tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 printO'the wave 10模様なんだけど
wave6.jpg
10模様目まで編んだけれど、
やっぱり…………ちいさい。
これをびよ~~~~~~~んと精一杯伸ばしたところで、あんまり大きくなってくれそうにないな~。
しかも今編んでいる糸はかなりの強撚。脂も残ってて、仕上げたら、少しはましになるかなと思うけれど、糸としての出来は満足じゃない。
この糸使うんじゃなかった。
でも、ここまで進んでしまったら、このまま突き進むぞ~って感じなので、とりあえず、続けて編む予定。
パターンをどのくらいの数にするのか、ちょっと考えないとだめね~。


スポンサーサイト
spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/30(火) 07:45)

 ブルーフェイスを紡いで
blueface2
波乗りショールの合間にちょっと休憩。
ポンタさんのところで、「これちょっと紡いでみない?」って分けていただいたブルーフェイスのベリーをレース糸に。
羊毛の繊維の数、わかるっかな~~~。
5円玉スピンドルで紡いでいるんだけれど、紡いでいるときには、この糸になるまえの繊維がわかる三角形の部分しか見ていません。
blueface1
スピンドルに巻きつけている部分はこちら。
こんな風に綾になるように巻きつけると、絡まらなくて調子いい。最初からS撚りに紡いでいるので、これは単糸で編むってことね。
ということは、木枠に巻いて蒸して撚り止めが必要。


spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/29(月) 06:40)

 糸の太さがね~
wave5
波乗りショールは順調に進んでいるんだけれど、糸を継いだら、あらら。
太さが違って、なんだかな~。
この奥側が新しく糸をつないだ方。
糸は葉書一枚のドロップスピンドルで紡いだ糸なので、強撚でぱしぱしした糸。使うべきじゃなかったかしら。ドレッシングしたら、風合いもちょっとは変わるだろうかと思うんだけれど。解くのはちょっと躊躇。
これも見なかったことにしよ~作戦か?


spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/27(土) 06:43)

 今5模様終わったとこ
波乗りショールは今5模様終わったとこ。やれやれ~。
昨日は息子の買い物に出かけていたりしたので、ほとんど編めなかった。
パターン的には、繰り返しだし、1模様のパターンも12rowなので、それほど大変じゃないし。ただ、後からエジングをつけることを考えると、ふちに左右2目ずつ増やして、ガーター編みしたほうがいいかもしれないなと思う。
もちろん、端の目はすべり目で。
でも、この余分の端4目は今回は入れてないので、もうちょっと太目の糸で編むときは(←笑、すでに2枚目を編むつもりらしい)考えよう。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/27(土) 06:40)

 糸はこんな細さ
wave2.jpg
糸はこんな細さです。
番手はすっかり忘れているけれど、双糸です。
針は2号
こうなってくると、毛糸とはいえませんね~。笑
コットンのレース糸よりは毛羽があって絡んでくれるので、編みやすい。
夏はコットンのレース糸や絹糸で編んでもいいな~。
spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/27(土) 06:37)

 3模様
wave4
一度全部解いて、1パターン増やして編み始めて、3模様が終わりました。
細い糸なので、気を使います。結構力がかかるのですが、糸は切れません。
金属針なので、左の針の目を滑って落とさないようにだけ、気をつけてます。


spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/27(土) 06:36)

 こんなんです
gossamerweb13
ちょいと歩にモデルになってもらって、後姿。
ツバメよりも、かなり大きい。
透け感は十分あるんだけれど、毛羽が絡んでいるので、写真に撮ると透け感がそれほど出てこない。
糸は太めなので、デイリーユーズ。
編んでいたときの糸の色の違いは、ぜんぜん気にならなくなりました。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/26(金) 09:40)

 波乗りショールCOしました
wave1.jpg

波乗りショールというか、
Print O' the Wave Stole

COしたんですが、………ちさい!
糸は手紡ぎ糸 ↓のGossamerの糸よりも細いのを使っています。
輪針は2号 
2号くらいがちょうどいい透け感になるだろうと予測したんですがね~。
これは解いて、パターンをもう1回増やさないとだめそうだな。
でないと、マフラーだかショールだかわからないものになりそう。
パターンはそれほど難しくもないので、楽しく編めそうです。
あ~、ほどかなくっちゃ~。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/26(金) 06:33)

