Archive2007年07月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

アンサンブルコンクール

No image

今日はお嬢さんズがアンサンブルコンクールの予選に出場しました。駅前の区役所1階のロビーであったんですけれど、場所が開放のロビーなので、ちょっと歌いにくかったかなと思います。ちゃんとしたホールとかだったら、きちんと声も聞こえやすいのですけれど、そこは区役所のロビーということで、一般の人も行きかうし、人が出たり入ったりするたびに外のセミの声が入ってくるし、雑踏のざわついた声もBGMになってしまうので、...

  •  0
  •  0

手紡ぎサロン 綿紡ぎ

No image

今日は手紡ぎサロンをやりました。西宮からいらしてくださったNさん。希望は綿紡ぎということで、5円玉と竹串のスピンドルで紡いでみました。綿紡ぎは羊毛の紡ぎとは全然違う紡ぎになるので、紡ぐ感覚が違います。羊毛は糸を自分で引っ張って出すっていう感じがある(ゴムを伸ばす感覚)のだけれど、綿は篠の中から勝手に糸が生まれてくる感じになるんです。この違いがあるから、どっちの紡ぎも面白くてやめられないんです。ガンジ...

  •  7
  •  0

いよいよ織り始め

ようやく4本の糸綜絖をつくって、織り始めました。綜絖が間違ってないか試し織りですが、ちゃんとしていそうなので(笑)このまま続けて織るつもり。(両端をきちんと平織りにすればよかったのに、出来てないので、織りながらちょっと手間どってます)最初の織り出しはちゃんと平織りを数段織ったほうが、幅だしができてよかったんですけれど、それもせずにやってます。もともとサンプルと練習を兼ねてだったので、それでもいいか...

  •  5
  •  0

緯糸の準備も整い

今日は経糸をリジットに張った。124本。今回リジットの筬は筬として使うので、経糸を張るのは簡単なんだけれど、ここからがちょっと手間。↓のエントリで書いたけれど、糸綜絖を使うといっても、2本の綜絖を同時に操るのはとても難しいし、そんなことをすれば、きっと糸が開口してくれそうにないので、さとこさんがアドバイスしてくださったように、組織を書いてみた。タイアップから組織を書き出すと、これでやっと踏み木の順に扱...

  •  2
  •  0

どっちにするか

No image

リジットで綾織するには、糸綜絖を使えばいいということはわかったのだけれど、ホームスパンの織り機では、踏み木を踏んで綜絖を上げ下げする。綾織の場合、踏み木1つに対して綜絖を2つつなぐ。リジットの場合の糸綜絖を作るには、完全組織を起こしてどの縦糸を拾うのか出さないといけない。私がやろうとしているのは、綜絖通しとタイアップと踏み順がかかれているもので、まだよくわかってないので、そこから組織図を描くことがで...

  •  2
  •  0

家でもやってみようかな

リジットでも綾織ができないかと、ちょっとこの本を読んでました。リジットへドルを綜絖としてではなく、筬として使って、糸綜絖を作ればちゃんと綾織ができるとあったので、家でもやってみようかと思案中。紡いだ糸はマフラーやショールにはちょっと不向きのウェリッシュマウンテンのがあるので、テーブルセンターくらいだったら出来るかも。単色だとつまらないので2色にしようかな~、それともやっぱり単色でやってみようか。う...

  •  2
  •  0

紡ぎと台風とアカペラコンサート

No image

昨日の午前中、自宅でスピンドルスピニング講習をしました。北区からいらしてくださったAさん。ポンタさんのホチキスパーティでご一緒した方です。スピンドルでの紡ぎは初めて(紡ぎ自体も初めて)だったので、ハンドカーダーの使いかたからゆっくりと。スピンドルはドロップで。紡ぎの一番初歩のとっかかりまでしか伝えることができなかったけれども、基本がわかると、あとはどんどん楽しんで紡いでいけば、また新たに、自分のや...

  •  0
  •  0

織りの講習

7月に入って、神戸ウールの会の織りの講習に出かけています。5回あるのですが、すでに3回終了。あとは8月の1,2日の2回で、できるのか。1回目は整経をして、綜絖通しの途中まで。2回目は半分しかできなかったので、残りの綜絖通し。3回目は経糸を張って男巻きに経糸を張りました。先に綜絖通しをしたので、筬通しがまだで、あと少し残っています。残り2日で出来るのかとっても不安なんだけれど、やるしかないってことでがんばります...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。