Archive2006年10月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

ベレー帽 赤バージョン

No image

ベレー帽の赤バージョン完成。今回はあっという間に出来てしまった。糸もテキストと同じように8色使いなので、配色糸もグラデーション。明るい部分がちょっと明るすぎって感じもしないけれども、まぁまぁかな。詳しいことは編物Gのteaの羊ざんまいの方に書いています。...

  •  4
  •  0

ベレー帽 色違いバージョン

No image

ベレー帽の色違いを編みたくて、去年染めた羊毛を出してきました。色合いはこんな感じ。でも、2色を混色して、もうちょっと色のバリエーションを増やしたい。暖色でまとめているけれど、刺し色に違う色目を入れたほうがいいのかもしれないな~。何色を入れたらいいんだろう???難しいわ~。...

  •  6
  •  0

できちゃった~

No image

フェアアイルのベレー帽、できちゃいました。フェアアイルの編み込みってとってもややこしそうって思っていたんですが、やってみるととても楽に出来ました。クロスステッチで糸で絵を描いていくように、一目一目の編み目で模様を描いていくのが楽しくて、どんどん進んでしまいました。ドレッシング前ドレッシング後編みあがった状態は編地はおせじにもきれいとはいえなくて、ぼこぼこしていました。こんなんできれいになるんかいな...

  •  8
  •  0

だんだん見えてきた

No image

おしゃれ工房のベレー帽を編んでいる。色は自分で変更して、去年染めた牧場のコリデールを手紡ぎ。ちょっと焦って紡いだので、糸が多少太い細いがあるので、その辺がきれいに仕上がらない原因か。100円均一のかごに糸玉を入れて、ニッティングエイドシンブルなるものを使って編んでいるので、どんどん進む。なんだかフェアアイルにはまってしまいそうな気配。クロスステッチと同じように模様が出てくるところがとっても楽しい。手...

  •  8
  •  0

渋皮煮のゆで汁で

渋皮煮のゆで汁がすごい色をしているので、染めてみました。もっとピンクに傾くと思っていたんですが、こんな色。薄い赤茶。草木染はよくわからないので、媒染もよくわからず、タンサンを使ってゆでて灰汁抜きをしたので、それにミョウバンを足して、同媒染してみたんです。ミョウバンがだめだったのかと思って、再度渋皮煮を作ったときに、ミョウバンなしで染めてみたけれど、そっちもまったく同じ色に染まっちゃいました。柿の渋...

  •  6
  •  0

栗の渋皮煮

No image

栗の渋皮煮の作り方栗  1kg 砂糖 750g水  300cc重曹 少々栗1kgを熱湯に漬けて、鬼皮をむく。お尻のほうから包丁を入れて、尖った先の方にむくと簡単にむける。このとき、渋皮を傷つけないようにすること。むいたらすぐに水に漬けておく。鍋に水300ccと砂糖750gを入れて、火にかけて蜜をつくる。沸騰したらそのまま冷ましておく。鍋に鬼皮をむいた栗がかぶるよりちょっと多めの水と重曹小さじ1を入れて、火にかける。沸騰...

  •  6
  •  0

元通りのはずが 斜行実験

No image

フェルト化させて形を元通りにできた~とほっとしていたけれど、再び洗うことを考えたら、さて、どうなるんだろうと水通ししてみました。再び斜行があらわれた!!!それでも、フェルト化させる前よりはちょっとだけ傾き加減が少ないかしらって感じかな?でも水通しするたびに斜行が現れるんだったら、やっぱり単糸で編むのはかなり難しいのかも。単糸の編地がなんだかとっても薄くて軽くて気に入っているのにな~~~~。それとも...

  •  3
  •  0

斜行 実験 双糸編

No image

双糸の場合ではどうなるのか実験してみた。赤の糸はかせにしたときにはくるくるとならないので、撚り止めが必要ない撚り加減。黄緑の糸は仕上げS撚り、Z撚りで、かせにあげると、撚りが強い状態でちょっとくるくるとなるくらい。この糸は絶対に撚り止めが必要。このままの状態で編むと斜行は起こります。左側がS撚りの双糸、右側がZ撚りの双糸。黄緑の糸は完全に撚り止めしたあとでスワッチを編んでいる。赤も黄緑もどちらも編んだ...

