やっぱり~

0 Comments
畠山恭子
今日は神戸ウールの会のスピンドル講習会。
講習はナバホとサポートスピンドル。昨年講習会をしたときは盛りだくさん過ぎて消化不良をおこしそうだったので、今年はちょっと講習内容を削って、じっくりゆっくり紡いでやってみた。それでもナバホは初めてという人が多かったので、スピンドルを回すところからの講習。紡毛機とは違い、なれない道具に最初は戸惑われた方が多かった。それでも時間がたつにつれて、どんどん回り始めるスピンドル。普段羊毛に慣れ親しんでいらっしゃる方ばかりなので、紡がれる糸はとてもきれいな味わいのある糸ばかり。さすが~~~という感じ。普段スピンドルでしか紡いでいない私にとってはスピンドルを回すという動作は意識しないでも、呼吸するように自然に出来ることなのだけれど、初めてというのは何をしてもやっぱり難しいのだと実感する。
そうして新しいことというのを講習するときに常に思うことは、楽しい、面白いと思っていただけるような講習であって欲しいと思うこと。難しくて無理~と思われないように、その辺がとても気を使う。
来週もあるけれど、そのときにはダヌシュチャルカも持っていこうかな。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。