tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ウールの会 織り講習 ノッティング
knotting1.jpg
ウールの会の織り講習も最終日。
マフラーを織り上げた後、会員共同作品ということで、ノッティングをちょっとやっている。
秋のウールフェスタに展示する予定。
糸はナバホスピンドルで紡いだ糸。
グラデーションで色が変わっていく。
反り刃のハサミで切りそろえると、絨毯らしくなる。
一目一目ノッティングしていくのが、ちまちましているけれど、楽しい。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

スポンサーサイト

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/30(木) 06:31)

 豊かさって?
先日の世界ふしぎ発見を見て、つらつらと考えた。
ルーマニアの奇跡 明るい農村 マラムレシュ
baruさんが紹介してくださっていたので、録画予約いれて、しっかり観賞。
自給自足する素敵な農村生活のレポート。
川の流れを利用して作った自動洗濯機には驚いた。
マラムレシュのお母さんが織ったラグをそのまま放り込んで、桶の中のぐるぐる回る水(水は隙間から流れていく)で洗っている。洗剤なんて使わず、流水だけで洗う。
洗うことに洗剤が必要なんてのは思い込みだったんだと気がつく。

羊祭りの様子もとても楽しそう。
毛刈りもころんと羊を寝かせて、大きな握り鋏で刈っていく。
なんてシンプルなんだろう。

煙突のない家々の屋根裏では暖炉の煙を使って燻製作り。
マラムレシュの家々の木で出来た屋根瓦の造詣はとても憧れる。
(でも、雨の多い台風がよくやってくる日本の気候には合わないかな。)

お家の壁が青空だっていうのと、室内の色の洪水には驚き。
冬が一年の半分くらいになるだろうから、家の中は色で溢れている。
飾ってあったラグもとてもモダンな柄。
ナバホラグとよく似ていた。

マラムレシュのちょっと変わったスピンドルの紡ぎの紹介も。
手の中で回して紡ぐ紡ぎ方。
テレビを見ながらスピンドルを回してみたけれど、なかなか難しい。
後日実際に手持ちのスピンドルで試し紡ぎをしてみたら、
右手の腕が痛くなった。
ゆっくり撚りをかけて、太い糸を紡ぐ。
糸はラグ用なんだって気がつく。
ホイール部分が組み木細工になってて、音が鳴るように小さな玉を入れているらしい。
回すたびにきっと可愛い音がするんだろう。
男たちの工芸の技が使われているんだなと。
そういうスピンドルにも憧れる。

番組の最後にブラザートムさんが言ってらした言葉
「本当の豊かさってなんだろう?」
電気が充分に使えて、便利な生活を追及することが豊かだと思っていたけど……。

それを考えると、本当の豊かさってのは、便利の追求じゃないのかもと思った。
大規模停電にならないように15%節電なんて言っているけれど
(それは電力会社側の都合のいい理由付けってのはすでにわかっているけれど)
電気に依存するんじゃなくて、もうちょっと自然と寄り添って暮らすってのが大事なんじゃないかと思う。
今の日本に住んでいると、なかなかできることじゃないんだけど。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/29(水) 08:13)

 ロングマフラー完成
longmafura2.jpg
ウールの会の織りの講習で織ったマフラーが完成。
モデルは娘に。
longmafura1.jpg
縮絨かけたとき、糸が動き出す瞬間が好き。
織り上がったあと、機からはずした時は、まだまだぱりっとしていた織り地が縮絨の工程を経ると、柔らかい布に変化する。
使っていくうちに縮みは進むので、今回の縮絨もそれほどしっかりかけてない。
幅20cm 長さ3.4m(房含まず)154gの軽い長いマフラー
首にゆったり二重に巻いても、まだ両端は長く垂れる。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/27(月) 09:55)

 ノッティングの道具
ノッティングのときに、欲しかったナイフ。
絨毯を織る時、トルコ結びを一目一目作って糸を切るのに、ナイフが欲しかった。
douguknotting.jpg
アナンダで見つけて、購入。
インドからやってきたとてもシンプルなナイフ。
三日月形が面白い。
手元に届いて、自分で研いだ。
自分で手入れできるのがいい。

こちらは反り刃の和バサミ。
dougusoriha.jpg
昨年末に赤穂段通の工房に見学にいったときに、反り刃のハサミをみた。
赤穂段通は水平機で織っているので、段通の表面を整えるためには反ったハサミが必要。
刃が反っているので、織り地の仕上げにも使いやすい。
新しい道具を手にすると、やる気もUP。
あれもこれも、やりたいことがいっぱい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/26(日) 08:39)

