tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 やっと仕上げ
kunsut15.jpgkunsut15up.jpg
先日から編んでいたクンストストリッケンがやっと完成。今日洗って薄糊をかけて仕上げたんだけれど、ピン打ちするときに、全然ピンの数が足らず、どこかにしまいこんでいたパッチワーク用のシルクピンを探し回ったのに、出てこなくて。結局少しずつアイロンで仕上げながらピンを打っていったので、エジングがピンと鋭角に仕上がらなかった~。今回は針の号数を一つ細くしたので、仕上がりの大きさも変った。本に出ているものは90cmくらいになるのだけれど、私のは68cmほど。薄糊をかけたけれど、薄く仕上がるのでとても柔らかい風合いのレース。透け感もとてもよくて一人で喜んでいました。真っ白の色も素敵だけれど、生成りの色もなんともいえない優しい雰囲気で気に入りました。

スポンサーサイト
knitting lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:5
(2006/02/19(日) 20:44)

 今年は生チョコ
namachoco.jpg
昨日はバレンタインデー。毎年この日は家族にチョコレートのものを作って食べる日になってしまった。娘達は今年もやっぱり作る~というわけで、一番簡単なものを作ったけれど。(チョコレートを溶かしたものに砕いたコーンフレークとアーモンドを入れて混ぜてチョコカップに入れるというやつ)チョコを包丁で細かくするという工程もやりたいというのでやらせてはみたけれど、固いチョコを包丁で切るのはとても難しくて、やっぱり私がすることになった。娘達がしたのは砕いたコーンフレークとアーモンドを混ぜるという工程と、チョコカップに入れて、アラザンを散らすという仕上げ。それでも作ったものを贈りたいという気持ちがあるので、満足しているようだった。
子供たちが作ったあとから、今年は簡単に生チョコが作れるというのをリコさんのブログで知ったので、早速作ってみた。
チョコ200g 生クリーム150cc ラム酒 適当(本当は大さじ2)
チョコを細かく刻んだところへ、沸騰寸前まで温めた生クリームを加えて、チョコを溶かしてラム酒を入れたら、牛乳パックへ流しいれて冷蔵庫で固めて、固まったら、カットしてココアの粉をまぶして出来上がり。ラム酒は計らずに適当にどぼどぼっと入ってしまった。笑
ラム酒もいいけれど、ブランデーでもよかったな~と。この分量だと柔らかいのでカットするのが難しいけれど、ココアをまぶすので食べるのには大丈夫だった。口に入れると溶けてくる。自分で簡単に作れてしまうのにはびっくり。こんなに美味しいのが作れるんだったら何も買わなくてもいいな~って思う。チョコもまだ買っておいてあるので、また作る予定。今度はブランデーを入れてみよう~。子供たちにも好評で、作ったら、あっという間になくなっちゃった。
kitchen | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:1
(2006/02/15(水) 22:17)

 なかなか
kunsut14.jpg
今編んでいるクンストストリッケン。96段のうち現在87段目。少し大きなサイズになると途中から輪針を使うのだけれど、こんな風に巾着みたいになっていく。結構面白い。そして今回はきちんと一模様ごとにマーカーを入れたので、間違いが少なくてすむのでありがたい。だんだん一段の目数が多くなっていくので、一段編むだけでも結構な時間がかかる。これで仕上がりが90cmほどになる予定なんだけれど、もっと大きなサイズのものだともっともっと大変~~~ってことになるんだろうな~。

スピナッツの最新号が届いた。あとがきで、ちょっとショックな出来事が。2年前の初めての糸紡ぎ出版記念のワークショップに京都に行ったとき、お昼のお食事を一緒にしていただいた中井康さんが亡くなられたそう。そのときはスピンドルを作っていらっしゃる方とは知らずにいろいろなお話を聞かせていただいたのだけれど、もちろん帰ってから、中井さんの手作りスピンドルが欲しくて1本手に入れたんだけれど、その中井さんが亡くなられたなんてすご~~~くショック。ご自身のスピンドルで紡がれた細番手の糸を使った素敵なセーターの写真をいくつも見せていただいたんだけれど。緻密で計算されつくしていて、なんてすごいんだろうと本当に感動した。たった一度の出会いだったけれど、とても深く印象に残っていて、素晴らしいな~と感動させていただいただけに、まだまだお元気でいらっしゃるのだとばかり思っていたのに、すごく悲しい~。

タティングのモチーフつなぎのショールをがんばっているんだけれど、いろいろと忙しくてなかなか進まない~。なんとか3月の中旬には仕上げたいんだけれど~。無理かもしれないな~。

knitting lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2006/02/06(月) 00:22)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。