tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 斜行の謎 
手紡ぎ糸の撚り止めと、ニットの斜行のことについては、どうしてそうなるのか、理由などは気にしないで、撚り止めしなくちゃだめなんだと思ってきました。(実際には撚り止めがいらないような双糸の撚り加減がわかるようになってからは、撚り止めはしていないのですが)

なぜ斜行が起こるのか?
それは編み方に原因があったようです。
編み方と撚り加減の微妙な関係にあるようです。
がみさんのブログ、お茶でもススりながらのエントリにbaruさんが答えてくださっています。
フランス式の編み方で編むと、S撚りの糸の場合は糸のよりを戻しながら編むことになる。なので斜行しにくい。Z撚りの糸の場合は糸のよりを加えながら編むことになるので、斜行しやすい。なので、単糸でニットを編む場合は紡ぎ方に注意が必要になるということ。
編むときにも糸に撚りを加えているということなんですね。
今までそんなことには全然気がつかずに編んでいました。編むときに入る撚りを考慮して紡がないといけないということだそうです。

と、ここまでで、納得してたんだけれど、実は今編んでいるメリノスカーフ、単糸での編みなので、本来ならS撚りの糸に仕上げないといけないんだけれど、双糸にするかどうかわからなかったので、実はZ撚り。そして自分はフランス式で編んでいる。と、なぜか撚りを若干戻りながら編んでいるような気がする……。(撚りの甘い部分があったかな?)
これはもうちょっと太目の単糸を紡いでメリヤス編みで実験してみないといけないな~。
S撚りの単糸だとニットを編むときには撚りを戻しながら編むということになるのなら、強撚気味に紡いでおく必要がありそうね。逆にレースなどをS撚り単糸で編む場合は糸が切れやすくなることを考えると、Z撚りの糸で編んだほうがいいかもしれない。仕上げのブロッキングで形を整えることを考えても。
そういえば、夏のコットン糸などは編んでいて糸割れを起こすようになっていたことがあった。これも編み方と撚りの向きが原因だったのかな。

いろいろと奥が深い手紡ぎの世界です。
そして快く教えてくださる先輩方に感謝感謝です。
本当にありがたいです。
knitting | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:8
(2006/10/04(水) 14:51)

<<斜行 実験 | ホーム | メリノスカーフ ミニ>>

コメント
  縫い糸でもありましたね
縫い糸でも、よくありますね。ミシン糸を使って縫うと絡まりやすくなって縫いにくいということも経験済みです。手縫い糸を使うとやっぱり楽でした。縫う動作も撚りをかけているんですね。編むことも撚りをかけながらやっているなんて全然気がつかなくって。こうやっていろいろと考えると奥が深い手紡ぎの世界ですね。
手紡ぎの糸って、紡ぐ人の個性がばっちりでちゃうんですよ。面白いでしょう。みんな同じように紡いでいても、その糸は全然違うんです。だから出来上がった作品も素材は同じでも全然違ってくるんですね。
URL | tea #- | 2006/10/05(木) 23:48 [ 編集 ]

  読ませてもらってます!
個人的にも撚りについて考えていたところだったので興味深く読ませてもらっていました。
縫い糸の話ですが、ミシン糸を手縫いで使ったら撚りが戻ってしまった経験があるので(後で比較的にミシン用はZ撚り、手縫いはS撚りと聞きました。ちなみに手縫いのS撚りは右利き用としてらしいです。)紡ぎの撚りもいろいろ作用があるのだなと理解したつもりでいました。
でも編み物ではその影響も人によって違う事にも納得だし、たくさんの方の意見が聞けてうれしく思っています。
そして究極のオーダーメイドができる手紡ぎってスゴイ!とますます楽しめそうです。
URL | おはこ #Jy9NHmlw | 2006/10/05(木) 06:58 [ 編集 ]

  がみさんへ
先ほどがみさんのブログをちょこっと覗いてきました。素敵な編みこみのベストが!色合いも秋らしくてとってもよかったです。
手紡ぎされる方はおそらく自分の求める糸はそれぞれ違ったものだと思います。織りをされるかたは織りにあった糸でしょうし、ニットレースをという場合はその糸でしょうし、いろいろな糸がそれぞれ正解なのでしょうね。実はちょっとだけ実験をしてみたんですよ。s撚り、Z撚りの単糸を撚り止めして、ミニスワッチを編んでみたんですが、全然斜行しなかったです。ますます謎が深くなっちゃいました。単糸で編んだミニスワッチの編地が薄くて柔らかくて、すっかり虜になっちゃいました。単糸でセーターなどを編むっていうのもいいな~って思ったんです。
URL | tea #- | 2006/10/04(水) 23:40 [ 編集 ]

 
皆さんの考えやレポートを拝見していると、少しずつではありますが、理解や納得できる事が多くなって来た気がします。紡ぎ方や編み方によって、人それぞれの結果が出るのであれば、「これが正しい」といった、決まった答えは無いのですよねきっと。もしかしたら、私にはZヨリの単糸が最も美しく編みこなせる、、、とかだったりするかもしれませんもんね。そう考えると、ますます楽しくなってきます。あんまり考えすぎると頭の中までスピンしちゃいますけどね、、、^_^;
URL | がみ #IY7bLZJE | 2006/10/04(水) 22:15 [ 編集 ]

  baruさんへ
ご指摘ありがとうございます。
すみませんでした。編み方と紡ぎ方両方の事柄があいまっての斜行ということだったんですね。
双糸のS撚りの糸の場合では、編むときにも撚りを戻しながら編んでいくことになるんですね。そうするとその分を考えると、撚り加減というのはあまりに甘撚りにしてしまうと、いけないということでしょうか。ちょどいい撚り加減といっても、しっかりした撚り、ちょうどいい撚り、ちょっと甘めの撚りと幅があると思います。その辺の加減を編むときの撚りが入ることを考えて撚り合わせしないとだめだということなんですね。エントリの文章は訂正しておきます。ありがとうございました。
URL | tea #- | 2006/10/04(水) 19:56 [ 編集 ]

  Rumikoさん
フランス式とイギリス式、その編み方も編地のちょっとした違いがあって、どちらが正しいということでもないのですが、好みの問題かなって思います。そのときに撚りを入れながらなのか、撚りを戻しながらなのか、今まで全然気にも留めませんでした。考えてみると本当に編みといっても、なかなか難しいものなんだなと思います。
URL | tea #- | 2006/10/04(水) 19:50 [ 編集 ]

  断定されると困ります
斜行の要因は、撚り加減が一番の原因ですから、編み方が原因と断定されると困ってしまいます。

まずは、手編み糸なら斜行しない糸を紡ぐのがように努力することが一番です。
糸を作るときに何を どのように編むのかをよく解かって紡ぐために、編むときにも撚りはかかるのですよ、その分も考慮して撚り加減感じ取っていってて欲しいなと申し上げたかったのです。

私もまだまだ勉強途中なので あまり断定的な発言をしたつもりはないので はちょっと
焦ってしまいました。

URL | baru #- | 2006/10/04(水) 18:19 [ 編集 ]

  イギリス式では?
Z撚りもS撚りも方向が違うだけで同じことじゃないの?と不思議に思っていましたが「がみ」さんのところで理由が解り疑問は解けたのですが、じゃあイギリス式の編み方ではどうなのかしら?とまた疑問が。
時間のあるときにフランス式とイギリス式の両方で実験してみたいと思いました。
teaさん他ほんとうにいろんな先輩の方々がいらっしゃって助けていただいているのでうれしくて感謝でいっぱいです。
URL | RUMIKO #kYTI4DvQ | 2006/10/04(水) 15:35 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://teaangelique.blog10.fc2.com/tb.php/366-4c52122f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。