Archive2006年12月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

沢山のお土産とともに

No image

昨日、必ずいつか出会えると思っていた「染や織や」のtoshiさんに出会うことができた。浜坂から、わざわざ実家まで出向いてくださった。糸紡ぎを始めた頃、羊毛と綿とほぼ同時に紡ぎ始めて、糸車での紡ぎはどうしたらいいのかといろいろと探していた頃にtoshiさんのサイトに出会って、素敵な糸車とtoshiさんが紡がれる綿のかぶらだまを見ていて、憧れの人でした。沢山の綿とともに、お庭に咲いていたという南天と三椏と水仙の花束...

  •  0
  •  0

アンデスプライ ちょっと工夫

左手の中指を芯棒にしてかせを作っていくアンデスプライなんだけれど、糸が多くなると指が痛くなったりするのが難点。その辺を解消したのがこのやりかた。新書版の本がちょうどいい大きさで、本の真ん中に鉛筆でもいいので、差し込んでそれを中指代わりに使って本にくるくると巻いていく。巻き終わったら芯棒をはずして、本からかせをずらして、左手首にはめて、撚り合わせすればいいというやりかた。これだと、かせあげしていると...

  •  4
  •  0

だんごスピンドル

No image

またまた新しいスピンドル。昨日のかんざしスピンドルと同じ球を使って、今度は芯棒は竹串を使っています。この方がよく回るんです。芯棒とホイールの関係だけれど、竹串のほうが同じ球を使っても、ホイールが重く感じるので、このほうがよく回る。このタイプのスピンドルはコットン用なんです。だからレース糸にもむいているし、もちろんカシミアも紡げるということです。昨日のかんざしスピンドルももうちょっと芯棒の上下を削っ...

  •  0
  •  0

市販の糸の編地って

No image

今日は大阪で教室だったのですが、12月はタティングはしないで白樺編みのリストウォーマーをやってました。練習用に市販の中細糸で編んでいますが、今日はその編地の硬さに気がついちゃいました。このごろずっと自分の手紡ぎ糸ばかりで編んでいたので、気がつかなかったんですが、市販の糸で編んでみると、その編地が妙に硬いのです。テンションをきつめにして編んだわけじゃないのに、硬い。糸の硬さが編地の硬さに出てきたよう...

  •  0
  •  0

サンカグローブ用の糸と新しいスピンドル

No image

ちょっとおしゃれなスピンドルが欲しいなと思って、ハンズに行ったついでに、スピンドルの材料を買ってきました。小さな丸いボールとマホガニーの芯棒です。球の穴が完全に開いてなかったのと、細かったので、かなりやすりをつかって広げました。カシミアや綿を紡ぐのに適しているスピンドルなんですが、もちろんレース糸も紡げるので、サンカグローブの糸も楽に紡げます。紡いだ糸の細さはどのくらいかというと、比較のために水色...

  •  4
  •  0

半分できた

No image

昨夜残っていた小指を編んで、深夜にドレッシングして喜んでおりました。まだ生乾きなんですが、はめたりはめたりはめたりはずしたりして遊んでいます。生乾きだと冷たいはずなんですが、あったかいんです。サイズはちょうどいい感じ。でも、糸が太かったので普通の厚さの手袋になっちゃいました。もうちょっと薄手がよかったのに。というわけで糸が全然足らないので、右手用にまた紡がなくちゃいけません。シェットランドは細く紡...

  •  6
  •  0

親指が生まれた~

No image

指用の棒針を作って、足りなかった黒の糸は昨日紡いでいたので、撚り止めして、ちゃっちゃと編み始めたら、やめられないとまらない状態に。サンカグローブはパターンが覚えやすくて、しかも下の段を見れば、自分がどのパターンを編めばいいのかよくわかるので、とても楽。親指だけなので、あっというま。親指が出来て、思わずはめちゃいました。ぬっく~~~~~~~い。しかも手首も長いので、この手袋一つあればとっても重宝しそ...

  •  3
  •  0

指用棒針が必要なのね

No image

調子よく親指手前まで編んできて、さぁ、親指に突入~と喜んでいたら、黒の糸はなくなるわ、あれ?編み針は……抜いて目を休ませて編むのか???そうです。指用の編み針がないと、そのままでは編めないことに気がつきました。ということで、あわてて指用の短い棒針を作りました。11cmの長さなので、とっても短くて、使いやすそうです。スピナッツには指用には15cmってあったけれど、嶋田印の短い棒針っていうのが11cmだったの...

  •  0
  •  0

模様が出てくると楽しい

No image

サンカグローブ、進行状況。デューク柄で編んでいるので、結構はっきりとした柄。写真では黒に見えているけれど、実際には濃茶。生成りの糸が濃茶と重なって少しひよこ色に見えるんだけれど、それもまぁいいかな。真っ白にしたほうがよかったかも。針は指定のものよりも細いものにしたんだけれど、編み込みなので、少し手がゆるいせいで、サイズは大き目かもしれない。ちょっと大きめくらいだったら、ドレッシングで少し縮めるので...

