tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 シェットランドが来た!
頼んでいたシェットランドの黒がやってきた~!!!!。
でもまだもったいなくて袋開けてません。早く見たいけれど、なぜかあけてない。開けたら、ぼわんって膨らむのがわかっているから。爆。そうなのよ~。開けちゃったら洗わないといけないんだもん~~~。昨日はひつじまにあさんから分けていただいたサフォークを洗ったんです。そしたら、予洗いしたときから、これは弾む~~~と思ったんだけれど、洗いあがって脱水をかけてフリースを振ってちょっと膨らませると見事にぼわん!!と膨らみました~。そのふくらみ加減がシェットランドとよく似てる~。ステイプルのクリンプも細かくて、そっか~、これがばねのある羊毛ってことなのねと納得したわけで。サフォークは黒のシェットランドと極細に紡いでサンカグローブを編もうと決定しちゃったわ~~~。わくわく。スピナッツに紹介されているので、すっかりその気なのです。シェットランドの黒はレース糸に紡いでショールの予定だけれど、かなり余りそうなので、これはやっぱりサンカグローブよねと一人でにんまりしてしまったわけなのです。竹串削って編み針作らなくちゃ~~~。シェットランドといい、サフォークといい、ますます魅力的な羊毛たちで、乾いたサフォークに顔ひっつけて枕代わりに楽しんでます。なんて柔らかで弾力があってぼわんぼわんなの~~~~。
スポンサーサイト
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/11/28(月) 14:21)

 自分のやりたいこと
lincan4.jpglincan5.jpg
このところ、編み物ばかりやっているのだけれど、市販の糸で編む編み物はなぜかなかなか進んでくれない。編むばかりをやっていると、なんだかストレス。六甲山牧場でやっていたウールフェスタに出した展示作品が手元に戻ってきたので、じっくりとシェットランドレースを眺めていたら、やっぱり自分のやりたいことは紡ぎとレースなんだと実感した。紡ぎも一緒に編み物の工程に組み込まれていないとどうもいけない。去年の秋にポンタさんのところで買ってきたリンカーンを紡いだものがスピンドルにそのままになっていたので、撚り止めもしないでそのまま編んでみた。リンカーンのホゲットなんだけれど、しっかりと張りと腰があって弾むような糸。鎖編みをしたら輪がポンって自然に出てくる糸なので、面白くて。太番手の繊維なので、肌に直接あたるマフラーなどは不向きでファブリック用なのだけれど、これでショールにしようかと思っている。簡単に鈎針で編んでいるけれど、もっと太い号数の針のほうがよかったのかしら。でも、面白い風合いになりそうなので、このままでいこうかな。今日は今朝から昨夜から紡いでいる単糸を撚り止め。バルサの板を使って簡単な木枠を作ったら、(板を十字にはめこんでつくるやつ)糸を巻いていたら、柔らかいのでまるで卍に変形しちゃった。このまま乾くのを待って、糸玉に巻きなおさないでそのままで編むつもり。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:7
(2005/11/27(日) 08:44)

 手紡ぎサロン
今日は手紡ぎサロンの日でした。今日はダヌシュチャルカで紡ぐという講習。えりごんさんは綿を、ぐーたらさんはシルクメリノで。チャルカはもともと綿紡ぎ用の糸車ですけれど、細番手の糸を紡ぐのにはとても向いている糸車だったりします。カシミアも紡げるし、ウールも単糸で使う分にはチャルカで大丈夫。レース糸は単糸で使うことも多いので、ダヌシュチャルカで紡いだものをそのまま2週間ほどほったらかしたら、そのまま編み始めるなんてことも出来てしまう。
ぐーたらさんのシルクメリノ、トップの状態なんだけれど、最初紡ぎ始めたらやたらと細く、なかなか手ごろな太さにならないので、どうしてだろうと思ってトップを調べてみたら、フェルト化していました。何もやってないのに、ぎゅ~っとしまっていただけというのに少しフェルト化していて、繊維がひっついているんです。完全なフェルト化というのとはちょっと違うのだけれど、びっくりしました。それで、少しスライバーをちぎってカードがけしてやってみたら、とても快適に紡げるようになりました。もうなんていうかシルクが入っているので、素敵な風合いの糸になりました。私も持っているシルクメリノ、ダヌシュチャルカで紡ごうかしら~~。
えりごんさんの綿紡ぎは、やはり篠作りが一番のポイントになるようです。ハンドカーダーの使いかたが糸にてきめんに表れてくるので、最初の工程が手を抜けない大事なことなんだということを実感しました。繊維をほぐして向きを揃えるということをするのだけれど、綿に関しては綿打ち弓を使ったほうがきれいになるのかしらなんて思ったりしました。やっぱり子供用の小さな弓を買ってきて練習してみるかな~。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:3
(2005/11/22(火) 10:54)

