tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 シャトルの使いやすさ
aelo.jpg今日は大阪でのタティング講習会の日。ビーズの入ったエレガントなポーチを作ってる。11月のフェスタの展示用に、ビーズも入っているので、結構見栄えがしそうな感じ。皆さん全員違う色のビーズで作るので、雰囲気がまったく違って見える。最初の頃に比べると本当に皆さんお上手になられているので、作品があがってくるのがとてもきれいで嬉しい。
帰りに三宮でドヰ手芸店に寄って、アエロのシャトルを購入。早速家に帰ってからお試ししているんだけれど、クロバーのシャトルに慣れきってしまっている手には、慣れないのでとてもつかいにくい。一番困るのが間違えたときに、シャトルのつのを使えないこと。クロバーのカラーシャトルだと、つのを使って簡単に間違えた目をほどくことができるのに、アエロだったら鈎針の先は丸くてどうにもほどけない。
それから、リングを作るときはシャトルの糸を出してちょうどいい長さにするけれど、リングを締め終わって、ひっくり返してチェインを作るときにはそのままの長さの糸を出していると、長すぎるのでシャトルに巻き取らないといけない。ボビンだと、巻き取るのにちょっと時間がかかってしまう。さらに、ボビンのすべりはあまりよくないので、(というかひっかかるようになってる。からからと回ってしまうと糸が固定されないから)動きがひっかかるボビンから糸を引っぱり出すのは結構難しかった。
やっぱり鳴れたものが一番なのかもしれない。アエロのシャトルも使っていくうちに便利に感じられるのかしら?

tatting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/07/14(木) 21:50)

<<たんぽぽ作業所 | ホーム | 強撚糸マフラー2作目 はじめ>>

コメント
  実は間違えたんです
モチーフ、実はつなぐところを間違えたんです。でも、ほどくのも一苦労なんで、そのまま続行して、オリジナルにしちゃいました。モチーフをつなげる箇所もちょっと変えようと思います。本に出ているのだと、モチーフの間が妙にあいているし、外周のパターンもいまいち好きじゃないので、こちらもオリジナルに変更予定です。
URL | tea #- | 2005/07/15(金) 10:55 [ 編集 ]

  早速!
おはようございます。

見本のモチーフ、「あ、私のと同じだ~♪」と一瞬思ったのですが、微妙に違うことを発見しました。

早速アエロの使用感レポートをありがとうございます。ネット上で「とても便利でもぅ、手放せない~」なんていうコメントを見つけてからかなり心惹かれていました。

先についているかぎ針は使いやすそう~と思っていたのですが、これでは間違えた目がほどけないのですか・・・。それにボビン巻きは利点が大きいと思っていましたが・・・。

私も一度体験してみたいので、ドイ手芸さんにレース糸と一緒に注文してみますね。
URL | Candy #- | 2005/07/15(金) 09:43 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://teaangelique.blog10.fc2.com/tb.php/110-28baa737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。