 この瞬間がたまらん
gossamerweb10.jpg
ブロッキング中(とは言いつつ、これを書いているときには、すでに完成しちゃった)
身にまとっている写真は明日。

Diamond Triangular Shawl
使用糸 手紡ぎ糸 レースウェイト 六甲山牧場コリデール 生成り 70g
使用針 2号金属輪針
サイズ 長辺 143cm 103×103cm


ブロッキングすると、ごわごわぼわぼわとしていた編地がしっとり柔らかくなって、きれいに伸びてくれました。
ニットレースはこの瞬間が好き。田舎娘が突然レディに変身するみたいで。
そう、まるでシンデレラが、魔女のおばあさんのビビデバビデブゥの魔法で変身したシーンそのものって感じ。

普段使いのショールにしようって思ったのに、なんだかとってもグレイス。
でも、冷房よけに普段使いしちゃおう。

このパターン、また編みたくなるな~。色違いでも編んでみたい。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/25(木) 23:35)

 編みあがり
gossamerweb9
編みあがり。
編みあがって、やった~というところなんだけれど、現在、入浴中。
ブロッキングして仕上げるまで完成じゃない。
ブロッキングして、あ!ここが!なんてなりそうな気もするけれど。
でも、ともかくなんとか上がったかな。
糸は手紡ぎ糸を使ったので、色目も太さもちょっとまちまち。
そのへんが、微妙な上がり具合なんで、ちょいといまいちかな~。
ま、もともと普段使いのショールよ、と思って編んだので、こんなところか。
次回はちゃんと太さも色も同じように合わせて、手紡ぎ糸を紡がないといけないな~と実感。

追記
あり?今入浴中ってことは、ブロッキングはいつ、どこで??
う~ん、場所の確保が難しい~。
奥の手、速攻ブロッキングか?


spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/25(木) 22:33)

 あと半分
gossamerweb8
GossamerWebの三角のショール、斜辺のボーダーはあと残り半分。
竹針から金属輪針に変えてから、なんだか快調に進みます。
あともう少しでできあがりそう。うれしいなっと。
spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/23(火) 09:32)

 なんだかへん
三角のショールを編んでいるんだけれど、斜辺のボーダーの数がなんだか合わないんだわ。
一応ちゃんと拾い目したはずなんだけれどな~。
最初の拾い目の数を間違えていたのかしら?
だったら、また斜辺のボーダー、ほどかなくっちゃいけないわ。
針を抜いて、ぴ~~~~~って解くわけにもいかないので、解くのだったら一目一目、左の針に移しながら解かないとだめだし~。
あ~、どうしましょ。
gossamerweb7.jpg
もう一度数えなおして、拾い目をしたら、あれれ?35のエッジになるはずなのに、ちょっと多い。
ま、いいか~。少なかったらつれちゃうけれど、多少多いのはブロッキングで伸ばしてしまうから、それほど響かないかな~。
ということで、あと残り24エッジです。
にしても、糸の色が違うな~。仕上げに洗ったら少しはましになるかな~。
生成りのはずなのに。
あ~、久しぶりに紡ぎた~~~~い。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/22(月) 09:29)

 関西オフ 続き
野呂シルクガーデンに魔法かけ
さおみんさんが野呂糸を分解したいということで、スピンドルも持って行きました。
1玉を、スピンドルを使って撚りを戻して巻いていって、今度はそれをスピンドルから抜いて、2本にわけて、玉にまき、それだけだと撚りが甘すぎて、するっと切れてしまうので、再度スピンドルでちょっと撚りを加えるという魔法をかけていました。
いや~、1玉って結構な長さです。なかなかできませんでした。
結局、ブイヨンスピンドルごと、さおみんさんちへ行っちゃいました。
時間のあるときに、のんびりと続きをしてみてください。
自分がやったときは1玉のなかに、ちょうど半分くらいのところで結び目があったので、1玉を2玉にしてから作業をしていたので、それほど大変ではなかったんです。
1玉全部を一度にやろうとすると、かなり大変ですね。
さおみんさんが無事になんとか出来上がることができたらいいなと思います。

