tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 
*1248164722*[spinning]お花スピンドル
flowerspi1お花の防虫剤を使って、トップホイールスピンドルにしてみました。
11gと軽いスピンドルなので、レース糸を紡ぎやすくて、ついついお試し紡ぎしちゃいました。
花びらの切れ込みが、糸をかけるのにちょうどよくて、とても紡ぎやすいです。
このスピンドルの利点は羊毛を両手を使って操作できること。
ぶらさげて紡ぐので右手はスピンドルを回すときだけ、心棒を回しますが、それ以外は紡ぐのに使える。
紡ぐのには立ってするのが一番向いているスピンドルです。


flowerspi2
アンデスプライで双糸にしました。
普段使いのレース糸って感じです。
極細糸よりも細い糸です。
サンカグローブを編むのに、ちょうどよさそう。

*1248186218*[spinning]浦島太郎に
[f:id:teaange:20090721231834j:image]
上のお花スピンドルで紡いでいるのはブルーフェイスのトップ
このトップは実は5年前のもの。
だから微妙に色も白から生成りへ変化しているし(これはおそらく羊毛の脂ラノリンのせい)きれいなスライバーだったのが、経年変化で、ぼわっとした感じに変わっています。実は手紡ぎをするのには、こんなふうに羊毛のもともとのクリンプが戻ろうとしているほうが紡ぎやすいのです。トップは機械的に無理にクリンプを伸ばしてしまっているので、紡ぐのにはいまいちだし、できた糸もなんだかつるんとしていて、張りもなくなってしまうのです。ということで、こうなってしまうと、かなり羊毛の繊維もひっつきひっつきの状態なので、少しずつ引っ張って羊毛を出してはハンドカーダーにかけています。作品にしたあとで、仕上げに洗うけれど、そのときには、もうちょっと白くなってくれたらいいな~。

追記
トップのスライバーが滑って紡いでいて、するすると抜けて紡ぎにくいとき、トップの状態でクリンプを戻す意味で、そのまま蒸すということをします。蒸すと不思議に上記のスライバーのようにもこもこっとして紡ぎやすいスライバーになるんです。
スポンサーサイト
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/21(火) 10:19)

 一日レース糸紡ぎ
今日はほぼ一日レース糸を紡いでいました。ずっとじゃなくて、適度に休みながらですけれど。
昔々に紡いだシルクメリノのトップを出してきて紡いでみました。
silk1.jpg
トップだけあって、するすると細い糸が出てくるんですけれど、ちょっと油断するとすぐに、するりと抜けてしまったり、ちょっと太めになってしまったり。トップはきれいに梳いてあるけれど、繊維がくっついているようで、カードでふんわりと繊維をほぐして空気を入れて、繊維の向きを揃えてという感じじゃないので、紡ぐのにはやっぱりちょっと注意が必要です。
シルクが20%入っているので、きらきらしててきれいです。
昔々紡いだ糸は↓これ。
silklace4.jpg

この糸で「子羊の草原」編みたいな
spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/16(木) 08:10)

 ハンドカーダーの選び方
handcarder1.jpg
ハンドカーダーのお話。
手紡ぎをすると、必要になってくるのが羊毛をふわふわにほぐして繊維の向きを揃えるのに使うハンドカーダー。いろいろなサイズがあるけれど、かなりの頻度で使うものなので、選ぶのにこつがいります。

1.重さが軽いこと これ重要 
2.針目は2種類あります。
 粗め ロムニー以上の太番手(毛番手) 羊毛の繊維が太いもの用
    お店に行くとハンドカーダーくださいっていうと、大抵これをもってこられます。
 細かい目 コットン、メリノ、シェットランド、コリデールなどの細番手用(毛番手) 羊毛の繊維が細いもの用。シルクやアルパカ、カシミアなどの獣毛を混紡するときや、色をきれいに混色したいときなどはこちらが便利。

2つのポイントで選ぶことが重要。自分がどんな糸を紡ぎたいのかによって使うカーダーも変わります。私は中細以下の細番手をよく紡ぐので、いつも使っているのはコットン用のスチューデントミニというサイズです。アシュフォードから出ているもので一番軽いのがこのタイプ。コットン用なんていってるので、コットン用なんだと勘違いしやすい。

写真の画像では
A アシュフォード スチューデントミニ コットン用
B アシュフォード スチューデントミニ ウール用
C おそらく川島テキスタイルの紡ぎ教室で購入されたもの。ウール用
  (神戸ウールの会経由で手元に来たので、よくわからないのです)

現在アシュフォードのスチューデントミニのタイプは写真のものより合板が厚くなっているので、このタイプのものよりちょっと重い目になっています。

針布の細かさは以下の写真を参考にしてください。
handcarder2.jpg

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/14(火) 08:01)