 太い糸を紡ぐ ナバホスピニング
nabaho3.jpg
以前虹染めした極太糸を使って、マットを織りたいなと思って、太い糸を紡いでいる。
いつものスピンドルじゃ極太糸は紡げないので、ナバホスピンドルの出番。
chicoさんから頂いたマキノピックランドのコリデールを極太糸に。
ナバホスピンドルは撚りをとても甘くかけられるので、(というか、撚り加減が自由自在)ねっとり、じっくり糸になる瞬間を目で確認しながらの紡ぎ。
太さをなるだけ均一に紡ぎたいので、ローラッグにして紡毛糸。
ついつい細めになりがちなので、アンデスプライして双糸にあげている。
ふわっほわっと脹らむ柔らかい糸。
織って、縮絨をしっかり目にかけて、小ぶりのマットが作れたらいいな。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/24(金) 08:48)

 ちょっと染める
nzsome1.jpg
5月にまきもの工房さんのところでレイコちゃんに教えてもらったNZ染をやってみた。
少量の羊毛を染めるのにはとっても便利なやりかた。

染料の液がよくしみこむように液体洗剤を入れるんだけれど、今回はちょっと量が多かった。
しみこませるのに、ぎゅーぎゅー押さえていたら、泡が出てきちゃった。

この方法、ちょっとこの色が欲しいなんてときに、とても便利。
教えてもらったレイコちゃんに、感謝~。
ほんとにありがとう~。
nzsome2.jpg
染め上がった毛を脱水した後、どんどん毛ほぐししていく。
毛ほぐしするそばから、乾いていく。
きれいな藤色に染まった。
使った染料はダイロン(WindsorPurple)
ダイロンは色んな色をあれこれ買っているので、いろいろ染めようか。
フェルト化しないかとちょっと心配していたけれど、全然フェルト化しなかった。
こうやって少量を染めるのには、ビニール袋を使うというのは、便利。
鍋のふちに触れると、溶けるだろうから、ゆでる鍋はちょっと深めのフライパンを使った。
熱を加えると、袋はどうしても浮いているので、均一に染まるように、何回か上下をひっくり返した。
熱のことを考えると、ラップのほうがいいのかな?いろいろと試行錯誤してみるかな。
nzsome3.jpg
染めた毛を早速紡ぐ。
極細糸に。フェルト化していないし、カーディングするのもとても気持ちいい。
今年の牧場の毛なので、毛番手が細く、紡ぐとぬめりがあるような感触。
糸玉がどんどん増えていくのを見て、にんまり。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

dye | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/23(木) 08:59)

 ものは試し 麻を紡ぐ
「麻を紡ぐのには水をつけながら紡ぐのよ。昔はつばをつけながら紡いだものだけれど、水のほうがいいでしょ。」とはターシャの言。
『暖炉の火の傍で』には紡ぎ車にひょうたんをくりぬいた水入れがぶら下がった写真が出ている。

本にでているのはフラックス(亜麻)なんだけれど、調べてみたら苧麻も水を含むと強度が増すらしい。
ものは試しと水をつけながらやってみた。

rami3.jpg
ひょうたんなんてしゃれた器はないので、身近なもので。
350mlのペットボトルの上部をくりぬいて。
(ほんとは小ぶりなひょうたんが欲しいけどね)
rami4.jpg
スライバーをそのまま紡ぐので、楽に紡げるけれど、毛羽立ちがすごい。
水をつけながらだと、毛羽立ちが収まって、断然つむぎやすくなった。
夏用の軽いマフラーを作ってみたいと思っているけど。
水の入った器をそのままにしておいちゃ、水がこぼれたりしたら大変なんて思って、水を捨てようとしたら、見事に思ったとおりになっちゃった。うっかり取り落として、水浸しに。
あわてて、ふき取った。水だからよかったけど。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ



テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/22(水) 07:29)

 ウールの会 フリーレース講習
6月19日、ウールの会でフリーレースの講習会がありました。
水溶性シートの上に、糸や羊毛やリボンなど、思い思いの素材を重ねて、上に水溶性シートを重ねてミシンで縫って、そのあと、水でシートを溶かして、レースにする。
すごく面白かったです。
皆さん、それぞれ皆、雰囲気の違ったものができていました。

freelace1.jpg
freelace2.jpg
freelace3.jpg
freelace6.jpg

色も素材もいろいろです。
この後、上からシートをかぶせて、細かくミシンで縫っていきます。

freelace5.jpg

こうやって水でシートを溶かします。
すぐにぬるぬるになって溶けていきます。

freelace8.jpg
freelace7.jpg

脱水して仕上がりました。
まだ濡れているので、色目は濃いけれど、とても素敵な作品がいっぱい。

freelace4.jpg
私は夏向きの作品に仕上げました。
レースにしたくて。
↑糸を置いた状態

freelace9.jpg
↑仕上げ後。
ミシンで縦横に細かく縫っていくので、縮みます。
白い糸はウールを使ったので、ちょっと縮絨もしてるかな?
このあと、端にぴろ~んって出ている糸などを止めたり、モチーフをつなげたりして、もう少し長めにする予定。