 楽しみ~~
今日は「しぇとらんどの贈り物」の作品展に再度出かけた。シェットランドの原毛がどうしても欲しくて。お目当ては黒。レース用なので、kg単位では必要ないので、300gをオーダー。ついでに練りモノゲンも頼んでおいた。初日と比べると糸がかなりはけていて、ちょっとさびしい感じもしたけれど、帽子はたくさんあったので、フェアアイルの雰囲気はそのままでうれしかった。今日はクロムスキーのフライヤーで、オーシャンさんが限定で作られた電動紡毛機が動いているのをちょっとだけ見せてもらった。なんだかとってもいい感じ~~~。あと25台ほどらしい。値段がもう少し安ければいうことなしなんだけれどな~~~。コンパクトで場所もとらないし、音もけっこう静かだった。いいな~~~。でも5万円は高いな~~~。ちょっとすぐには手が出そうにないわ~~~。少しずつ貯めて狙うかしら。それでも電動じゃなくて人力も捨てがたい魅力なんだけれどな~。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/11/21(月) 22:07)

 汚毛洗い 酸素系漂白剤
omou1.jpgomou2.jpg

haidoro.jpg汚毛洗いでなんとかきれいに洗えないかといろいろ試してみているけれど、なかなかうまくいかない。汚毛はこんなの。どうも腹側の毛のようで、毛先が日焼けで黄ばんでいるのではなさそう。この汚れなので、なかなか毛先まできれいになってくれないので、予洗いで茶色の汚水が出てこなくなるまで洗ったあとに、モノゲン10%、60度超える高温湯で一晩漬け置き洗いしたあとに、さらに酸素系漂白剤を使ってみたら、こんな感じ。毛先の汚れはとれるのだけれど、全体的に黄ばみが回ったような感じになってしまった。裏書にはウールは使えないと書いてあるけれども。手前においているのは白いコリデール。比べてみると黄ばみ具合がよくわかる。毛先の汚れはかなりきれいになったのに、全体的に黄ばむのはちょっとね~。
 それでちょっと漂白について調べてみた。教えていただいたやりかたではハイドロサルファイトを使うとある。でも、この薬剤どこで手に入れたらいいのかがわからない。漂白剤について調べてみたら、3種類あることがわかった。カビとり剤に使われる塩素系(次亜塩素酸ナトリウム) これは台所用のハイターでおなじみ。それと、粉の漂白剤の酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)これは温度が40度以上で効果を発揮する。そしてなかなかお目にかかったことがない還元作用で漂白するハイドロ。これは塩素系の漂白剤で黄変した繊維を元に戻すために使われる漂白剤、鉄さびや血液のしみを落とすのに使われる。それと、酸素系に入るのだけれど、過酸化水素を使う手間なしブライトみたいな液状漂白剤。このうち毛を漂白するのに使えるのがハイドロハイターと液状漂白剤(過酸化水素)のもの。
今日はあちこち売り場を探し回ってようやくハイドロハイターを見つけた。この商品、ほとんど売れないので置いていない。昔は確かにこの名前でよく見かけていたのに。ともかく見つかったので、またまた実験をしてみようかな~。

ハイドロサルファイトはハイドロコンクと同じみたいで、アナンダさんでも小分けしてくれそうだし、パオさんにも金の羊さんにもありました。(-_-;) ちゃんと調べてからエントリは書くべし。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/11/19(土) 20:25)

 ふりふりフェルトボール クリスマスオーナメント
furifurifelt.jpg今日は娘達の学年行事。ふりふりフェルトボールでクリスマスオーナメントを作ろうというイベント。やっとこさ終わりました。何種類もコリデールを染めて、毛ほぐしして用意してきたのが今日で終わりです。写真は娘達が作ったフェルトのオーナメント。小さいの2つがあゆ、大きい2つがはるが作りました。あゆのはしっかりと固くフェルト化させてあるし、はるのはほわっと柔らかくフェルト化させています。4年生だからガチャポンのケースをしっかり振れるかと思っていたら、のんびり振っている子はちっともフェルト化できなくて、しっかりむちゃくちゃに必死になって振っている子はきれいに出来ていました。その辺のことをもうちょっとわかりやすく説明してあげればよかったのですけれど、やっぱりなかなか難しいです。90人近くの4年生一度に説明したりするのは本当に難しいです。一人一人だと順番に丁寧に教えてあげられるけれど、こういうときのワークショップは難しいですね。それでも、子供たちみんな男の子も女の子もお母さん方もとても楽しんでひたすらふりふりされていたので、よかったです。用意した毛も足りなくなることもなく、お家で出来るように余分に2つ以上は作れるように分けても、まだ余っていたので、委員のお母さん方とみんなで分けてきました。なのでお家にはカラフルな羊毛がかなりの量あります。う~ん、もうちょっと薄い色も染めて、フェアアイル用に糸を紡ごうかしら。
felt | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/11/18(金) 19:56)

