、しだの葉のパターンもきちんと間違えなくて編むことができそう。一模様一模様、目数をきちんと確認しながら編み進めていってる。しだの葉のパターンは偶数段にも掛け目、2目一度が出てくるので、間違いを見つけにくくてややこしい。けれど、サンプルシェットランドレースを編んだおかげでなんだか編みやすい。...

  •  3
  •  0

こんなふうに使います

ステッチマーカーはこんなふうに使います。ちょっと写真がピンボケでごめんなさい。今編んでいるのはメリノ単糸でシェットランドレース。こちらはおしゃれ工房6月号のしだの葉のパターン。やっと一模様(20段)でも、マーカーのおかげで訳わからなくならず、なんとか順調に進んでます。で、マーカーをよ~く見ていると、どこかで見たような色合い。気づかないうちに自分のブログの色彩とまったく同じものを作ってました。いや~、...

  •  7
  •  0

ステッチマーカー

みほこさんのところで見かけたステッチマーカーを作ってみた。参考にしたサイトはここ。今までは糸をくくって輪にしていたものを使っていたのだけれど、なんだか味気ないし、目数リングを使うと針の太さに比べると大きかったりして使いにくく、なんだかな~なんていう気分で編んでいた。でも、こんなに可愛くて素敵なマーカーが自分で作れるんだったら、これは作らなくっちゃとちょいと朝から手持ちのビーズで適当に作ってみた。流...

  •  2
  •  0

タティング

No image

藤戸教室で2年ほど前に教えていただいた小豆色のミニスカーフが仕上がった。いや~、長いこと持っていたもんだわ~。10月の作品展がなかったらとても仕上げてなかったかなと思う。なんでもそうなんだけれど、やっぱり何か目標があるのって手仕事もはかどっていいな~。シェットランドレースが仕上がったんで、なんだか気が抜けちゃったみたいで、ここ数日手仕事をしていなかったんだけれど、タティングのミニスカーフができたので...

  •  2
  •  0

サンプルシェットランドレース 完成

サンプルシェットランドレースをドレッシングして仕上げ。昨日の編みあがりの写真と比べると、その差は歴然と。ドレッシングして初めてレースらしいというか、模様もはっきり浮き上がってくるし、全然別物で本当にレースになった。エジングのとげとげもはっきり出てきてとってもきれい。ほわほわしたイメージのニットがはっきりとすっきりと上質のレースに生まれ変わる瞬間はなんともいえない。乾いてピンをはずすときの高揚感は本...

  •  7
  •  0

編みあがり シェットランドレース

サンプルシェットランドレースが編みあがった~~。糸始末もして、あとは洗って脂分を落としてドレッシングのみ。あ~やっとやっと自分の手紡ぎしたレース糸で作品らしいものができた~。ドレッシングするまえでも、ほわほわでそれでいてちゃんとレースで嬉しくなってしまう。首に巻いたり、ほおずりしたり、ニットのものでこんなにきちんとした作品って作っていなかったので、こういうものが自分で作れたというだけで、ものすご~...

  •  5
  •  0

サンプルシェットランドレース

サンプルシェットランドレースはあとここまでになった。あ~、ゴールが近い。うれしい~~~。この糸は自分で紡いだ最初の頃の糸。レース糸を紡ぎたくて、一生懸命レース糸ばかり練習していた頃の糸で、でも、自分が思っているような番手でなくて、どうやって作品にしたらいいのかわからずにそのままになっていた糸。1年半くらい前の糸。六甲山牧場のグリージーを洗うのもまだまだだったんで脂分もきれいに抜けてなくてちょっと編...

  •  4
  •  0

タティング 藤戸教室

No image

今日はドヰ手芸店で藤戸先生の教室の日。ネックレスをまた一つなんだけれど、ビーズの色と糸の色を変えて、玉だけは先生からの玉を使ってアレンジしてみたら、糸の色とビーズの色が合いすぎてしまって、区別つけにくくなってしまった。う~~~ん、残念。最初に考えていたようにあっさりと黒糸にすればよかったかな~~。色合わせって本当に難しい。でも、結構渋い感じの青の色糸なので、これはこれでまたビーズと玉を考えて使えば...

  •  0
  •  0

ダヌシュ・チャルカ 手紡ぎサロン

父が作ってくれたダヌシュ・チャルカが完成。今日はちょっとお試し紡ぎ。2箇所ほど改良をしないといけないけれど、糸車としては上出来。とてもシンプルな構造なのにきちんと紡げるし、チャルカよりもコンパクト。糸車は場所をかなりとるけれど、(それでも紡毛機よりは小さいけれどね)しまう場所に困らないように、押さえ棒を取り外しできるようにしてくれているので、なんともさすがというところ。糸車も嬉しかったけれど、この...

  •  3
  •  0

サンプルシェットランドレース 

No image

エジングはあと1/4くらいになった。もう少しで出来上がる。やっとゴールが見えてきた感じ。やった~。あと少し、頑張れ自分。でも、今日は実家から母が出てくるので、今から家中の掃除と片付け。布フェルトは片方の身ごろの肩部分と袖を少々したくらいで、まだまだ残ってる~。7日までにできるのか???こっちも頑張らないと~。タティングも仕上げをしないとだめなものもあるんだけれどな~。時間が足りません。PCの前に座って遊...

  •  2
  •  0

ドラマ 積み木崩し その後

No image

昨日と今日、続けてのドラマを見てた。積み木崩しはドラマになったときから、ずっと見ていたのだけれど、今回は親になって見るので全然見方が違う。思春期の難しい年頃の子供たちが荒れるというのは、当時ではその方向に荒れていくのがお決まりのパターンだったけれど、今じゃ、そんなパワーが子供たちになかなかないみたいに思える。どっちかというと、ひきこもってしまう方向に行くような気がする。でも、どちらにしても親にとっ...

  •  0
  •  0

キャラバン

No image

夜中にBS2でやっていた「キャラバン」を見た。前々から評判がいいのは聞いていたので、ぜひ見てみたかった。わくわくしながら始まるのをまって、シェットランドレースを編みながら見ちゃった~。ネパールのドルパ族のお話で、ヤクを引き連れて、塩と小麦を交易するためにヒマラヤを越えて移動するキャラバンのお話。長老と長老の後継者となる若者との確執がポイント。出てくるキャストは現地の人たちばかり。まったくの素人集団だ...

  •  0
  •  0

暑い~~~

夏休みが終わったというのになんなんだ~、この暑さは!日が少しずつ低くなってきて、ベランダのはきだし窓から日が部屋の中に差し込むようになってきているので、余計に暑い。昼まではそれほどでもないのに、昼過ぎてからがなんだか急に暑くなる。夏休みよりも休み明けのほうが暑いなんてしんどい~~~~。それでも、今日は布フェルトの前身ごろの片方を頑張ってみた。筋肉痛はあるんだけれど、動かした方が早くよくなるかなと思...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。