子供の手袋に

0 Comments
畠山恭子
haru6.jpg子供たちの手袋を編んでみようと思って、ちょっと試しにアクリルを紡いでみた。今流行のスラブの糸なんだけど、アンデミルミルで子供たちが自分達の帽子を作っていて、その残り。だから1玉分もないくらい。もちろんこんなスラブの糸だったら手袋なんてできそうにないので、中細になるように紡ぎ直し。カードをかけたら、こんなふうなカラフルな綿菓子のようになった。糸にすると色が濃くなるので、とてもきれい。アクリルだし、脂分がないので、ちょっとつむぎにくいけれど、こうやって毛糸をリメイクできてしまうのがとっても嬉しい。ホワイトのメリノとより合わせて双糸にする予定。
子供たちに手袋を作るんだよと話したら、「模様を入れて~~」なんて注文が。
どうも手の甲に編み込み模様が欲しいらしい。う~~~ん、できるんだろうか??
早く仕上がるミトンでつくるつもりなんだけど、ちょっとこれは手持ちの本を見てみないと。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。