糸を無造作に置いて、ミシンで押さえて布を作る。
これってものすごく面白いです。
織りとも違うし、編地とも違う。
自由な感じはフェルトにも似ているけれど、透け感が出てくるのはなかなか面白い。
素材もどんなものでもOK。
レースが大好きなんだけれど、この自由な感じも大好きになりました。
半端な糸も使えて、とっても楽しいです。


テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:4
(2011/06/20(月) 16:37)

 使いやすい!
menbou2.jpg
仕上げをした麺棒を使いたくて、肉まんに挑戦。
使いやすい~。
ふちが薄く、中央が厚くっていう皮にちゃんとなる。
麺棒を使うのは端の斜めになっている部分。
皮をくるくる左手で回しながら、皮のふちを麺棒で伸ばしていく。
手作りの皮なので、結構どっしりとしたボリューム。
3つでお腹いっぱいになりました。


kitchen | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/18(土) 10:06)

 雨音を聴きながら、ただ無心に紡ぐ
rami2.jpg
今日は雨音を聴きながら、ひたすら紡いでいました。
昨日、白鶴美術館の神戸学院大のインターンシップの打上げで一緒だった牧場スタッフの方と紡ぎ談義。
紡ぎって癒しだよねって話で、やっぱり紡ぎたい気分になった。
ラミーはスライバーなので、そのまま小さくちぎって、ふわっと広げて梳毛に紡ぐ。
ショートドローでただひたすら。
なにも考えず、するするするするするする~~~。
紡ぐってことは本当に癒される。
あれこれ作品にするのも大好きだけれど、一番すきなのは紡ぐこと。
明日は一日織り講習。
天気がいまいちでも、手仕事日よりって思って、じっくり腰をすえて、できる毎日。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/16(木) 23:04)

 素敵な日
昨日、友だちのchicoさんがいらしてくださった。
ナバホスピンドルの使い方と、米ぬか洗いの講習。

見せていただいたナバホスピンドル。
とってもがっしりした作り。
このホイールだと、しっかり回ってくれるなと。
お聞きすると、伊久美の日々にのやまんばさんの旦那さんが作ってくださったとのこと。
スピナッツにもよくご登場されるやまんばさん。
実は、こっそりブログも拝見しておりました。
素敵な道具が入っていたのは、chicoさんお手製の、Yシャツの袖をリユースして作ったスピンドル袋。
ホイールが結構大きめだったのに、すんなり入ってぴたっとあつらえたように収まってる。
やっぱり道具を大切にするのには、ちゃんと専用の袋がいいなと、実感しました。

ナバホスピニング
chicoさんは、すぐに楽に紡げるようになっていらっしゃいました。
ナバホスピンドルは甘撚り、太目の糸を紡ぐのにとても向いているので、出来た糸はとても柔らかい。
また素敵な作品に変身していくんじゃないかと思います。

米ぬか洗いは、本当にびっくりするくらいに、え?そんなので汚れが落ちちゃうの?という洗い方。
今回は毛先の汚れが落ちやすいように、予洗いを一度だけしました。
(といっても、お湯につけて、1度だけつけたお湯を変えたくらい。ほとんど触ってない予洗いです)
ただ、漬けておくだけでとてもきれいになりました。
脂分は適度に残して。
米ぬかは洗う羊毛の1割の重さなんだけれども、米ぬか液の濃さをみると、もうちょっと多めでもいいかなと思いました。
温度だけ気をつけたら、あとはとてもフレキシブルな洗い方です。

chicoさんとはブログでのやりとりで、いつも仲良くしていただいているんですが、とっても素敵なライフスタイルにはいつも尊敬しています。
chicoさんの手から作り出されるいろいろなものは、言葉で言い表せないくらいに素敵なものばかり。
手作りケーキもとてもおいしそう。素朴ながら、とても手の込んだものもあるし、いろんなものが、その地方の歴史をしょってるというか、本物!なんです。

いろいろなところで、共感できる部分が多いので、お話は尽きず。
手仕事から子育て、生きるってことから、不思議系のお話まで。
たくさんお話しました。

201106143.jpg
持ってきていただいた、餃子用麺棒を見せていただいて、
小さなサイズの麺棒の両端を落としている理由も、お話していたら、「あ~、なるほど」
使い方も教えていただいて、納得。
ということで、なだらかなラインになるように、削りなおして、仕上げをしました。
どんな道具でも、その形には全部理由がある。
買うと簡単だけれど、自分の手に合ったサイズで、自分仕様の道具をつくる楽しみはたまりません。

