色が違うと

0 Comments
畠山恭子
昨日、Lindaさんのサイトの交換会の作品が届いた。うちにはLindaさんからのタティングのドイリー。色がとっても渋い。グレーに近い色の糸で、デザインはとてもクラシカル。だからとってもタティングの雰囲気を良く伝えていて、ほんとにシック。一目で気に入ってしまった。なんて素敵なんだろう。自分が普段使わない色なので、余計に素敵に見える。こういう色合いもいいのかと納得。写真を撮ってLindaさんに送らないといけないのだけれど、いつものように黒をバックにすると、糸の色が白くなってしまって、雰囲気が伝わらない。どうやって撮るのが一番いいのか、ちょっと思案中。自分の作品もすでに写真に撮ってあるのだけれど、Lindaさんのサイトで公表されたら、こちらでも載せるつもり。
今はあわてて、ケルティックタティングのチョーカーを作ってる。5月12日の大阪での講習会の作品だけれど、明日、藤戸先生の教室なので、足りないものやら、あれこれ買わないといけない。下のエントリのリボンフラワーもリボンが足りなくて、半分しか出来ていないし。明日は午後から手紡ぎサロンだし。忙しいったら、ありゃしない~~~~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。