tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 チラリズム
kintyaku2.jpgはるちゃんの巾着。縦縞にしたかったのですが、生地をいっぱいいっぱいで使いたかったので、横縞になりました。こちらも巾着としてはちょっと長め。ちょっと出かけるときなどに、漫画本を数冊入れたかったらしく、このくらいの大きさが使いやすいというので、すっかりお気に入りになっています。

kintyaku3.jpgこういう和風の巾着だと、ちょっとおしゃれに口の部分に裏布を出すということをします。表が無地だったら、裏は柄物とか、表が地味だったら、裏は派手にとか。着物でも中に着る長襦袢の袖などがちらちら見えて、その色と着物の色などの色あわせを楽しむんですが、こういうチラリズムっておしゃれだな~と思うわけです。平安の昔から、色を楽しんでいる、なんともいえない風情がいいな~と思うんです。「こういう風にしたほうがおしゃれできれいなんだよ~」と教えても、あゆみは「やだ~」といって、結局、裏は見えないように毛抜きあわせにしてしまいました。はるかはちゃんと「うん」といって、ちゃんとこのチラリズムがわかるようです。着物の重ね襟だとか、ほんのちょっとだけ色を覗かせておしゃれを楽しむって、その感性を豊かにするのは、日常生活ではなかなか難しいのかも知れません。
スポンサーサイト
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/05/24(土) 11:33)

 これ、なぁんだ?
poo1.jpgちょうどいいところにうちにやってきたプーさん。布張りの素敵な箱にうれしくなりました。ちょうどこんな感じの箱を探していたところで、深さも大きさもぴったしの手ごろな感じ。何より布張りというのがうれしい。カルトナージュで自分で好みの箱を作るというのもありなんですが、そこまでやるのはちょっと時間がかかるし、どうしようなんて思っていたところへ、プーさんがやってきたんです。プーさん、ディズニーのキャラクターの中で、大好きなんです。あののんびりしたところ、マイペース、そしてほんわかした雰囲気が息子の小さかったころによく似ていて、今でも癒されます。

poo2.jpgそして、プーさんの箱はどうなったかというと、お裁縫箱に変身なのです。あれこれ、道具から入っちゃう私なので、裁縫道具もやっぱりあれこれとありまして、大きな木の裁縫箱も持っているのですが、ちょこちょこと縫い物をするには、必要な道具だけを手元に用意しないとよくないです。ということで、針と糸と、指貫と糸きり鋏、しるし付けのへらと、針山(ウールでちくちくして作って、タティングをかぶせてあります)それと、針磨き、糸用の蝋(ここにはないけれど、かけはりとくけ台も)。最低限のものに絞ったら、こんな感じになりました。いつもはもう少し小さな3段の引き出しのひとつに入れているんですが、いっぱいいっぱいになっちゃうと、すぐにほしい道具が手に取れないので、このくらい余裕があるほうが使いやすいです。もちろんちゃんとプーさんのお顔のふたがあるので、さっとしまえるのも便利。これでますます縫い物がやりやすくなったな~。
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:4
(2008/05/23(金) 12:04)

 縫い物の神様 
kintyaku.jpgこのところ、ずっと運針の練習を兼ねて、縫い物ばかり、あれこれと縫い散らしている。あちこち探してたら出てきた和柄の布で、巾着を。赤いのは私の。青いのはあゆちゃんの。そしてもうひとつ青いのははるちゃんので製作中。巾着なんて、ちょちょいと裁断してミシンでが~~~っと縫ってしまえば、あっという間に出来てしまうものだけれど、やっぱり手縫いにこだわって、全部ちくちく。それでも指貫を使う運針のやり方がだいぶできるようになってきて、縫う速さが速いことに気がつく。昔の人はえらいよね~。ミシンなんて人の歴史の上では、本当につい最近出来たばかりの道具だけれど、それ以前、人はず~~~~~~っと針と糸だけで縫い物をして、身にまとうものを作り上げてきたわけで。そう思うと、やっぱり手縫いがいいなと思う。ミシンがないとできないなんてことはないんだわ。
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/05/23(金) 11:52)

 朝から
panfutago.jpg今日は子供たちが自家製パンをお弁当に持っていく~というので、夕べ仕込んで朝、焼きました。天然酵母のパン種は仕込んでいなかったので、少量イーストで焼いてみました。そろそろ野菜室に入れて、1次発酵かななんて思ったのですが、仕込んだのが遅かったので、室内に放置してみました。12時に仕込んで、朝5時に起きて様子を見たら、ちょっと過発酵気味でした。天然酵母だったらベストなんですけれど。それでもガス抜きをした後で、オーブンで2次発酵させたら、ちゃんと膨らみました。生地は全粒粉入りのパン・ド・ミ。私もお昼に食べてみましたが、シンプルでおいしかったです。お箸でl生地の真ん中をきゅっと押さえて、双子パンです。
天然酵母 ベイキング | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/05/21(水) 17:31)

 手作り こて台
kotedai.jpg和裁をするときに、便利なのがこて台。本来はこてを使うのですが、あれこれ道具が増えるのはややこしいので、パッチワーク用のミニアイロンで代用しています。アイロン台は机の上に置くとするするすべるし、使いにくいし。パッチワーク用の四角いアイロン台はかなりくたびれて汚れているし、ということで、きせをかけたり、しょっちゅう使うことになるので、手作りしてみました。カバーの布は白いシーチングやブロードなどがいいんでしょうけれど、使っていくうちにいずれ茶色く変色するので、手近にあった布を使いました。ということで柿色。笑 このくらいのサイズだとちょちょっと小物を作るときでもアイロンを当てやすそう。ダンボールを底に引いて、その上に新聞紙を重ねました。ちょうどいい厚さになったところで、包装紙(ハトロン紙)でくるんで、仕上げに布でくるんでいます。これで浴衣を縫うのにも仕事が楽になったかな?やっぱり効率よくできるというのは、あれこれとものがいるんですね。
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/05/20(火) 23:06)

 運針のお稽古
unsin1.jpg運針の稽古をかねて、娘たちに、体操服入れなど。生地は娘たちが3歳から4歳くらいのときに縫った夏のワンピース。しまいこんでいた箱の中から、出てきた。とても懐かしくて、娘たちはお気に入りだったらしい。ちょうどいい感じに生地も柔らかくなっているので、練習にもってこい。しかも直線縫い。針と糸を使って、運針の稽古なんて小学校でもやってない。中学にあがると運針よりもミシンになっちゃうので、指貫をどう使うのかもまったく知らなかった。昔パッチワークをしていたころは、ピースワークで短い針を使っていたけれど、(そのおかげで針目は細かく縫えるようになったけど)この短い針だと指貫が使えない。母が浴衣を縫ってくれたときに、針が短くてできない~といっていたわけがようやくわかった。
unsin2.jpgやっと中指の指貫が使えるようになってきて、ちょっとだけ慣れたみたい。運針ってリズム。右手と左手のリズムがうまくあうと、ちゃんと縫えるようになってる。しかも、ひたすらまっすぐに縫っていくので、どんどん針先が左へ左へ勝手に進んでくれる。まだ慣れてないけれど、ちゃんと慣れてできるようになったら、和裁って速いもんなんだなと実感。祖母が一晩で長襦袢を仕上げてくれたと母から聞いたけれど、確かにそれは納得なのかもしれない。あ~、やっぱり昔の人はえらいんだな~。家族の着物は全部縫えていて、しかも布団まで仕立てることができたそうだから、すごいこと。今じゃ生活の身の回りのこと、ちっともできなくなってしまっている。昔の人に恥ずかしい。やっぱり和裁も習ってみたい。自分の着物くらいは自分で仕立てられるようになりたいもんだな~。
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/05/20(火) 20:51)

 けがの功名
昨日、リサイクル石鹸を作ってみた。使用済みてんぷら油を使って。
すぐに使ってみたかったので、最初からホットプロセス。
コールドプロセスで作らないと決めていたので、油も温度を上げず、苛性ソーダ水溶液の高温のままかき混ぜる。なべを火にかけながらぐるぐるやっていると、以前リバッチしたときよりもなんだか、様子が変な感じ。
ホットプロセスは鹸化がすすむとマッシュポテトのようになるはずだったんだけれど。
もろもろとした部分と、油の部分とに分離した感じがする。泡は出ているので、鹸化はしているんだろうけれど。
そのままあら熱がとれるまで待って、型に入れた。
今朝、見てみると、ちっとも固まってない。しかももろもろとしたところは白っぽい粒粒って感じになっている。
ためしにちょっとだけなめてみたら、刺激的。
こりゃアルカリが高いとわかったので、再度リバッチ。
油もちょっと増やして、火にかけても、なんだかうまくない。
700gバッチを全部捨ててしまうのはもったいないし、どうせだめもとで、水を加えてクリーム石鹸にかえちゃえと、別の小なべとってやってみたら、あたり!
石鹸部分とオイルが分離しちゃっていたような感じだったのが、ちゃんと乳化してもったりしてくれた。
掃除用にちょうどいい石鹸が出来ちゃった。
クリームみたいに柔らかいので、使いやすそう。
ホットプロセスなので、石鹸の色は濃いあめ色になっているけれど、使えないこともないし、これでまた石鹸を楽しめそうだな~。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/05/19(月) 19:44)