  •  7
  •  0

たたいて、さすれば、元通り

No image

斜行してしまったスワッチを生き返らせる?企み。フェルト化してみました。そうするとちゃんと形が元に戻る。フェルト化させると、羊毛の繊維を固定することになるので、形を簡単に戻すことができます。フェルト化したおかげで、編地の表面もなんだかなじんでとってもいい感じ。斜めの編地がきれいになりました。ちょっと得した気分。斜行の実験はまだまだ続く次回は双糸編...

  •  2
  •  0

斜行があらわれた!

No image

TAPUTAPUさんの意見で、ああ、そうだった、そういえば仕上げをしてなかったとスワッチを水通ししてみました。斜行があらわれた!いや~~~、なんて面白い現象なんでしょう。強撚糸のマフラーを縮絨かけたときみたいに、水に通すと撚りが戻ろうとするんですね~。織り地の場合は縮緬になるけれど、編地では斜行という現象になるんですね。あれれ????????左がZ撚りの糸 右がS撚り。本来なら単糸で編む場合は絶対にS撚りの...

  •  4
  •  0

斜行 実験

No image

斜行の実験をちょっとやってみた。左がz撚り単糸 右がS撚り単糸 編み糸の撚り止めをしてから、1号の針でスワッチを編んでみると、あれ?どちらも斜行してない。撚り止めしちゃってから編んだからだめだったのかな?それとも撚り加減がよかったから斜行しなかったのか??ということで、斜行を起こす原因は編み方というのではないというのがわかったこと。今度は撚り止めせずに編んでみようかな。撚り加減と斜行の関係を調べるに...

  •  2
  •  0

斜行の謎 

No image

手紡ぎ糸の撚り止めと、ニットの斜行のことについては、どうしてそうなるのか、理由などは気にしないで、撚り止めしなくちゃだめなんだと思ってきました。(実際には撚り止めがいらないような双糸の撚り加減がわかるようになってからは、撚り止めはしていないのですが)なぜ斜行が起こるのか?それは編み方に原因があったようです。編み方と撚り加減の微妙な関係にあるようです。がみさんのブログ、お茶でもススりながらのエントリ...

  •  8
  •  0

メリノスカーフ ミニ

No image

メリノスカーフはどんどん成長を続けて、現在65cmくらいです。残りの糸も撚り止めをして、つなげました。なので、これからひたすらどんどん編んでいけばいいということで。たしか、シェットランドレースの休憩に編もうとしていたんですが、メリノスカーフ、今回で5本目になるので、すっかりパターンも入ってしまっているし、見事にやめられないとまらない状態になってしまっています。シェットランドレースもやらなくちゃ~~~~...

  •  5
  •  0

Turkish Delight

Tuikishといえば、すごく気になっていたのが、このお菓子。ナルニア国物語ライオンと魔女の映画に出ていた「ターキッシュ・デライト」エドマンドが、魔女からもらっていたお菓子なんだけれど、何を食べているのか全然わからなかった。でも食べている様子をみると、やわらかそうなお菓子。美味しそうでどんなのか知りたかったので、探して買ってみた。コーンスターチとあんず、ナッツがいろいろ入っていて、この食感はくるみゆべし...

  •  2
  •  0

メリノスカーフ ミニ

No image

今編んでいるもの。これで5本目になるメリノスカーフ。このパターンは易しくてすでに覚えてしまっているので、どんどん編み進むことが出来る。なんだか楽しくて、やめられないとまらない状態。笑ずっと以前にCandyさんから分けていただいた、メリノのスライバー。確かクールエイド染めだったような気がするんだけれど。違ったっけ?昔の日記をあれこれ探してみるのだけれど、エントリが見つからず。記憶はうろ覚え。だけれど、やっ...

  •  5
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。