 作品展にでかけました
シェトランドの贈り物
伊藤実代子・山中けい子
2005・11・17(木)~23(祝・水)
11:00~19:00
  最終日18:00まで
「夏椿」ぎゃらりー  阪神・JR「元町」駅西口より徒歩5分
神戸市中央区元町通2-4-4
TEL:078-331-1176

シェトランド種という羊の刈り取られた毛を洗い 紡ぎ 染色をし
フェアアイルニットの本物を目指した糸と小物を中心とした作品展

出かけてきました。本物のシェットランドを紡いで草木染して、糸にしてフェアアイルを編まれている、素敵な作品展でした。伊藤さんがいらしたので、いろいろとお話をして帰りました。ベレー帽が多かったのですけれど、織りのマフラーも数点あったし、強撚糸マフラーもありました。そしてシェットランドレースもありました。マフラーサイズのものだったけれど、やっぱり値段がついてなかったです。(売るなんてという感じでしょう。紡ぎにも大変な時間と労力が必要で、しかも編む方もなかなか大きくならないものなのですもの)帽子はどれも素敵なものばかりで、フェアアイルだったので、素敵でした。パターンはいろいろとあるからそれを自分で組み合わせてオリジナルが出来るのが本当に楽しそう。そして色とりどりの染めた糸たち。草木染めのデータブックが圧巻でした。草木染であそこまでいろんな色が創り出せるのかと本当にびっくりしました。やりだすとどんどんはまっていくのはよくわかります。簡単な化学染めですら、やっていたらすごく楽しいのですもの。草木染は媒染によっても色が変化するのでさぞかし面白いんだろうな~と。やってみたくなっちゃいました。ウールの会の三谷さんもいらしてて、しばらくお話していました。こうやって作品展をされる方はなんとパワフルなんだろうととても感心します。あ~、私はまだまだだな~~~~って。もっと真剣に物作りに取り組まないとと思いました。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/11/18(金) 08:09)

 リベンジ
再び汚毛洗いのリベンジ。毛先が黄ばんでしまっているのをなんとかきれいに洗いたいので、今回は定番のやりかたで。羊毛の10%重量のモノゲンを使って、高めの温度の湯でつけ置き洗い。予洗いは茶色の水がほとんど出なくなるまで行ったので、これできれいにならなかったら、かなりショックかも。先日は洗剤液と同じに漂白剤を入れちゃったので、もしかしたらそのせいで白い部分の毛まで黄色く黄ばんでしまったのかもしれない。今回はモノゲンでさっと洗うけれど、一部漂白剤を後から使ってみようかと思案中。うまく洗えるかな~~~。いえ、色を気にしなければそこまでする必要もないわけなんだけれどね~。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/11/15(火) 23:04)

 洗ってみたのに 大失敗
小萩さんから教えていただいたので、ちょっと試しに黄ばんでいるコリデールを真っ白にできないかと漂白剤を使って洗ってみた。だけれど、大失敗。塩素系の漂白剤でも布巾を漂白するように真っ白にはならなかったし、酸素系の漂白剤を使ってみても、(こちらは煮沸してしまったので、繊維を痛めてしまった)あまり白くはならなかった。う~~ん、やっぱりきちんと洗剤の量を出して、練りモノゲンで一からやり直した方がよさそう。それでも黄ばんでいるからちょっと悲しいんだけれど。きっと腹側の毛がきているのだと思う。ごみはほとんどないくらいなんだけれど、黄ばみはどうしようもない。これで真っ白だったら言うことないのに。ちょっと悲しいな~。まぁ当たり外れのある六甲山牧場の毛だから仕方がないといえば仕方がないのだけれど。安いから我慢もするのだけれど。それでも黄ばみをきれいに洗えるようになりたいものだし、そうなってくれるととてもありがたいのだけれど。小萩さんから教えていただいたものはハイドロを使うし、希硫酸も使うので、ちょっと薬品を手に入れるのが難しいかな。家庭でと考えるとなかなか難しいやり方なんだけれどな~。真っ白に洗い上げられないなんてなんだかくやし~~~~~。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:4
(2005/11/09(水) 21:31)

