一手間を惜しまない

1 Comments
畠山恭子
そろそろリミットが近づいてきたので、(お尻に火がついただけ)強撚糸のショールに取り掛かっている。糸はまだ半分紡いだところだったので、白と薄紫に染めたコリデールをカーダーで混色して紡いでいる。今まではずぼらして、それほど解毛せずにカードがけをしていたんだけれど、仕上がり具合と、カードがけが楽になるので、やっぱりきちんと解毛しなくちゃと、靴箱に入れて準備。ちょっとした一手間なんだけれど、解毛するとそのときに毛に入っていたほこりがほとんど落ちるし、そのあとのカードがけがとても楽。何度も何度もカードをかけていたのが、3回ほどできれいに仕上がる。なんでもっとちゃんとしなかったんだろう~。カードがけが楽にできるっていうのが一番のメリットかな~。カードがきれいにかかっている羊毛を使うと、紡ぐのもストレスなしで紡ぐことができるので速い速い。手仕事の基本というか、当たり前のことなんだけれど、一手間を惜しんじゃだめなんだな~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/09/27 (Tue) 12:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。