tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 アンデスプライ用ツール
andeanplytool
アンデスプライ用のツールを昨日から作っておりました。

[アンデスプライ用ツール]の続きを読む
スポンサーサイト
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/09/29(月) 00:09)

 リストウォーマーあれこれ
risutw2
あれこれ編み散らかしていたリストウォーマーができた。

[リストウォーマーあれこれ]の続きを読む
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/09/28(日) 06:06)

 ドミノ編みのバッグ 出来ました
domino3
ドミノ編みのフェルトバッグ。出来ました。

[ドミノ編みのバッグ 出来ました]の続きを読む
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/09/23(火) 13:01)

 縞黒檀の鈎針 使用感

hizakake2.jpg
縞黒檀の鈎針がやってきたので、早速編みたくなって、ひざ掛けを編み始めました。

[縞黒檀の鈎針 使用感]の続きを読む

knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/09/17(水) 12:41)

 フランス式のためのボスニアンクロシェの編み方
「毛糸だま 2008年秋号」とフラットクロシェフックに添付のリーフレットは、アメリカ式の編み方だったので、フランス式(左手に糸をかける)で編むときはどうなるのか、レポートします。

クロシェフックの持ち方
bosnian7
このようにクロシェフックを上から持ちます。

編み方
フックを鎖編み目の手前の糸に差し込みます。
bosnian8
このとき、フックにかかっている糸が目の糸と一緒になるまで
差し込みます。幅は1.2cmくらい。この幅が目の大きさを決めます。
右手の掌の中を使ってフックを押し込みます。
押し込むのと同時に、編地を持っている左手の親指で
目の糸がゆるまないように2本一緒に押さえます。
(緩まないようというよりも、このあとフックを引き抜きますが
そのときに、一度に引き抜きやすいようにするためです)

bosnian9
フックを左手にかかっている糸の下からまわして糸をかけます。

フックにかかった糸を引き抜きます。
bosnian10
フックにかかった糸を幅の広いところまでもってきて、緩めて
次の目にフックを入れます。以下繰り返し。

本とリーフレットにはアメリカ式のやりかたで載っているので、
クロシェフックの持ち方もぜんぜん違います。
あの持ち方だとちょっとやりにくいなぁと思いました。



knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/09/15(月) 14:34)

 どうしてもやりたくなったんだもん
domino1.jpg
ドミノ編みのバッグ


[どうしてもやりたくなったんだもん]の続きを読む
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/09/13(土) 17:39)

 自分仕様にカスタマイズすること フラットクロシェフック
フラットクロシェフックをちょっとカスタマイズしてみました。

鎖編み目の手前側にフックを入れるのですが、
bosnian3.jpg
そのままだと、引っかかりやすいので、
ちょいと先を丸くなるように、やすりをかけてみました。

アルミで出来てるので、金工用の目の細かい仕上げ用のやすりだと、
簡単にきれいになります。(↓写真)

bosnian4.jpg

こうやると、編むときに目の糸に引っかからなくて楽。

で、自作のアイスキャンデーバークロシェフックと比べると
bosnian5.jpg


こんな風に違います。
鍵の幅がフラットクロシェフックのほうが広いので、鎖目の編み目がちょっと大きくなります。これがポイント。
目が大きくなると、フックの先を入れやすいし、編みやすい。
伸縮性もよくなりました。
やっぱり実物があるのとないのとでは大違いですね~。

重さはアイスキャンデーバーフックのほうが断然軽いのですけれど、
まぁ、フラットクロシェフックも小さいものだから、気にするほどのことでもなさそうです。

林ことみさんの、アメリカ式の糸のかけ方(右手に糸)だと、
 鎖目にフックをつっこむ  
→フックの先に右手で糸をかけて引き抜く
→フックの1.2cm幅のところまで糸をもってきて緩める
 左手でフックにかけた糸がしまらないように持つ(フックを持ち替える)
→右手で持ってたフックを離して、糸をフックの先にかける
→フックを右手に持ち替えて、引き抜く
という風になるので、慣れが必要。(私の場合)

最初からアメリカ式で編んでいる人にとっては、きっとすんなり編めると思います。

フランス式の編み方(左手に糸)だと
 鎖目にフックをつっこむ
→左にかけている糸をひっかけてフックを抜く
→ゆとりを持たせてフックの広いところまで糸がかかると、
 右人差し指で糸を押さえる(持ち替えなし)
→鎖目にフックを突っ込む(右手でフック上の糸を押さえたまま)
→右手で糸を押さえたまま、左手の糸をゆるめにひっかけて抜く

ということになります。

読むとややこしそうだけれど
やってみると、とっても簡単です。

knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/09/09(火) 17:41)

 フラットクロシェフック 
bosnian2.jpg

フラットクロシェフックが手元にやってきました。
同封していたリーフレットに編み方と、リストウォーマーの作り方が出ていたので、早速編んでみました。
編み方の紹介をしている林ことみさんは右手に糸をもつやりかたなので、それもやってみましたが、ちょっと編むのに、慣れないし、時間がかかるので、いつもどおりに左手に糸をかけて、テンションをゆるめて、右手でフックを持ちながら、糸が締まらないように指で押さえながら編んでみました。
結局右手で糸をかけるなんてやりかたでなくても、ちゃんと編めました。

本場のフラットクロシェフックは鈎針の先がちょっと幅があって、その幅があるので、最初の鎖目を編むときも、目が小さくならずにちょうどいい感じに出来ました。
鍵の大きさもポイントのようです。
並太の糸で編むときは、こちらのもののほうが編みやすいと感じました。
アイスキャンデーのバーで作るフラットクロシェフックも、太いものだと同じように作ることができます。

今回は手紡ぎ糸を使ったので、毛羽がよく出ていたので、ちょっと絡みやすかったです。
金属のものは、ちょっとひっかかりやすいかな。
日本の鈎針は金属のものでもきれいに丸く研磨されているので、糸が引っかかるってことはないのですが、このフラットクロシェフックは滑らかに研磨されているのでなくて、ちょっと荒削りという雰囲気もあるので、自分できれいにやすりをかけようかななんて思いました。

でも、あっという間に作品になっていくこの編み方をやっていると、あれこれ編んでみたくなっちゃいました。

一緒に写っているのは、黒檀の鈎針セット。
見ると、どうしてもほしくなって買っちゃいました。
手に持ってみると、とても軽いです。
これは編みやすいな~と思いました。
鉤針編みはあまりしないので、慣れないせいもあってか、金属の針を使うと、どうしても指や手が凝ってきます。
でも、持ち手のついたこの黒檀製の鈎針だと編みやすいとすぐにわかりました。
モチーフ編みも編んでみたいな~。


knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/09/07(日) 00:12)

 秋の牧場イベント
9月10月の秋の牧場のイベントからちょっと紹介。

牧場秋のイベント

草木の採取と草木染め体験&ハーブフォンデュでランチ
  (募集中)
 9月23日(祝)11:00~14:30
 場所 まきば夢工房
 料金 4,000円(体験・材料費・入場料込み) 定員 20名

草木染めとウールの手紡ぎオリジナルマフラーをつくろう!3日間講習会(募集中)
 9月23日(祝)・10月14日(火)・28日(火) 10:00~15:30
 料金 4,500円/3回(体験・材料費・スピンドル込み)
 定員 15名
 
9月23日は草木染め 10月14日、28日がスピンドルで紡いでマフラーを編む講習になっています。
10月の講習に講師をするので、ぜひぜひ興味がある方は参加してください。
10月の講習のみでも受け付けています。詳しくは六甲山牧場まで。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2008/09/03(水) 21:54)

 ボスニアン・クロシェというんだそうだ
bosnian1.jpg毛糸だま秋号に載っていたフラットクロシェフック(例のアイスキャンデーバーで自作した鈎針)での編み物が紹介されていた。

また出てきたんだ~ということでうれしくなってしまった。
なぜってフラットクロシェフックが通販できるから。
紹介されていたものは結構太目の糸で編まれた帽子。
なかなかかわいい。(でも、鉢周りがサイズ的に小さいので、自分用には目数調整が必要)

この編み方って、世界のあちこちであったようだけれど。
だから羊飼いの編み物なんて名前があるらしい。
地方の名前をとってボスニアン・クロシェって名前がついているんだけれど、私は「羊飼いの編み物」って名前のほうが好きだな~。
きっと羊飼いが羊を放牧しながら、紡ぎながら、編みながらやってたんだろうと思う。
先のとがった棒針だと、何かの拍子に怪我をしそうだし、このフラットクロシェフックだと怪我もしそうにない。
ひたすらぐるぐる編んでいけばいいわけで、とても速いし簡単。

ということで、以前娘たちに編んでいたグローブとミトンが小さくなったので解いて編みなおし。
5本指のグローブが2日で出来てしまうというのも、お手軽。
しかも手のふくらみに合わせて、増し目をしたりして、編んでいるので、ゆったりしつつちゃんとフィットするグローブになった。

knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2008/09/03(水) 07:43)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。