サポートスピンドルでスピニング

0 Comments
畠山恭子
サポートスピンドルで試しに綿を紡いでみた。
そしたらびっくり。チャルカとほとんど同じ速さで紡げる。まぁ、チャルカのほうが効率的ではあるけれど。
左手で綿を引くのだけれど、それもチャルカと同じようにロングドローができてしまった。
結構面白い。確かに左手でローラッグを持って、右手で常にスピンドルを回して保持していないとできないサポートスピンドルのやり方だと、重たいスピンドルは使えないなぁって納得する。軽くて小さいから心もとない感じがするのだけれど、快適に回ってくれるので結構楽しかったりする。
インドの鉄でできたスピンドルがとてもシンプルでいいなと思うのだけど、手に入りそうもないので、とりあえずサポートスピンドルを作ってみた。インドのものは針金でできた芯棒の先が引っ掛けるようにかぎ状になっている。綿を紡ぐので軽くて小さい。
で、サポートスピンドルも小さくて軽くて。ドロップスピンドルの使い方でも使えてしまうのだけど、8gにしちゃったから綿をきれいに紡げるかな?
ためしに紡いだ綿糸はかせにしてみたら、撚りの加減がちょっと少ない感じ。チャルカで紡ぐときはもうちょっと撚りがかかっているから、しっかりした糸なのだけど、サポートスピンドルで紡ぐと双糸にしてニットにしたらちょうどいいような、そんな糸になっている。こんな風にスピンドルや道具によっても違った表情の糸が紡げるのなら、作品それぞれにあった糸を紡ぐことができそう。サマーセーターなんて作ったこともなかったけれど、こんなんだったら、作ってみてもいいかな。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply