強撚糸ショール ここまで

4 Comments
畠山恭子
kyounenn.2.1.jpg強撚糸のショールというか縮絨かけたらマフラーサイズになるだろうものはここまで。整経長240cmくらいなんだけれど、さて、どの辺まで織り終わったことやら。きっと2/3くらいは進んでいると思うんだけれど。この分で頑張ったら明日織り上げて縮絨までできるかな。ぜひとも仕上げたい。昨夜機上げの途中で断念して、今朝から機上げして、織り始めて、かなりのハイスピードで作業しているんだけれど、今回は経糸も撚り加減を一定にするように気をつけたので、以前のものよりもずっとずっと糸が切れなくて織りやすい。だけれど、男巻きに経糸を巻き取るときに大失敗しているので、織るのは結構難しい。経糸の撚り止めはきちんとやっておくべきだったなと。セミ梳毛で紡いでいるのに結構繊維が出てきているので、絡まりやすい。糸の太さは12番手あたりかも。10番手よりは細い。今回も番手計算はしないで、ざっと紡いで強撚かけて、織りに突入。取り掛かってからまだ日にちも浅いけれど、思い立ってぱぱっとできてしまうところが強撚糸ショールの速さなのかも。緯糸が足りないので、新たに紡いでいるところ。あとどのくらいいるのかな~。強撚糸だと後での使い道ってあまりないだけに、あまりあまりすぎるくらいに紡ぎたくない。
今回経糸の撚り加減に気をつけて糸を作ってみたけれど、単糸の状態で切れない糸を紡ぐことができるようになったので、この番手の糸だとそのままシェットランドレースに使えるので、なんだかとってもうれしい。何も考えなくてもシェットランドレース用の糸がしゅるしゅるとできる。スピードもかなり速いので、どんどん紡ぎためることができそう。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 4

There are no comments yet.
tea  
織りに使う単糸は

織りに使う単糸はS撚りです。
時計とは逆回転ですね。
糸の仕上がりというか、織りにしても編むにしても、S撚りで終わるのが正解なのだそうです。だから双糸にするニット用の糸は最初Z撚りに紡いで、双糸にあわせてS撚りで終わるのです。
だからシェットランドレースのように単糸だけで編む場合はやっぱりS撚りにします。

2005/09/26 (Mon) 15:55 | EDIT | REPLY |   
shoopy  

またまた、質問だらけですいません。
織りの時は、短糸とのこと。
S撚りですかZ撚りですか。
強撚糸、いつか挑戦してみます。
1.5倍ですね。うーんできるかな…。

2005/09/26 (Mon) 09:23 | EDIT | REPLY |   
tea  

筬目は40です。糸は11番手か12番手くらいかと。透け透けの織り地で織っていきますけれど、縮絨をかけたら、しわしわ~って縮んでくれます。
強撚糸は一度紡いだ糸を撚り止めしたあとにさらに1.5倍の撚りをかけていきます。
紡ぎはいつもスピンドルというか、スピンドルしか持ってないのでスピンドルでしか紡がないのですけれど、織りの場合は双糸に合わせたりしないので、紡錘形に巻きつけています。広告の紙などでボビンの芯をつけるときはラグビーボールみたいにしますけれど、このごろはそれもしないので紡錘形ですね。そのほうが安定がいいかと思うのです。

2005/09/25 (Sun) 18:23 | EDIT | REPLY |   
shoopy  

きれいな糸ですね。
私は強撚糸は、チンプンカンです。テヘ
筬目は、50ですか。
あと、いつも紡ぎはスピンドルなんですか。
糸の巻きつけはこまの上にしているんですね。私は中間にゴロンとしています。

2005/09/25 (Sun) 15:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply