独楽スピンドル

2 Comments
畠山恭子
独楽スピンドル以前から取っておいて、いつかスピンドルのホイールに使おうと思っていた子供のおもちゃの木の独楽を利用してスピンドルを作ってみた。5.9mmのドリルで穴をあけて、菜ばしに少しだけ紙やすりをかけて穴ときっちりになるようにして突き刺しただけのとても簡単なスピンドル。床につけて使うサポートスピンドルなので、こんなのでもちゃんと紡げる。独楽が小さいのでかなり速いスピードで回ってくれるので、細番手の糸を紡ぎやすい。一緒に写っている糸は今日双糸にした中途半端な糸。6.9番手。極細よりもちょっとだけ太め。シェットランドレース用の糸にしたかったんだけれど、明確な番手を意識しないで紡いでしまったので、こんな中途半端な糸になっちゃった。これで20g。もう1本のスピンドルにまだ単糸が残っているので、もう少しだけ紡いでおくつもり。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 2

There are no comments yet.
tea  
独楽スピンドル

この独楽を使うスピンドル、
もとが独楽なのでよく回ります。穴を開けるときに、きっちりと中心を取っておく必要がありますけれど、気をつけて穴を開けると大丈夫です。
レジーケイト、作ってくださるんですね。
わからないことがあったら、遠慮なく聞いてくださいね。私は今は百均のかごばかりをレジーケイトに使っています。

2005/07/10 (Sun) 21:17 | EDIT | REPLY |   
shoopy  

独楽スピンドル、いいですね。
 手が空いている時は、スピンドルを回すようにしているこの頃、teaさんのスピンドルとても参考になります。手作りスピンドル6本を取っ替えひっかえしています。スピンドル用のレイジーケイトを参考にして作る予定です。あと、リンクありがとうございます うれしいです。

2005/07/10 (Sun) 16:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  独楽について
  • 独楽と同等の独楽独楽(こま)は何らかの塊を軸を中心として回転させて遊ぶ伝統的な玩具の一種。軸の先は細くなっており、周りにバランスをとるための重りがついて通常は逆円錐形をしている。回転する独楽が安定するのはジャイロスコープと同様の効果である。独楽の分布独楽
  • 2007.05.20 (Sun) 20:15 | 懐かしい玩具・進化した玩具の数々