  •  2
  •  0

サンカグローブ用の針を作る

No image

サンカグローブ用の針を竹串を削って作っています。写真の左側がバーベキュー用の竹串。(竹ひごって間違えて書いちゃった)真ん中が削った2本。右側が0号の匠。こうやって並べると太さがはっきりわかりますね。スピナッツではサンカグローブ用の針は直径2mmと出ていたんですが、2mmだと0号とほとんど変らないので、実際にはもう少し細く削ったほうがいい感じ。ちょっとだけ白の糸で編んでみたけれど、ちょっとゲージが大きい...

  •  2
  •  0

気抜けばあさん?

No image

作品展が終わってから、ちょっと気抜けしています。疲れているのもあるんだろうな~。実家から母が来ていたこともあって、思うように手仕事に集中できなかったし、今までたまっていた家事をやってたら疲れちゃいました。たくさんコメント入れてくださっているのに、お返事できなくて申し訳ないです。作品展の写真も撮っているので、ぼつぼつUPしていこうと思っています。これから年末だし、なんだかすごく忙しい~~。作品展は終わ...

  •  1
  •  0

サンカグローブの糸

No image

サンカグローブの糸は白は紡いで、あとは黒。シェットランドの黒といっても、濃茶なので、正確には黒じゃない。写真では黒みたいに見えるけれど。黒はまだ足りないので、紡ぐんだけれど、ところどころフケみたいなものがある。カードを丁寧にかけても、くっついているので、糸になってから、ちょっと指で取っているけれど。ここまで糸ができてくると、(まだより止めしていないのでより止めの工程が残っているけれど)編んでみたく...

  •  0
  •  0

ウールカフェの段染めスライバー

No image

ウールカフェで買った段染めスライバー。メリノのトップを段染めしているのだけれど、それぞれとっても素敵な色合い。ついついまだら染めって考えると、レインボー染めかな~なんて思って、黄色、青、赤なんて色で染めたくなるのだけれど、色を暖色系、寒色系でそろえると、とってもおしゃれな色に染まる。いつみてもすっごく素敵。このスライバーはキーウィクラフトの糸にして、ミニマフラーを編む予定。...

  •  0
  •  0

ウールカフェ 大盛況

No image

昨日と今日、神戸クリスタルビル4階でウールカフェをやりました。・紡ぎ スピンドル 紡毛機・編み 段染めスライバーを裂いた糸で七宝編みのミニマフラー    鎖編みのマフラー・ニードルフェルト たまごひつじ テントウムシ・フェルト ハート、スクエアのポシェット・織り マフラー コースターのワークショップでした。私はスピンドルの講習をしていましたが、一日目の午前中はゆっくりのんびりできたのですが、午後か...

  •  6
  •  0

エストニアスパイラルに挑戦

No image

エストニアスパイラル用の糸を紡ぎました。これはRumikoさんからいただいたブルーフェイス。赤紫がウメノキゴケ、サーモンピンクが栗渋皮、オレンジがヨウシュヤマゴボウの草木染です。極細の糸に紡いだので、エストニアスパイラルの目数を調整しないといけないだろうけれど、これできれいなしましまが出てくれたらいいな~。まだどういう理屈であのパッチワークみたいな縞々が出てくるのかが謎なんで、うまく編めるかどうか自信な...

  •  0
  •  0

ネックウォーマー グラデーションメリノで

No image

グラデーションメリノはキーウィクラフトの糸にして、ネックウォーマーに仕上げました。まだ止めのフェルトボタンを作ってないんですが、一番端の輪に止められるようにフェルトのボールをつける予定。あんまり編地がほわほわできれいだったので、無理穴のボタンホールも開けたくなかったので最後の糸端で鎖編みで輪を適当に編んでみました。フェルトボール用に最初から取り分けていればよかったのですが、全部使ってしまったので、...

  •  4
  •  0

デザインヤーン

No image

スピンドルでも変り糸ができないかと、ちょっとやってみた。グラデメリノを紡いでいたんだけれど、スラブがあるので、ちょうどいいかなと。この糸はとっても簡単に作れる。単糸の片方をスラブヤーンぎみにしておいて、芯になる単糸はしっかり紡いでいて、双糸にあわせるときに、芯の単糸はテンションをかけて、添える単糸はテンションをかけないであわせると、ねじねじの糸になる。↓のネックウォーマーは出来上がっているんだけれ...

  •  0
  •  0

キーウィクラフト

No image

グラデーションメリノの色をどうしてもそのまま使いたいと思ったので、とうとうキーウィクラフトの糸を作りました。これはスライバーを縦に1cmくらいに細く裂いたものを、Gパンなどの太ももの上で前後にくるくるしてちょっとフェルト化させて作る糸です。無撚糸なので、より止めも必要なく、糸が出来る端から糸玉に巻いて、そのまま編んでいっています。さすがメリノだけあって、編地はふわふわほわほわです。ネックウォーマーがで...

  •  2
  •  0

ハンドカーダーの選び方

ハンドカーダーのお話。手紡ぎをすると、必要になってくるのが羊毛をふわふわにほぐして繊維の向きを揃えるのに使うハンドカーダー。いろいろなサイズがあるけれど、かなりの頻度で使うものなので、選ぶのにこつがいります。1.重さが軽いこと これ重要 2.針目は2種類あります。 粗め ロムニー以上の太番手(毛番手) 羊毛の繊維が太いもの用    お店に行くとハンドカーダーくださいっていうと、大抵これをもってこられま...

  •  5
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。