Archive2009年02月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

バスケット編みを左から編む

バスケット編みのマフラーはどんどん進んでいます。しょっちゅう編地をひっくり返すのが面倒くさくて、とうとう往復編みをはじめました。左から編んでます。普段糸は左手にかけているんですが、左から右へ向かって編むときには、糸を左にかけつつ、アメリカ式の編み方になってます。アメリカ式の編み方ってよくわかってなかったんですが、これでわかるようになりました。...

  •  0
  •  0

糸巻きスピンドル

No image

糸巻きスピンドル菜ばしに糸巻きを突き刺しただけの簡単スピンドルです。糸巻きは木で出来ているので、重さがちょうどよく、ホイールの直径は小さめなので、かなり速く回ってくれます。細番手の糸だと、そのまま糸巻きに巻いてしまえばいいので、楽チンかな。でも、撚り止めをしないといけませんが。あんまり量を巻けないので、実用向けじゃありませんけども。にしても、また始まっちゃった。スピンドル作りたい病。あれこれ見ては...

  •  2
  •  0

とても簡単なネックウォーマー

もっちもちの糸はこうなりました使用糸 手紡ぎ糸 六甲山牧場コリデール ?染め(草木染め)    トップホイールスピンドル ナバホ撚り 並太使用針 10号輪針ほんとにこれもあっというまに編めてしまいました。ボタンをつけようかどうしようか迷ったけれど、すんなり閉じ合わせてしまいました。ちょっとだけゆるめだけれど、身に着けるととってもぬくいです。...

  •  0
  •  0

どちらが速いか

No image

トップホイールスピンドルと、ブイヨンスピンドルと、どちらが速く紡げるか比べると、私の場合は断然ブイヨンスピンドルに軍配があがります。紡ぐ速さはそれほど変わらないけれど、スピンドルに巻き取る速さがブイヨンスピンドルのほうがずっと速いから。それと、トップホイールスピンドルでは巻取りのときに、糸にテンションをかけているので、ちょっと糸に負担がかかっているような気がします。トップホイールスピンドルはドロッ...

  •  0
  •  0

紡ぎながらナバホヤーン ダウンホイールで

トップホイールで紹介されていた紡ぎ方なんですが、ダウンホイールでもできないかと、挑戦してみました。紡げます。がスピンドルに巻き取っているのはS撚り(撚り合わせしたあとだから)でも、紡ぐときはフックから上の部分はZ撚りになります。そうすると、ダウンホイールのときは、心棒に巻き取った部分が、ゆるんでほどけるときがあります。そうなっちゃうとちょっと紡ぎにくい。トップホイールのときは、巻き取った部分とフック...

  •  0
  •  0

紡ぎながらナバホヤーン

No image

紡ぎながらナバホヤーン、やってみました。最初、太さの調子がよくわからなかったので、太くなったり細くなったりの糸ですが、結構細めに紡いでも、3つ撚りになるので、いい感じです。ぶら下げて紡ぐドロップスピンドルなんですが、撚りもそれほどきつくかからない感じだし、これはちょっと大好きなスピンドルになるかも。これは紡いでは撚りあわせをしていくやりかたなので、糸が紡ぎ終わったら、即そのまま編み始めることが出来...

  •  0
  •  0

トップホイールスピンドル

百円均一で↑のようなインセンススタンドを見つけちゃいました。すぐに↓のように変身してしまいました。ホイールにもともと空いていた穴はねじがするっと入ってしまうので、爪楊枝でつめて、そのあとヒートンをねじ込みました。トップホイールスピンドルです。これで紡ぎながらナバホ撚りするというやり方を練習しようと思います。わ~い、楽しみ~~~。...

  •  0
  •  0

ウールの会の会長になりました

No image

今年、神戸ウールの会の会長になりました。年々、会員さんの年齢が上がっていくので、皆さん、なかなか活動をしにくくなってしまって、人数が少なくなっています。でも、残ったメンバーは皆さんウールクラフトがとっても大好きな方ばかり。少ない人数なら少ない人数なりの活動の仕方があるんじゃないかと思っています。新しい人を誘うためにも、ウールの会のPRをやっていこうと思いました。ブログを開設しました。神戸ウールの会ブ...

  •  4
  •  0

バスケット編みの糸

野呂くれよんのバスケット編みのマフラーの白糸。六甲山牧場のコリデール。ふわっふわに紡ぎました。手紡ぎならではの糸だから、ちょいとひっぱると極細。でも糸をゆるめると中細よりちょっとだけ細いくらいになります。...

  •  0
  •  0

どんどん伸びて

No image

ここまで進んできました。糸の結び目があって、その途中からの糸ですが、こんなにあります。これで多分1/4くらい。あと3玉、糸は残っているので、この調子だとミニマフラーじゃなくて、ちゃんとしたマフラーになるかもです。...

  •  2
  •  0

野呂くれよん マフラー バスケット編み

野呂くれよんと白の手紡ぎ糸をあわせて、あじろ編みのマフラーを編もうかと。...

  •  0
  •  0

野呂くれよんに魔法をかけて

No image

野呂くれよんを撚りを戻して、2本を1本ずつにわけて、再び、糸が切れないくらいのゆるい撚りをかけて、魔法をかけています。途中で結び目があったので、その箇所でいったん手を止めて、再度作業をしたので、全部で4つの糸玉ができました。色が白っぽい右側の糸玉は、まだ仕上げの撚りをかけていません。ねじりかせにしたほうは、かせにした状態だと、単糸のはずなのに、くるくるしないで、そのまま編めそうです。糸が細めなので、...

  •  0
  •  0

キヒノヴィッツの作り目

昨日のオフでバビさんと、ああでもない、こうでもないと四苦八苦していたキヒノヴィッツの作り目をようやく編めるようになったので、わかりやすく紹介してみます。作り目の写真の工程3まではわかるんです。その後、わけがわからなくなって、鎖目の向きが逆になっちゃうということになるんです。作り目の難しさから、なかなかキヒノヴィッツのリストウォーマーを編むっていうのがハードルが高くって、断念ということになってたんじ...

  •  3
  •  0

編み物グループ 関西オフ

昨日は関西オフでした。なんとも楽しい一日でございました。数日来より、スピンドルの準備やら、あれやこれやとやっていて、やった~、当日だ~と遠足の気分でわくわくしていたんですが、朝は寝坊しちゃいました。先日に持ち物の用意をすべてしていたので、よかったです。で、今日はやっぱりというか、スピンドルオフみたいになっちゃいました。初めての方たちばかりだったので、とりあえず、紡ぐってどうするのかという、一番基本...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。