あみねこーず
みゅさんとみーこさんがあみねこさんたちを連れていらっしゃいました。
で、私も昔に編んだちびちゃん2匹を持って行ってました。
大きさがぜんぜん違うので、親子みたいに見えて面白かったです。
で、テーブルに置いていると、そばを通るたびにポーズが変わっているんです。
まるで生きているみたい。笑
子供たちがポーズをあれこれと変えて楽しんでいたようです。

素敵な作品がいっぱい
オフ会の楽しみの一つは、皆さんの作品が直に見られること。
この醍醐味はなんともいえず、うれしいし、楽しいし、感動します。

今日はみふさんのコーチェラ、きっと見られるだろうと思って、わくわくして楽しみにしていました。
日記の写真でも素敵だったんですが、実物はもっと素敵でした。
いや~、とってもかっこよかったです。ひたすらメリヤス地獄なんだけれど、首から編み始めて、袖付けもいらないし、ボレロを着用すればちっとも恥ずかしくないし、これは編まないと~と思いました。
(め)さんの着用されていた、ボレロ、カーデかな?背中の中央がクンスト編みになっていたもの、素敵でした。

それから、皆さんのツバメ。
パターンは同じなのに、全部違うんです。針の号数も違うし、使った糸の太さも違うので、雰囲気がぜんぜん違ってて、これもまた面白かったです。
さおみんさんと、冷房が結構効いてた部屋で、二人で羽織ってました。
ちょうどいい冷房よけになります。

Akochiさんのプルもとってもおしゃれでした。
あの赤、かっちょいいな~と思います。
自分じゃなかなか手が出ないかっこよさの色目だったんです。
そしてきれいなメリヤス編みの編地。
ため息でちゃいます。

お昼を買いに出たときに、湊川神社で結婚式がありまして、披露宴会場まで、新郎新婦が人力車で練り歩きなさってました。
雅楽(神官が生演奏)を先達にして、人力車には青い紫陽花の花が飾られて、綿帽子の新婦さんがとてもきれいでした。
参列者(親族)の皆さんが後ろについて歩いていらっしゃいました。
(会場にいくまで歩くとはいえ、今の季節、新婦さんも含め、あわせの着物を身にまとっているのは、どれだけ暑いだろうかと。汗だくになってることだろうな)

例によって、かわいい子供たちは、娘たちがお守りとなって、
というか、娘たちが遊ばれていたような気もしないでもない。笑
楽しんでくれてたみたいだったので、ちょっとほっとしています。
鳥取からちくちくさんがいらしていたんですが、娘さんもご一緒で。
娘さんはうちの娘たちと同学年だったんで、娘たちは大喜びしておりました。
早速メアド交換してたみたいです。

買いました
今回も、何も買うまいと思って出かけるんですが、手がでちゃいました。
090613.jpg
ユニオンさんで、ナイフメーラ
フィヨルドとは違う色目なんで、これで靴下編みたかったんです。
ウェンディさんのつま先から編む靴下、やってみよ~。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/14(日) 09:24)

 関西オフ会
今日は関西オフの日でした。
今日はタティング講習。
ということで、一番教えやすい有彩先生の本とNHKおしゃれ工房の本を持っていきました。

さおみんさん、みゅさん、みーこさん、ちくちくさん、ぺんたさんと一緒にタティングをやってました。

久しぶりに初めての人に教えるので、ちょっと戸惑いました。
なんだか忘れてしまうもんですね~。
普段自分が何気なくちゃっちゃと編んでしまっている事柄なんですが、細かいことも全部再度確認しないといけません。
それに有彩先生の本に書かれているやり方で、自分と違う部分もあったりして、あれやこれやと、少しずつ変えながら、講習しました。

でも、皆さん初めてなのに、ちゃんと編めるようになりました。
いや~、びっくりというか、なんというか。
タティングって本の説明を一度読んだくらいではすんなりと理解できるものではないし、すぐ簡単にできるっていうものでもないので、最初、できないわ、私には無理って挫折してしまうと、ちょっと続けるのが難しいのですが、今回は皆さんちゃんと巻き目を移すということもできるようになって、お花のモチーフを編めるようになったので、良かったです。
ぺんたさんはタティングをしていらっしゃるので、助っ人で助けていただきました。ありがとうございました。