 久しぶりにネックレス
昨日の藤戸先生のタティング教室でのネックレスの課題。久しぶりに帰ってから仕上げてしまった。荒木孝子先生のデザインのネックレスを真似て藤戸先生が考えたデザインなのだけれど、もっともっと荒木先生のデザインに似せたかったので、あれこれアレンジして作ってみた。リングで構成されるネックレスなんだけれど、リングの部分はチェインを使って作っているのでかなりボリュームがあるデザイン。それでもとてもきれいだし、流行の黒なのでうれしい。リングの中央には玉を入れるようになっているのだけれど、それもちょっとアレンジして玉がゆらゆら揺れるように変更してみた。もちろん玉もスワロに変えているけれど。いつもならネックレスのパターンをいただいても、ちっとも作らずに途中でほってしまうのに、今回はその日のうちに作ってしまえたのでちょっとうれしい。(作っているときはとてもきれいで作るのが楽しかったんだけれど、作った後で、う~~~~ん、いつ身につけられるのかな?というデザインのネックレスだということに気がついちゃった)先日作ったチョーカーもだけれど、パーティ用になってしまったな~。ということで画像での紹介は著作権上の理由でできないのです。
051105.jpg花嫁さんと友人達です。私はどこかわかるかしら。^^ 
tatting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2005/11/08(火) 16:18)

 嬉~~~~
wata05.jpgRさんから棉が届いた。種つきの棉なので、棉の字。これから綿繰りをして種を取ると綿になる。今年の茶綿と緑綿とエジプト綿も少し分けていただいて本当にうれしい。茶綿はうちのはなぜかごわごわしていて繊維の成長がいまいちなんだけれど、Rさんのところのはちゃんとふぉわっとしている。手触りが違うわ~。綿を触っているとすぐにでも紡ぎたいという気持ちがわいてくる。しばらく羊毛ばかり洗って染めてを繰り返していて、ちっとも紡ぎをしていないので、久しぶりに綿紡ぎもやりたくなっちゃった。そして、今年とれた茶綿と実家で豊作の緑綿(これは母が面白がって手で種をとっているらしい。ものすごくふわふわでびっくりしているらしい)はどうやって使おうかなどと考えている。糸にして量が少ないのなら、チェック柄にしてもよさそう。和紡布を絶対に織ってやろうと思っている。わくわくするな~~~。単糸に紡ぐのはダヌシュチャルカを使って、双糸にするのにはスピンドルでいいかな。早くやってみたくて仕方ない~~~。それともう一つ、ひつじまにあさんからのサフォークも届いている。そちらはまだ洗ってないのだけれど、初めてのサフォークでどんなにばねがあって膨らむのかとわくわく。洗ってみるのもとても楽しみ。
今日洗ったコリデール、やっぱり部位がよくなかったようで(腹回りの毛のようで汚れがひどい)洗ってもどうしても毛が黄色い。繊維もちょっと太めなので、残念。ごみは少ないんだけれど、腹側なんだろうな~。染めないと使えそうもない羊毛。黄色の色が自然ということでそのまま使ってもいいんだろうけれど、なんだかね~~。真っ白に洗い上げるにはどうしたらいいのかしら。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:6
(2005/11/04(金) 19:20)

 チョーカーはできたけれど
披露宴につけていくチョーカーとピアスは完成。チョーカーは結局金具で止めるのではなくて、黒サテンのリボンで結ぶスタイルに変更。髪飾りとコサージュもできたので、本当なら全部一緒に写真を撮ってアップしたいところなんだけれど、チョーカーのデザインは藤戸先生のネックレスをアレンジしたものなので、ちょっと公開するのがはばかられるので、画像をアップすることができない。う~ん、ちょっと残念。だけれど、もしかしたら披露宴で身につけている写真を出せるかな~。はっきりとわかるようにはできないけれど、遠目だったらできるかも。明後日、披露宴に出席するので、何にもやりたくない気分。数日前に自分で顔そりをしたら、やっぱり負けてしまって、肌の調子もあまりよくないし。このところ、羊毛を洗ったり染めたり、忙しく作業をしてばかりなので、かなり疲れがたまっているみたい。それでもやらないといけないから無理しがちになるので、なんだか体が疲れてる。岡山へは新幹線と在来線を使って小一時間でつくので、気分は楽だけれど。(大阪へ出かけるよりも速いんだわ~)道中なにか楽しめるように編み物を持っていくのはお決まりなのだけれど。やっぱりやりかけのシェットランドレースにしようかしら。
tatting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/11/03(木) 17:52)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。