 もうすぐできる~
はるかの縫い直しの浴衣、もうすぐできます。やった~って感じ。
袖付けもちゃんとできて、あとは縫い代の始末だけ。
仕上げにアイロンあてて完成。
今回いろいろと本をじっくり読んだおかげで、浴衣の縫い方も結構わかってきた。
ということで、長いこと裁断したままでほったらかしになっていた、自分の浴衣にも取り掛かれそうな感じがする。
今日は本についていた縫い方のDVDを見てちょっとびっくり。
和裁の運針のやりかたができない!
パッチワークをずっと前にやっていたので、その癖が抜けなくて、うまく指貫を使って針を押し出していくというのがどうしてもできないの。
う~ん、基本の運針ができないっていうのはちょっと困るな~。
あれがきちんとできて初めて、きれいでまっすぐな縫い目が整うわけで。
自分の浴衣よりも先に、手ぬぐいで手提げをぬったほうがいいかもしれない。
しばらく運針の稽古かな。

yukata-haruと言っている間にできちゃいました。紺地の浴衣は大人っぽく見えて、かっこいいです。私も一枚ほしいな~なんて。身丈が結構あるので、やっぱりおはしょりは長め。腰紐2本で着付けないといけないみたいだな~。肩上げもいらなくなって、すっかりお姉さんって感じになってます。
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/05/15(木) 20:57)

 牧場へ毛刈り
昨日は六甲山牧場まで毛刈りのお手伝いに出かけていました。
土曜日は一日中雨で、しかも気温がとても低かったので、日曜日にしててよかった~と。
その日は息子が修学旅行に出かけるので、朝早くからお弁当の準備やら、前日は旅行の準備の最終確認(といっても息子がしてたけれど)やらでとてもあわただしい一日になりました。
沖縄に飛行機で飛んでいきましたが、台風の影響があるので、マリンスポーツはできるかどうかわからないです。
昨日は朝はまだ少し小雨がぱらついていたんですが、天気予報では曇りのち晴れになる予定だったので、傘も持たずに出かけました。
六甲山は山つつじと藤の花が見ごろでとってもきれいでした。
それでもやっぱり気温は低くて、防寒対策もしていったんですが、やっぱり寒かったです。
毛刈りするには寒いな~って思いましたけれど、刈り取ったばかりの毛をスカーディングして、1フリースごとに布で包んでいく作業は楽しかったです。刈り取ったばかりの毛は羊の体温が残っていて、触ると温かでした。
今年の羊毛は毛番手が細くて柔らかい毛。レース糸を紡ぐ私にとっては、とってもいい感じの毛でした。一般向け販売は5月19日からなので、その後にまた牧場に遊びに言ったついでにでも勝って帰るつもりです。
羊舎の隣に、ゲージがあるんですが、そこに入っていた子羊と会話してきました。普段子羊は人なれしてないので、触らせてくれないんですけれど、ゲージに入っていた仔はとってもおとなしく、鼻筋と頬の辺りを触らせてくれました。とってもかわいかったです。かわいい子羊を見たいときは、やっぱり春に牧場に出かけないとだめですね~。羊の毛と姿に癒された一日でした。
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/05/12(月) 23:28)

 縫い物
昨日からハルカの浴衣を手直ししている。
今はもう鬼籍に入られた姉弟子の人から譲っていただいたもの。
生地はとてもしっかりしていて、おそらくほとんど着てないのだと思うけれど、袖付けの部分と袖とを一部破ってしまっている。だから、着なかったんだろうね。
見ると、手縫いで仕立ててあるし、身幅がとても広い。
なので娘にはおろか私にすら合わないので、袖をはずして、脇を解いて縫い直し。
身幅を細くすると破いた部分は全部縫い代部分になってしまうので、問題なし。
それでも敗れたままだとあとあと広がってくるので、きちんと補修をしておきました。
反物の幅いっぱいいっぱいであつらえたようなので、背中心の部分がちょっと開いてしまって模様が両端にきてしまう。
これを直そうと思うと、襟から何から全部解いて最初から縫い直しになるので、今回はパス。
和裁って針と糸と糸きり鋏とへらくらいで出来てしまうので、とってもシンプル。
手縫いするのって、気軽でいいな~。
夏の服、そろそろまた手縫いで何か縫おうかしら。
昨今のひらひらすけすけの重ね着スタイルはどうしても性に合わず、着たいとも思わないので、自分の好みのスタイルは自分で作ったほうがいいかもしれないな。

今日から六甲山牧場は南エリア開放になって、毛刈りも始まりました。
明日お手伝いに牧場に出かけます。
今日はとっても寒い一日だったし、一日中雨だったのでお客さんは少なかったでしょう。
明日は晴れてくれたらいいな~。やっぱり少し寒いかも。
もちろん、ちょっとは羊毛を買って帰るつもり。
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/05/10(土) 23:25)

 ちぇ~~
使用済みの油がかなりたまっていたので、台所の整理もかねて、キッチンソープを作ってみた。コメ油があったので、トレイスが早くなるだろうともくろんで入れてみた。苛性ソーダ液と油を合わせるところまでは大丈夫、いつもどおり。で、コメ油を入れていたので、苛性ソーダ液を入れる最後のころになると、やっぱりトレイスが出てきた。ここでしっかりトレイスしなきゃと、ブレンダーを出してきてしっかりやったつもりだった。型入れも終わって、さぁ、出来はどうだろうと、開けてみたら……
[ちぇ~~]の続きを読む
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/05/04(日) 23:27)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。