糸車のつむ

0 Comments
畠山恭子
tumu.jpg糸車のつむ。糸車が再生したときには、チャルカのつむを使って試しに紡いでいたけれど、はやおが回るとプーリーの部分が小さかったので、すぐにはやおが外れていた。父が鳥取にもって帰ってから、つむを自作してくれた。芯棒は竹箸。プーリーの部分は木。しかもつむを糸でくくって固定する部分の竹皮が擦り切れないように、小さな竹の筒でホルダーまでちゃんとついている。この糸車、お試し紡ぎしてみたけれど、本当に快適に紡げる。芯棒はもう少し細いほうがいいかなとも思うけれど、これでもそれほどぶれずに紡げるので紡ぐのが楽しい。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。