布フェルト その1

5 Comments
畠山恭子
nunofelt.jpg
今日の講習で習ってきた布フェルト。綿オーガンジーにメリノを置いて布を縮ませる。とっても大きな貫頭衣を作って、自分の好きなサイズまでフェルト化させて縮ませる。一応デザインを考えて羊毛を置いてみたんだけれど、ちょっと間隔が狭くて、いまいち。しっかりと格子柄を出すときにはもっともっと間隔をあけて作らないとだめだった~~~。写真は裏。後ろ身ごろから作っていったんだけれど、同じパターンで作っていると飽きてしまったので、前身ごろはジグザグ模様にチェンジ。さて、袖はどんな模様にしようかしら。9時から5時まで頑張ったけれど、後ろ身ごろと前身ごろの一部までしかできなかった。しかも家に帰ったら、台所に立つのがつらいくらいに腕が上がらない。フェルト化させるのに必死でごしごしやっていたので、(やっているときは疲れたとは思ってないんだけれど)家に帰った途端にものすご~~~~く腕が疲れていることに気がついた。あ~、明日以降ものすごい筋肉痛に教われそうだ~~~~。(だけれど、子供たちがケーキ焼いてとリクエスト。メレンゲ作るのがしんどいな~~)7日までに前身ごろと袖と襟を仕上げなくちゃ~~~~。できるかしらん。

子供たちは見るなり、「ハグリッドの服みたい~~~~」と大騒ぎ。とっても嬉しそうでした。ハグリッドに着せたいのか?笑
とんでもなく大きな服が私にあうくらいに縮んでいくのだから、出来上がったらなんていうかな~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 5

There are no comments yet.
tea  
毎日すこしずつするしかなさそうです

ぐーたらさん
オーガンジーの生地そのものは縮まなくてくしゅくしゅってなるんですよ。簡単に言うとシャーリングを作る感じです。
やってみたらすごく面白いです。

ぷんちゃん
面白いでしょう。フェルトはあちこちでみかけるけれど、布フェルトはなかなかまだまだ見かけませんしね。大変だけれど面白みがなんとも言えずはまっちゃいそうです。

胡桃さん
ウールの会の会員さんに教えていただいてやっているんです。役員さんたちみんなでいろいろと楽しんでいるんです。丸々一日以上というかやっぱり2日はかかる作業ですね。バッグとかの小物だったら、一日でできるかな。やってみたいでしょ~。

Candyさん
オーガンジーじゃないとメリノの繊維が入っていかないんです。あと、ガーゼとか。目の粗い布地だと布目にメリノが入っていって、それでフェルト化してくれるので、こすっているだけでくっつくんですよ。魔法みたいで面白いです。

2005/09/01 (Thu) 21:05 | EDIT | REPLY |   
Candy  

こんにちは~
素敵なブラウス(かな?)が出来そうですね。透け感がとてもいいですね~。 布にフェルトをつけるのってとても大変そうに思えるのですが、普通にくっつくのでしょうか?

2005/09/01 (Thu) 12:58 | EDIT | REPLY |   
胡桃  

神戸ウールの会の講習会なんですか?

ここまでの大作となると
筋肉痛もしがいがある?かな(笑)
完成したら、是非羽織った写真をアップしてくださいね。
楽しみにしてます!

2005/09/01 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   
ぷんちゃん  
ほぉ~~~~

なんか、どんどん発展していくteaちゃんのハンドメイド!
オーガンジーの透け感とフェルトのもふっとした(表現が変?)質感が合わさってどんな出来上がりになるんだろう。
とっても楽しみ♪
今日は筋肉痛かな?(笑)

2005/09/01 (Thu) 10:33 | EDIT | REPLY |   
ぐーたら  

ええー!? こんなこともできちゃうのですね!
これは地の綿オーガンジーは縮まずにくしゅくしゅってなるのでしょうか?
すごく不思議です。
なんだかパリ・コレとかに出てきそうな雰囲気ですね。

2005/09/01 (Thu) 09:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。