201106144.jpg
分けていただいた、ピックランドのコリデールの毛。
お尻の部分の毛なので、フリースの中では毛番手が一番太い部分。
コリデールなので、毛番手は細めなんだけれど、ものすごいバネがあって、弾む毛質。
「あなた、フランスでしょ~」っていうくらいのバネなんです。
太目の糸に紡いで、マットとかにしたら、ブワンと脹らむ素敵なマットになりそう。
柔らかい毛も大好きだけれど、こんな風に、全く違う感触のものも好き。
chicoさん、どうもありがとう~。
201106141.jpg
201106142.jpg
こちらはお土産。絹笠という御菓子匠の「とん蝶」白蒸しのおこわです。
すっごく美味しかった~。
おこわというと、いつもは中華粽を思い出すんですが、白蒸しのこのおこわは、お豆がと昆布、梅干が入っていて、とてもシンプルなお味。
家族で美味しく戴きました。

chicoさんのブログでちょっと紹介されているんですが、
実は縁があったんです。
まさか出会っていたなんて思ってもみませんでした。
学生のころに、出会っていたんです。
それぞれ結婚して出産して、長い時を経て、再び出会うことになった不思議な縁。
出会いって、すごい!と思いました。

chicoさん、これからも、どうぞよろしくね。
遊びに行きます~。

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2011/06/15(水) 14:08)

 ただ紡ぐ
rami1.jpg
ラミー(苧麻)のスライバーを紡いでいる。
少し銀白色のスライバー。スライバーでもキラキラとした光沢があって、糸にするととってもきれい。
苧麻は夏の着物に使われてる。
上布と呼ばれる。
苧麻の繊維を績むやりかたをおそわったことがある。
その時にできる糸とは全く違う。
績んだ苧麻(いらくさ)の糸はとってもきれい。
スライバーを紡いだ糸は毛羽がある。
単糸で使うつもりで、S撚りに紡いでいるけれど、夏のものができたらいいな。
夏物にするつもりだけれど、涼しいかな?
やってみなければわからない。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/10(金) 13:48)

 染めた羊毛を紡ぐ
nijizomemurasaki.jpg
nijizomemidori.jpg
nijizomeao.jpg
虹染め講習で染めた紫~ブルー~緑の羊毛を紡いで糸に。
極細に紡いでいる。
今年毛刈りした羊毛で、とても細番手。
カーディングの作業がとっても楽しい。
きれいにきれいに色が混じっていく。
色味はやっぱり深い色合い。
紫も、微妙なグラデーション。
一番紡ぎやすい細さの糸を、しゅるしゅる紡いでいると、とっても癒される。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:*ハンドメイドhandmade* - ジャンル:日記

spinning | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/09(木) 15:10)

 道具を自ら作ること
menbou.jpg
家族は皆、餃子が大好き。
市販の皮で作ることも多いけれど、皮から手作りすることもしょっちゅう。
餃子用の小さい麺棒は一つ持っているけれど、皮を娘たちと一緒に伸ばすのに、もひとつ麺棒が欲しくなった。
元町の南京街、廣記商行さんで、その小さな麺棒を見つけた。
餃子用というか、しゅうまい用麺棒って書いてあった。
形を見て、ちょっとまねして作ってみた。

丸棒は家に転がっているし、両端を削っていくのも楽しい。
いつものぺティナイフでちまちまと削る。
辛気臭いけれど、時間をかけて、じっくり作っていく時間が楽しい。

両端の角度が結構急なので、もうちょっと緩やかに尖らせたほうがいいかも。
手作りの餃子の皮、中心が厚めでふちが薄くっていうの、できるようになるかな。




kitchen | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2011/06/08(水) 11:52)

 織りの講習もいよいよ佳境へ
orikousyu1.jpg
創作工房でやってるウールの会の織りの講習も最終月。
いよいよ佳境へ入ってきました。
20110601.jpg
今回は、あらかじめ、これをしたいという目的があまりなかったので、以前に紡ぎ貯めていた手紡ぎ糸を持ってきて、シンプルな平織りチェックのマフラーにしています。
今回の課題は耳の処理。
今まではどうしても耳の糸に触って整えようとしていたりして、耳がきれいに揃うことがなかったのです。
ちょっとしたコツを教えていただいて、途中からは感覚がつかめてきています。
それと今回は筬を使っての打ち込みがすんなり出来た。
今までは筬を使うと、経糸がこすれて切れてしまうことが多くて、刀杼を使って打ち込みをすることが多かったのですが、今回は気持ちよく筬が使えています。
手紡ぎ糸のマフラーは平織りよりも綾織りのほうが風合いが柔らかくていいのだけれど。
整経長が長いので、あともう二頑張りくらいしなくっちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


weaving | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2011/06/07(火) 14:09)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。