1py cobweb ( 25g/350m、1/14.5 NM )とShetland supreme 1ply Gossamer ( 20g/320m、1/16 NM )
cobweb.jpg
2つの糸を解毛してみると、理由がわかりました。
写真の上にあるのがcobweb、下がGossamer。
明らかにcobwebの方が羊毛の繊維長が短いのです。
繊維長が短いと、撚りを多くかけないと糸にはならず、Gossamerのほうは繊維長が長いので、cobwebに比べて撚りが甘くても糸になっています。
それと、みーこさんと話していたんですが、両方の糸はどちらもZ撚りでフランス式で編む私の場合は、Z撚りの糸は編みながら逆の撚りをかけてしまいますが、みーこさんの場合はアメリカ式で編むので、Z撚りの糸は撚りをどんどん加えてしまうということでした。
ということで、Gossamerの糸はフランス式で編む場合、撚りがほどけて、するっと抜けて切れる場合があるので、注意が必要ということでしょうか。
かせから玉に巻くときにも、糸には撚りをかけながら、あるいは撚りを戻しながら、巻くことになります。これは、織り糸を木枠に巻き取るときも同じなんですが。巻くという動作が撚りをかけることと同じなので、それにも注意が必要なのでしょう。

どちらの糸も今回じっくり見せてもらったんですが、14番手と16番手。
私が紡ぐ双糸のレース糸の方がまだ細くて、しっかりしていました。
この番手は私の場合は双糸にあわせて、サンカグローブの糸だなというところでしょうか。
糸の太さから思うに、2mmの針でもちょっと細めだなと思いました。
この番手だともうちょっと太い針で編んでもいいのじゃないかなと感じました。


オフのレポート、まだ続きます。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/13(土) 22:20)

 Y字リリアン編みに向いてる糸
ririan2.jpg
たとえば、こんな極太毛糸。
こんな太目の毛糸は普段は紡がないのですが、ちょっとやってみました。
このくらい太目の糸になると、2目のリリアン編みをしたら、なんだかちょうどいいふんわり感。Iコードは4目だけれど、2目のリリアン編みもちょっとしたIコードみたい。
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/11(木) 09:18)

 Y字リリアン編み
ririan.jpg
ずっと前から欲しかったものです。
2本フォークみたいな形をしたリリアン編み機。
リリアン編み、昔々子供のころ、プラスチックのそれで、リリアンの紐を、ただひたすら編んで紐を作っていたことを思い出します。
あのころはリリアン編みのコードがいろいろあって、もっぱら段染めの糸で編んでましたっけ。
あのリリアンとほとんど同じことをしているんだけれど、本数がたったの2本ってことだけなんです。
2本の間隔が開いているので、使える糸は極太くらいの毛糸か、裂き織り用の布テープってところかな。2目だけのリリアン編みなんで、なんとも面白い表情を出してくれます。
ひたすら紐を編んだら、これ、ナニに変えようかしら。

隣に写っているのは一緒に買ったハサミつき糸巻きボビン。
ボビンに巻かれている麻糸がやたら油くさくって。びっくりです。
そんなに長さがないから、ラッピング用かしら。
ハサミはまるで花切狭の小さいバージョン。でも、すっごく切れ味シャープなんです。

ぽちっとしてしまったのは ここ です。

追記
このリリアンは太めの糸専用になりそうだから、手紡ぎの太い糸を使ってリリアンを編んで、くるくるっと丸めて、コースターにするかな~。リリアン編みの後にフェルト化するのも面白いかもしれない。
届いたものは、ちょっと研磨仕上げが足りなくて、毛糸を使うと、羊毛の繊維がひっかかるので、再度細かい番手の紙やすりで仕上げ磨きをしました。ちょっとのことで、使い勝手がよくなるので、このへんは手抜きなしで。
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/06/10(水) 23:48)

 野呂バスケット編みマフラー
noroajiro7
野呂くれよんの糸を分解してちょちょいと魔法をかけて、仕上がりました。
色目が暗かったので、白を加えて、ちょっと鮮やかに。

使用糸 野呂くれよん 1玉 手紡ぎ糸 白 計104g
使用針 4号輪針
大きさ 2m20cm×14cm

noroajiro8

あゆみにちょっとモデルになってもらって、ぱちり。
結構ゆったり巻いても長さが十分あります。
編みあがりは結構ごわごわの手触りがありましたが、仕上げに洗ったら、ふんわり柔らかいマフラーになりました。
    
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2009/06/10(水) 20:20)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。