ニットレース 

0 Comments
畠山恭子
knitlace9s.jpg
ニットレースここまで。タティングやらフィレやらいろいろを同時進行しているので、気が向いたときにちょこっとやってるような状態。春先になんて思っていたけれど、春は突然やってきて、しかも花冷えなんていうこともなく、あっというまに初夏みたいに暖かくなっちゃったんで、これを作っても使える見込みがなさそう。8月のスピンドルスピニングの講習には参考作品として展示できたらいいかなと思って作るかな。これは背景が黒なのでよくわからないんだけれど、糸が全然足りなくて、途中で新しい糸になっているんだけれど、色が違う!自分で洗ったコリデールなので、ある程度は仕方がないのだけれど、う~~~~ん、作品としての仕上がりを考えると、もっと洗いをちゃんとしないといけないんだな~と実感。編んでいて下の結構大きな糸玉が割合すぐになくなりそうなので、もう一つ分くらい紡がないといけなくなりそう。でも、コリデールのレース糸を触っているとほわほわで嬉しくなる。糸が膨らむという感じがようやくわかってきた。だから本格的なレースをしようと思ったら、やっぱりもっともっと細く紡がないとだめみたいだ。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply