息子の卒業式

2 Comments
畠山恭子
3月23日に息子が小学校を卒業しました。写真は明日できあがるので、また後から入れます。ようやく自前の着物を着ることができました。思えば、子供が生まれたらお宮参りに、なんて思っていたのに、息子は夏生まれだから、真夏の暑いときには着られず、さぁ次の子のときにはなんて思っていたら双子で着物どろこじゃないし。じゃあ、七五三のときになんて考えていてもやっぱり子供の用意だけでいっぱいいっぱいになっちゃって結局洋服ばかりでした。ようやく落ち着いてきたので、やっとやっと着たかった着物を着れました。嫁入り支度の着物はみんなしつけがついたまま。そのなかからやっと訪問着と道行きを着て、よかった~と喜びました。いまどきはお母さんって着物を着る人は本当に少なくて、数えてみれば4人しか着ていませんでした。
息子の卒業式は、クラス数が少なくて短いかななんて思っていたけれど、案外長くてまいりました。寒くなければそれほどとは思わないけれど、体育館で行われるので、だんだんと底冷えしてくるわけで。着物を着ていたからそれほど寒くはなかったけれど、これが洋服だったらもっともっと冷えるだろう思いました。子供たちがいろいろな思い出のあれこれを台詞にしていくんだけれど、それが長くて長くて。あまり長すぎると感動も色あせるというか、しぼんじゃいます。その辺がちょっと残念でした。息子が小学校に入学したのはついこのあいだのように思うのに、あっというまに卒業なんてうそみたいで。でも、目の前の息子はやっぱりちゃんと成長してくれていて、立派にというか頼りになるお兄ちゃんになってくれています。このまま素直に伸びていってほしいなと思うのですけれど。子育てもこれからが本番というか、気持ちを引き締めないといけない時期にさしかかってきたので、そう思うと、涙がぽろぽろという感じはなくて、しっかりしなきゃと思いも新たにした卒業式でした。

息子が中学にあがるので、今、家の中は子供たちの持ち物の整理と家具の模様替えでしっちゃかめっちゃかです。そんなこんなで風邪引いちゃったし。模様替えは月末にする予定なんだけれど、ちゃんとできるかな~。
sotugyousiki3.jpg
卒業式の写真はこちら。天気は曇りだったので、ちょっと暗めになっちゃいました。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
リコさんへ

リコさん、お祝いありがとうございます。
着物は今ブームなので、小紋やら紬やら、普段着感覚で着られるのが楽しいです。ちょっとしたお出かけなら着物を着て出かけることも多くなりました。というか、無理やりでも着物を着ていないと着付けを忘れてしまうからです。着慣れているとそれほどしんどいものじゃないのです。着ていると、立ち居振る舞いがおしとやかになっていい感じです。もちろん姿勢もしゃんとしていないといけないので、すっきりします。そうそう、着付けの本、一人で着られるようにたくさん出ていますよ。私も本を見ながらやっていましたから。

2006/04/14 (Fri) 09:01 | EDIT | REPLY |   
リコ  

きてぃさん、
息子さんご卒業おめでとうございます。
着物って考えてみると、節目節目のお祝いを逃しちゃうと案外着る機会がないものですよね。
春らしい色の着物がとってもお似合いですv。
私も来年の息子の卒業式に思い切って着てみようかな・・・でも、着付けができないのが玉に瑕です。

2006/04/09 (Sun) 14:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。