帰宅

0 Comments
畠山恭子
koukannkai2.jpg
鳥取から帰ってきました。帰省中は毎日いっぱいのご馳走で、子供たちともども食べ疲れ。今日からは食べる量を減らさないと、大変。鳥取から帰ってくると、素敵なものが届いていました。
Candyさん主催の手紡ぎ糸見本交換会。皆さんのそれぞれ個性的な糸を実際に手にとって見ることができて、とても有意義で素敵な交換会です。それと同時に、ひつじの品種によって、これほどまでに糸の風合いが違うのかと、いまさらながらびっくり。サフォークは弾力があってと聞いていたけれど、目で見て納得~。確かに羊毛布団の中綿に最適といわれるわけがわかりました。こういう風に自分では紡がない品種の糸を見ると、いろいろと手に入れて紡いでみたい欲求にかられます。自分が何を作りたいのか明確にしておかないと、ただ単に紡ぎたいだけでは作品にならないので、なかなか難しいことなんですけれども。
小萩さんとCandyさんからの糸もとても素敵な糸が届きました。小萩さんからはブルーフェイスの糸。とても柔らかです。Candyさんからはレインボー染めの糸。どちらも細番手なので、レースのサンプルを作るには最適の糸なんです。あ~、どれもこれも魅力的なのでわくわくしちゃいます。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。