 20番手の壁
今日双糸にあわせたレース糸を番手計算してみました。
双糸で16.5番手 なので、単糸では33番手
う~~~ん。結構気を使って細めに紡いだつもりだったのに、まだ40番手にも届かない。くやし~~~。
目標は双糸で40番手(単糸では80番手)
まだまだ夢のまた夢。
ただ、波乗りショールに使う糸なので、もっと細くなんてすると、作品のバランスが悪くなるので、とりあえず、この辺の番手で紡ぐ予定。
過去記事をたどってみると、3年前に18番手を紡いでた。(単糸で36番手)
ちっとも上達してないやんか~~。
かなりへこんだ。撃沈。


spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/13(月) 07:59)

 printO'the wave 糸玉たち
wave9.jpg
波乗りショールを編むためのレース糸。
径5cmくらいの丸い厚紙に巻きつけています。
これは双糸にするときに必要なボビン。
双糸にあわせながら、ボビンに巻き取って、そのあとの撚り止めは湿ったクロスに包んで、暖かい場所に置いて、クロスが乾いたらできあがり。
というとても簡単な撚り止め方法です。
湿ったクロスといっても、私の場合は手近なフキンでぎゅっと絞ったもので湿り気を与えて、ほったらかしにするというやりかた。
時間がたつと、ちゃんと縒れずに撚り止めになっています。

追記
レース糸の双糸
レース糸のような超細番手の糸は、双糸に合わせるときにはとっても苦労します。
普段やっている二つのスピンドルから、糸を引き揃えて、もうひとつのスピンドルで撚りかけして、巻き取るということはとっても難しい。
なので、どうするか。
最初に二つのスピンドルから、糸を引き揃えて、新しいスピンドルの軸に、撚りをかける向き(S撚り)に巻き取ってしまいます。
巻き終えたら、径5cmほどの丸い厚紙に糸の端を持って、糸が巻きついているスピンドルを反時計回り(S撚り)に回して、撚りをかけて、双糸にしていきます。撚りをあわせたら、ボビンに巻き取っていきます。
この動作の繰り返しで、レース糸を双糸にします。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/11(土) 07:56)

 編み物Gで紡ぎブーム到来!
グループの中でどんどん紡ぎ人口が増えていってますね~。
ブーム到来って感じですね。
数年前に(だったと思う)関東のほうで結構増えたな~と思ったんですが、今度はグループの中だから、全国各地って感じなんでしょうか。

紡ぎの世界、おもしろいですよ~~~。
ということで、私の一番最初の手紡ぎ糸です。

これはロムニー
そりゃ、もうなんていうか、単糸は撚りが強いところやら、スラブやら。
双糸にあわせてるので、なんだか見られるような糸になってるけれど、実際はちょいと使えない。
撚りあわせの加減も、強かったり弱かったり。下手っぴです。
でも、面白くって毎日くるくるしていたら、どんどん上手になりました。
みんなもくるくるやりましょ~~~。

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/10(金) 07:54)

 紡いでは編み、編んでは紡ぎ レース糸を紡ぐとき
波乗りショールは順調に編み進んでいるんだけれど、糸がどうも足りなさそうな気配。ということで、紡いでます。
紡ぐのに飽きちゃったら、編みに戻り、編むのが一段落したら、また紡ぎに戻りを繰り返しています。

紡ぎに慣れてきて、紡ぐ糸の太さがそろってきたら、こうやって、紡いでは編み、編んでは紡ぎということが出来るようになってきます。

最初から、ショールに100g紡ごうなんて取り掛かると、レース糸なので、とっても出来ません。1gのほぐした毛が糸になるまでに、すっごく時間がかかるのですもの。だから、最初から何g紡ぐなんて用意して、取り掛かると、とってもしんどいことになります。
梳毛糸紡ぐときだったら、ステイプル数本とか、セミ梳毛糸のときだったら、カードがけした羊毛数枚とか、で、区切りをつけてます。

このごろ編み物Gの皆さんのなかで、手紡ぎがはやってるみたいです。
あちこちでスピンドルで、紡毛機で、それぞれ紡がれた糸を見ていると、見ているこちらまで癒されます。あれって不思議。市販の糸玉を見ているだけだと、それほど思わないけれど、手紡ぎの糸だと、どれもこれも個性が出てくるようで、見ているだけでも楽しいです。
糸から自分で作ってしまって、編み物するって、憧れなんですね。
私は紡ぎから入っちゃったんで、よくわからないんですが、紡ぎをはじめた方たちにとって、私のやってることって憧れなんでしょうか?
目標にされてるのは、なんだかこそばゆい感じがします。
(だって、皆さんが紡がれている糸って、みんな可愛いし、きれいだし、個性的だし、あこがれるんですもん)


spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/09(木) 07:52)

 printO'the wave やっぱり小さい
wave7
ここで16パターン。
そのままの状態で32cm
やれやれ~、小さい。
17パターンで半分のはずだけれど、ちょっと小さすぎ。
1.5倍にしないとだめかな~。それとも倍か?
ともかく、まだまだ先は長い~~~。

ちょいと伸ばしてみたら
wave8
長さは53cmまで伸びました。ピンをはずして戻りを考えると50cm弱くらいかな。ということで、本体は1.5倍にしないとだめね~。

spinning knit lace | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/08(水) 07:50)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。