spinning始め

0 Comments
畠山恭子
kogecha.jpgやっと糸紡ぎもやってみようと、始めたのがこれ。
羊工房masakoさんのところのマンスリーセールに出ていたフェルトキットなのだけれど、いろいろと入っていて自然色の原毛も入っていたので、試すのにはちょうどよかったので、紡いでみた。
一番濃い色のこげ茶。こんな素敵な色が自然の羊の毛の色というのにも驚いた。
どの品種の羊の毛なんだろう?ロムニーよりも細めかなって思うけれど。結構つむぎやすくて楽しい。今回はカーダーをかけないで、スライバーのまま紡いでみた。だからリストディスタフがとっても役立つ。これがないと、こんな長いスライバーのままで紡ぐのは無理。これでだいたい25gくらいかな。洗毛ずみなので脂分がちょっと少なめなので、補って紡いでいる。このままこげ茶色で双糸にするのもいいし、コリデールをあわせて杢調にしてみてもいいかなと思う。きれいなこげ茶なので、今から何に使おうかと悩んでしまう。でも、そうやってあれこれと思いをめぐらすのもとっても楽しい。あ~~ニットの手が追いついてないのがちょっと悔しかったりする。
フェルトキットに入っていた少量の8色の草木染原毛はフェルトボールにでもしようかな。なんだかとっても可愛いから。こちらもとっても楽しいかもしれない。自分で作るのは面倒だったら、子供たちに作ってもらうのもいいかも。(そうしちゃうと全部とられちゃうだろうなぁ。)
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。