tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 おじゃみ座布団 
通販生活のカタログを見るのが楽しみ。
その中でこれ欲しいと思っていて、作れないかと思って早速挑戦してみたのが
おじゃみ座布団(お手玉の小座布団)
ojyamiza.jpg
巻きパンツの残り布で作ってみた。
大きいほうが50×25のサイズ、小さい方が40×20の布地4枚を縫い合わせてできた。
市販されているのはこの中間くらいのサイズになるみたい。
長方形の布地4枚を風車のように縫い合わせて、大きなお手玉を作っているようで楽しかった。
芯にはパイプ枕の中身をドーナツ型の布袋に入れたものを入れて、周りをポリエステル綿でしっかり詰めて。
小さいサイズのものは35cm直径、高さ16cmくらい。
大きなサイズのものは45cm直径、高さ17cmくらい。
正座をするときに、お尻に当てると、ちょうどいい高さでお尻を支えてくれるので、膝や足が痛くならなくて便利。
しかも綿が入っているので、あたりも柔らかい。
木で出来た正座椅子も持っているのだけれど、あれはちょっと硬い。
もちろん、正座椅子だけの使い方じゃなくて、お昼寝枕にもちょうどいいし、大きな方は背あてクッションになる。
大きな方も、小さな方もとっても使い勝手がいい。

中綿によっほど羊毛を詰め込もうかと思ったんだけれど、やめた。
羊毛はやっぱり毛糸にしちゃいたい。
でも、ポリエステルの綿よりも、羊毛綿のほうが断然好きだなと実感した。
詰め綿、足りないかと思って余分に買ってしまった。
残りはどうしようかな。余分に作る?
布地もたくさん眠ってるし。
手縫い派の私は床に座って仕事するので、このおじゃみ座はきっとなくてはならない友になりそう。

市販のサイトは洛中高岡屋
スポンサーサイト
縫い物 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2010/08/30(月) 00:53)

 県立美術館へ
県立美術館へ「水木しげるの妖怪展」を見に出かけてきました。
7月から足の調子が悪くて、遠出するのはちょっと自信がなかったのですが、夏休みに行こうと娘たちと約束していたので、行きました。
水木しげるは子供の頃のアニメの「ゲゲゲの鬼太郎」のイメージしかなくて、初めて原画を見るのです。
妖怪図鑑と鬼太郎の世界と、イメージの元になった江戸時代の妖怪画の展示でした。
水木しげるさんの原画は、緻密な書き込みが素晴らしくて、驚きました。
そして、画力の素晴らしさにも感動しました。
アニメだと、背景などは平板に見えますが、原画は汚れや影や質感までも丁寧に書き込んであって、素晴らしかったです。
海の表現、昔の江戸時代の家屋の表現、家財道具、それらが暗い影のなかから浮かび上がってくるような、とっても素敵なペン画というべきでしょうか。マンガじゃないなと思った日でした。
朝ドラでしげさんが必死になって原稿に向かってペン入れをしている姿を見ていますが、実際もっともっと手が込んでいて、全身全霊を注ぎ込んで描いていらっしゃるんだなと思いました。

それと、江戸時代の妖怪画もとても素敵でした。
浮世絵の範疇に入ってきますが、肉筆画もあるけれど、版画も多く、その細い細い線の描写にびっくりしました。
版画は完全な分業制になってて、版木を彫る職人さんの腕前には、言葉がありません。
昔の人の器用さというか、力量って、すごいものがありますね。
現代は便利になってしまった分、どこかそういうところを失ってきつつあるのかと感じました。
タイムマシンがあったら、きっと間違いなく、江戸時代の職人技を見に行きたいです。


diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2010/08/23(月) 18:04)

 幸運を呼び込むガラクタ追放術

幸運を呼びこむガラクタ追放術幸運を呼びこむガラクタ追放術
(2010/08/11)
ジーニー

商品詳細を見る

先日、本屋でぱっと目に飛び込んできた本です。
とてもわかりやすい文章で書かれていて、実践しやすく書いているんです。
身の回りのあれこれと(もったいないが高じて)しまいこんでいたガラクタを捨てると、幸福を呼び込んでくることが書いてある本なんです。
色々と整理整頓を少しずつ始めているんですが、捨てるべきものをどうやって選ぶのか、ついつい迷ってしまうときに、とってもこの本を読むと、納得して、物を捨てることができます。

実際に実践してみると、早速効果が現れました。
その日のうちに、不燃物用のゴミ袋が2パックもやってきました。
まだまだガラクタを処分したいな~と思っているところだったので、
渡りに船と言う感じです。
次はどんな幸運がやってくるんだろうと思うと、ガラクタ追放はわくわくします。

著者ジーニーさんのブログはこちら



ジーニーさんが紹介されている「マジカル・クリアリングで人生を変える」という動画があるので、紹介します。
マジカル・クリアリングで人生をかえる


diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:1
(2010/08/21(土) 18:03)

 石鹸をカットすること
savoncat.jpg
この夏、久しぶりに石鹸を仕込んだ。娘の自由研究のお手伝いなのだけれど。
そのときにココナッツオイル100%で作った石鹸が、とても硬く仕上がって(鹸化率95%)、いつも使うテグスではカットできなかった。
どうしようかと悩んでいて、マルセイユ石鹸のワイヤーだと切れるかなと思い、あの憧れのサボン・ド・マルセイユを入手した。
この木箱も、石鹸も憧れそのもの。
付属の石鹸カッターのワイヤーはなかなか使いよい。
もちろん、あの硬いココナッツオイルの石鹸もカットできた。
でも、ワイヤーだと力加減でゆがみがでたりする。(不慣れで下手なだけかもしれないが)
そういえば包丁でも切ることができたなと思いつつ、包丁で切ってみた。
マルセイユ石鹸は使いやすいように(というか、早く乾燥して欲しくて、ちょっと薄めにカット)
包丁がゆっくりゆっくりソープバーに入っていく感触。
テグスを使ってカットする前は、包丁で切っていたんだった。
あの感触が蘇って、なんだかとても幸せな気分になった。
とても高価なこの石鹸、洗顔用になるんだけれど(お風呂でも使ってるが)かなり長持ちしそう。
そして、硬かったココナッツオイルの石鹸も包丁でカットすることが出来た。

また石鹸生活が始まる。
ここちよいオリーブオイルの香りのいい石鹸と一緒に。
香料の入った市販の石鹸とは違う肌あたりがやっぱり好き。
diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2010/08/18(水) 10:43)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。