染色メリーノ 春色の糸

2 Comments
畠山恭子
merino.haru1.jpgうっささんから分けていただいた染色メリーノの春色バージョンをナバホで紡いで、ナバホ撚りしたのがこの糸。ねじりかせの状態だともっと色がよくわかったんだけれど、ナバホ撚りした時点で、撚り止めも必要ないので、玉に巻きました。これで何を編むのかというと、白樺編みのリストウォーマー。白樺編みは段染め糸の方がバスケットの雰囲気がよく出るので、段染め風にしたかったのです。久しぶりにメリーノを紡いでみると、やっぱり細番手の羊毛だなと実感します。ナバホで甘撚りのふわっとした太目の糸を紡ぎたいと思っても、メリーノなので、どうしても細くなってきます。ナバホ撚りするので多少細くてもいいかななんて思いながら紡いでいました。ここのところ、フリースから紡ぐことが多くて、カードがけしたロールの状態で紡ぐのはちょっと難しいです。カードがけをしているとはいえ、所々ネップもあるし、結局太さを均一に保とうとすると、カードがけをもう一度やってちゃんとローラッグを作った方がきれいな糸ができていることに気がついた。う~ん、やっぱり納得のいくものを作ろうと思えば、手抜きはだめなんだなってことなのね~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
そのまま紡いだわけじゃなく

この糸、実はいただいたロールをそのまま紡いだわけじゃなくて、そぉっと色ごとにはいで、色があまり混じらないように紡いでみたんです。だから玉に巻いちゃっているのでピンクが中に入っちゃってよく見えてないのです。メリノだから自然と紡ぐ糸は細くなってしまうので、ナバホ撚りの3つよりだから、まぁ使える太さになんとかなったかな~って感じです。編んでみたらもっともっと色が出てくるから面白いかしら。

2006/04/23 (Sun) 17:53 | EDIT | REPLY |   
うっさ  
ほんとだ・・

思った以上に青が主張してる。
ロールの時にはピンクピンク・・と思ってたのに。
お店では、このロール色にブラックメリーノのライトグレーを合わせた糸がバカ売れしてます。
羊毛ばかりたまってちっとも作品にならない私とちがって、teaさんは仕事が早いよ
~。

2006/04/22 (Sat) 00:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。