夏休みの宿題 てまり

2 Comments
畠山恭子
temari3
temari2
あゆみの夏休みの宿題。今年は手まりを作るんだ~と春から言っていたので、刺繍糸だけ用意して作ってみました。私が手伝ったのは土台と地割。鈴を入れたいというので、ガチャポンのケースの半分だけを使い、芯は新聞紙で、そのあと白い紙で土台まりを作って、たこ糸で適当に球にして、アクリル極細毛糸でくるくると巻いてきれいな形に作ったつもりなんだけれど、やっぱり難しい~。しかも地割もなんだかゆがんでいる。土台と地割がきちんとできてないと、仕上がりもいまいちゆがんでいるんだけれど、まぁ、子供の宿題だし、いいかってそのままやっちゃいました。てまりの模様は桜花。とってもきれいにできたかな。縫い物が大好きなので、根気よく仕上げることができました。これはそれほど模様が複雑でないので、一日で仕上げることができて、思ったほど難しくないということで喜んでいました。多少ゆがんではいるものの、本人はいたくお気に入りで喜んでいました。どこに飾るのかな~。

それから、今日ははるちゃんの宿題の牛乳パックで作る貯金箱の準備で、現在牛乳パックからパルプをとる用意中。おしゃれ工房7月号を参考に作るんだそうです。こっちも面白そう。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 2

There are no comments yet.
tea  
みほこさんへ

本には土台の作り方も載っていたので、案外簡単にできそうだと思って作ってみたんです。鈴入りなんて作ったので、ちょっといびつになったのが残念なんですけれどね。鈴なしだときっときちんと丸く出来たんじゃないかと思うのですけれど、いや、正確な球を作るのって難しいもんですね。地割も難しかったわ~。

2006/08/17 (Thu) 23:43 | EDIT | REPLY |   
みほこ  
いろが綺麗

色が綺麗!
土台から作られたんですか?すごい。
私も土台からやってみたことがありますが、難しかったです。
だから、発泡スチロールに極細毛糸を巻いてやってます。

2006/08/17 (Thu) 13:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply