なかなか

2 Comments
畠山恭子
kunsut14.jpg
今編んでいるクンストストリッケン。96段のうち現在87段目。少し大きなサイズになると途中から輪針を使うのだけれど、こんな風に巾着みたいになっていく。結構面白い。そして今回はきちんと一模様ごとにマーカーを入れたので、間違いが少なくてすむのでありがたい。だんだん一段の目数が多くなっていくので、一段編むだけでも結構な時間がかかる。これで仕上がりが90cmほどになる予定なんだけれど、もっと大きなサイズのものだともっともっと大変~~~ってことになるんだろうな~。

スピナッツの最新号が届いた。あとがきで、ちょっとショックな出来事が。2年前の初めての糸紡ぎ出版記念のワークショップに京都に行ったとき、お昼のお食事を一緒にしていただいた中井康さんが亡くなられたそう。そのときはスピンドルを作っていらっしゃる方とは知らずにいろいろなお話を聞かせていただいたのだけれど、もちろん帰ってから、中井さんの手作りスピンドルが欲しくて1本手に入れたんだけれど、その中井さんが亡くなられたなんてすご~~~くショック。ご自身のスピンドルで紡がれた細番手の糸を使った素敵なセーターの写真をいくつも見せていただいたんだけれど。緻密で計算されつくしていて、なんてすごいんだろうと本当に感動した。たった一度の出会いだったけれど、とても深く印象に残っていて、素晴らしいな~と感動させていただいただけに、まだまだお元気でいらっしゃるのだとばかり思っていたのに、すごく悲しい~。

タティングのモチーフつなぎのショールをがんばっているんだけれど、いろいろと忙しくてなかなか進まない~。なんとか3月の中旬には仕上げたいんだけれど~。無理かもしれないな~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
生成りの色合い

今回は初めて生成りの糸をクンストストリッケンに使ってみました。タティングでは生成りの色は定番で使っている色なんですけれど、クンストでも使ってみるとなんともいえない柔らかい感じがしていいです。
あと残すところ数段になっているんですけれど、なんだか停滞しちゃってます。
でもゴールは目前なのでがんばらなくっちゃ~。

2006/02/15 (Wed) 22:26 | EDIT | REPLY |   
リコ  

teaさん、こんばんは、

すご~く緻密で柔らかそうな模様編みに見えます!
編むたびに1段の時間かかる訳ですね。
でも、一歩一歩進める作業は、teaさん得意そう。完成楽しみにしてます♪
頑張ってくださいね。

2006/02/08 (Wed) 19:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。