tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 サポートスピンドルでスピニング
サポートスピンドルで試しに綿を紡いでみた。
そしたらびっくり。チャルカとほとんど同じ速さで紡げる。まぁ、チャルカのほうが効率的ではあるけれど。
左手で綿を引くのだけれど、それもチャルカと同じようにロングドローができてしまった。
結構面白い。確かに左手でローラッグを持って、右手で常にスピンドルを回して保持していないとできないサポートスピンドルのやり方だと、重たいスピンドルは使えないなぁって納得する。軽くて小さいから心もとない感じがするのだけれど、快適に回ってくれるので結構楽しかったりする。
インドの鉄でできたスピンドルがとてもシンプルでいいなと思うのだけど、手に入りそうもないので、とりあえずサポートスピンドルを作ってみた。インドのものは針金でできた芯棒の先が引っ掛けるようにかぎ状になっている。綿を紡ぐので軽くて小さい。
で、サポートスピンドルも小さくて軽くて。ドロップスピンドルの使い方でも使えてしまうのだけど、8gにしちゃったから綿をきれいに紡げるかな?
ためしに紡いだ綿糸はかせにしてみたら、撚りの加減がちょっと少ない感じ。チャルカで紡ぐときはもうちょっと撚りがかかっているから、しっかりした糸なのだけど、サポートスピンドルで紡ぐと双糸にしてニットにしたらちょうどいいような、そんな糸になっている。こんな風にスピンドルや道具によっても違った表情の糸が紡げるのなら、作品それぞれにあった糸を紡ぐことができそう。サマーセーターなんて作ったこともなかったけれど、こんなんだったら、作ってみてもいいかな。

わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2004/01/25(日) 19:30)

<<子供の手袋に | ホーム | サポートスピンドル、リメイク>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://teaangelique.blog10.fc2.com/tb.php/217-8bfedb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。