作品展にでかけました

2 Comments
畠山恭子
シェトランドの贈り物
伊藤実代子・山中けい子
2005・11・17(木)~23(祝・水)
11:00~19:00
  最終日18:00まで
「夏椿」ぎゃらりー  阪神・JR「元町」駅西口より徒歩5分
神戸市中央区元町通2-4-4
TEL:078-331-1176

シェトランド種という羊の刈り取られた毛を洗い 紡ぎ 染色をし
フェアアイルニットの本物を目指した糸と小物を中心とした作品展

出かけてきました。本物のシェットランドを紡いで草木染して、糸にしてフェアアイルを編まれている、素敵な作品展でした。伊藤さんがいらしたので、いろいろとお話をして帰りました。ベレー帽が多かったのですけれど、織りのマフラーも数点あったし、強撚糸マフラーもありました。そしてシェットランドレースもありました。マフラーサイズのものだったけれど、やっぱり値段がついてなかったです。(売るなんてという感じでしょう。紡ぎにも大変な時間と労力が必要で、しかも編む方もなかなか大きくならないものなのですもの)帽子はどれも素敵なものばかりで、フェアアイルだったので、素敵でした。パターンはいろいろとあるからそれを自分で組み合わせてオリジナルが出来るのが本当に楽しそう。そして色とりどりの染めた糸たち。草木染めのデータブックが圧巻でした。草木染であそこまでいろんな色が創り出せるのかと本当にびっくりしました。やりだすとどんどんはまっていくのはよくわかります。簡単な化学染めですら、やっていたらすごく楽しいのですもの。草木染は媒染によっても色が変化するのでさぞかし面白いんだろうな~と。やってみたくなっちゃいました。ウールの会の三谷さんもいらしてて、しばらくお話していました。こうやって作品展をされる方はなんとパワフルなんだろうととても感心します。あ~、私はまだまだだな~~~~って。もっと真剣に物作りに取り組まないとと思いました。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
わくわくの作品展

わくわくの作品展でしたでしょ~。手にとって見せていただけるのがとてもうれしくて。わかっているからこその人しか入ってこないだろうし、だからこそ、原毛を洗って染めて紡いで糸にして、編んで織って作品を作るという手間のかかる工程もその苦労もわかるだけに、作品にたいする扱いもきっと丁寧なんだろうと思います。シェットランドレースを見せていただきましたけれど、本当にうっとりするくらい素敵でした。私も金属針で編もうと決意しましたよ~。それようの糸も紡がなくっちゃ~~~。

2005/11/20 (Sun) 16:04 | EDIT | REPLY |   
胡桃  

これ、どんなのかな?と気になっていたんですが、
とってもよさそうですね。
今日は時間があるから
気分転換に行ってこようと思います。

色々心配してくださってありがとうございます。
すごく励みになってます。
後もう少し?(まだまだ?)頑張ります。

2005/11/19 (Sat) 07:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。