spinningの入門書

0 Comments
畠山恭子
spinit.jpg洋書なんだけど、spiningにちょうどいい入門書を手に入れた。ゼロからの糸の作り方というわけで、原毛の洗い方から、カードのやりかたやら、全部カラーの写真つきで丁寧に載っている。ドロップスピンドルの作り方も載っているし、作っている糸がカラフルなものばかりなので、見ていてもとてもきれいで楽しくなってくる。ちょっとだけ走り読みしただけなので、まだ詳しい内容までは読んでいないのだけど、結構楽しめそう。もちろん手紡ぎ糸の作品の作り方もある。アンゴラを混ぜた糸でウサギのバックもあったし、ハンドウォーマーやクロッシェで作るフェルト化させる帽子、イブニング用のショール、織りのマフラー、となかなか使えそうな本。2plyの方法も。スピニングの技巧では、ほとんど習得したものばかりだから、目新しいというものはないのだけど、カラーできれいなところが気に入っちゃった。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。