リベンジ

2 Comments
畠山恭子
再び汚毛洗いのリベンジ。毛先が黄ばんでしまっているのをなんとかきれいに洗いたいので、今回は定番のやりかたで。羊毛の10%重量のモノゲンを使って、高めの温度の湯でつけ置き洗い。予洗いは茶色の水がほとんど出なくなるまで行ったので、これできれいにならなかったら、かなりショックかも。先日は洗剤液と同じに漂白剤を入れちゃったので、もしかしたらそのせいで白い部分の毛まで黄色く黄ばんでしまったのかもしれない。今回はモノゲンでさっと洗うけれど、一部漂白剤を後から使ってみようかと思案中。うまく洗えるかな~~~。いえ、色を気にしなければそこまでする必要もないわけなんだけれどね~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
今洗い中の毛は

emikoさんと同じように超汚毛だと思います。写真はエントリに載せています。日焼けとはどうしても思えなくて。だから黄ばみの原因のメカニズムがわかれば、その対処法もあるのにとちょっと残念なんですけれど。1年間の蓄積された汚れが黄ばみになってしまっているのなら、なんとか落としてきれいにしたいのですけれどね~。日焼けだと、絶対に毛先だけがなりそうな気がしますし、その部分だけだったらカットしてしまえばいいのですけれど、どうも全体に黄ばみが回るっていうのはね~~~。
黄ばんでいるその色もその色のままでベージュとして使ってしまうという手もあるし、やっぱり濃い色に染めて使うしかないのかしらね~。

2005/11/20 (Sun) 16:02 | EDIT | REPLY |   
emiko  
期待していますよ!

ここ最近は超汚毛ばかりだったので10%モノゲン+60℃超の湯で洗っていましたけど(もちろん予洗必須!)先っぽの黄ばみは取れません。
昔、その黄ばみは日焼けしたものって聞いたんです。サーファーのお姉さんたちの髪の毛が焼けて白っ茶けているみたいなもの?って思っていました。
だから諦めていたんだけど、、、だからteaさんの努力、ひそかに応援しています。ぜひぜひ成功させていただきたいです。
楽しみにしていますね

2005/11/18 (Fri) 11:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。