どうしたものか

2 Comments
畠山恭子
今年は和紡布を織るのが一つの目標なんだけれど、リジットで簡単に織ってしまうこともできる。ところがそうするとせっかくの手紡ぎの綿糸の縦糸にロスが出てしまう。なので、縦糸にロスが出ないようになんとかして織る事ができないかとあれこれ思案している。その中で一番使えそうなのがナバホ織り。ナバホ織りの織り機は木枠と丸棒で出来ているので、とてもシンプル。縦糸の張り方もちょっと独特なやりかたなので、これで使えたらいいな~なんて考えている。リジットの筬綜絖を使うとどうしても縦糸が切れてしまうだろうし、切れやすい綿糸だとさてさて、筬綜絖は使いたくない。となるとどうやって綜絖を作ろうかとも考えている。やっぱりナバホのやり方で綜絖も作るのかな~。ちょっと真剣に考えないと~。それと考えるだけじゃなくて実際にやってみないことにはうまくいくのかどうかもわからない。そして、縦糸には糊引きした糸の方がいいのか、それともそのまま双糸にしたそのままの糸を使えるのか、やってみなくちゃわからない~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
どうもありがとう

joyceさん、いつも素敵なアドバイスをありがとうございます。
経糸のロス、手紡ぎの綿糸が弱いのと、量も少ないので、ロスしたくないのと、経糸の後始末を極力やらなくて済む方法を考えているんです。羊毛の糸を使う織物だと、縮絨の過程で糸が落ち着いてくれるのですけれど、綿糸だとそうもないでしょうし。ねじって房をというわけにもいきそうにないですし~。なかなか難しいな~と。

2006/01/21 (Sat) 16:37 | EDIT | REPLY |   
joyce  
経糸のロス

こんにちは。
せっかく紡いだ糸も経糸にするとどうしても織れない部分がでますよね。
私は、補助糸(木綿の糸)を使っています。
そうすると、いっさい経糸のロスはありませんよ。
古い記事ですが、よろしかったらこちらをご覧ください。
http://www.gonmomo.net/mt/archives/000132.html

2006/01/18 (Wed) 13:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。