届いた~

2 Comments
畠山恭子
orikiwaku4.jpgパオさんから頼んでいたものが届いた。インドの紫檀の織り木枠。これでも大きなサイズのものなんだけれど、ハンカチサイズを織るのにちょうどいい感じ。組み立て式なので、使わないときにはばらしてしまうことができる。これは便利~。どんな構造になっているのか気になっていたので、これはなかなか使えそう。1cmきざみで溝がついているのだけれど、この織り木枠で織る予定のものは和紡布なので、溝の間隔が広すぎるので、また溝を新たに刻みたそうかと考えている。わくわくするな~。それと藍染キットとハイドロ。藍染は大原工房でやってみたけれど、自宅ではやったことがなかったし、とても興味があるので愉しみ~。藍の色は一番好きな色。どんな風にどんな色合いに染めようかと、これからいろいろと考えられそうでこちらもわくわくが増えた。ハイドロは還元剤なので、持っていても損はなさそう。とりあえず黄色にきばんでいる羊毛を白く出来ないかとやってみたいな~。毛はかなり痛むだろうけれど。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 2

There are no comments yet.
tea  

うっささん、ありがとうございます。
意味わかります~。溝がかなりしっかりしていたので、新たに刻むのはどうしようかと迷っていました。あとは溝に2本から3本まいていくしかないかしらなんて考えていたんです。
今日やってみようかななんて思いながら双糸にした綿糸を巻いたら、強度が足りずに切れてしまいました。う~ん、綿糸の紡ぎ難しい~~~。緯糸でしか使えないかしら~。

2005/12/11 (Sun) 17:48 | EDIT | REPLY |   
-  
うっさ

縦糸の間隔が広すぎるなら、溝に2回ずつ渡すといいですよ。
縦糸を全部張ったら、捨て織りをするときに前・後・前・後って拾い、4段くらい織れば平面として落ち着いて、ちゃんと間隔が狭くなりますよ。
コツは縦糸を巻き付けるときにピンと張りすぎないことです。
平面にできないと前後にでこぼこした布になってしまいますからね。
言ってること通じます?うまく説明できなくてごめんなさい。
私は織り木枠で絵織りをやりたいと思ってます。(←ってもうかなり先の計画・・トホホ)

2005/12/11 (Sun) 01:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply