斜行があらわれた!

4 Comments
畠山恭子
zs2
TAPUTAPUさんの意見で、ああ、そうだった、そういえば仕上げをしてなかったとスワッチを水通ししてみました。
斜行があらわれた!
いや~~~、なんて面白い現象なんでしょう。強撚糸のマフラーを縮絨かけたときみたいに、水に通すと撚りが戻ろうとするんですね~。織り地の場合は縮緬になるけれど、編地では斜行という現象になるんですね。
あれれ????????
左がZ撚りの糸 右がS撚り。本来なら単糸で編む場合は絶対にS撚りの糸使うってことなんですけれど、この斜行加減を見ると、S撚りのほうがきつい斜行をしていることになります。
普段双糸にあわせるときはZ撚りで甘めの糸を紡ぐようにしているので、Z撚りの撚りのほうが甘かった。S撚りの糸はちょっと強撚気味になってしまっていた、ということなんでしょうか。
Z撚りの編地も若干右側に斜行を起こしています。
こういうことが単糸では起こるので、双糸にあわせることによって、撚りの戻りを相殺するということなんでしょうね。やっぱりニットは双糸ですね。
ただ、双糸の場合でも撚り加減がきつい糸だと斜行が起こるということになるので、やっぱり撚り加減がポイントになりますね。
なので、ちょうどいい撚り加減であわせられるようにならないとダメってことでしょう。

自分自身がニットレースの糸をメインにしていたので、撚りと斜行については考えていなかったんですが、今回とてもいい勉強になりました。

さて、このあと、斜めになっちゃった編地をフェルト化作業で形を整えられるか実験してみます。TAPUTAPUさん、いいアドバイスありがとうございました。

単糸でニットを編むというのは、必ずスワッチを編んで斜行の具合を確かめてから、編まないといけないということなんでしょう。私の場合はS撚りの糸よりもZ撚りの糸のほうが撚り加減が甘いというか、ちょうどよかったということなんでしょうか。なかなか難しいです。


S撚りのほうが斜行しにくく、Z撚りのほうが斜行しやすいと考えていたので、実験結果にびっくりしたのと、同時に、間違えた事柄を載せてしまったので、加筆訂正しました。S撚りZ撚り間違えたかと思って、本をみて確認しました。<(_ _)>
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 4

There are no comments yet.
tea  
やっぱり~

これはセミ梳毛糸です。
紡毛だともっとふわっとしていると思いますが、割りに細番手なので、普段はセミ梳毛糸ばかり紡いでいますね。梳毛糸に比べるとちょうど中間くらいのいとなので、毛羽も程よくありますし、温かいです。
羊毛の繊維って髪の毛とそっくりですものね。パーマと同じと思えば、いろいろわかることも多いです。

2006/10/10 (Tue) 19:08 | EDIT | REPLY |   
TAPUTAPU  
やっぱり~

たった1日でこんなに実験が進んでる!これは紡毛糸を使われたんですか?
teaさんの行動力には頭が下がります。

パーマヘアの例え、まさにそうですね。

2006/10/07 (Sat) 11:56 | EDIT | REPLY |   
tea  
S撚りで単糸は正解です

今回の実験は思わぬ結果になってしまったので、ちょっとびっくりです。本当はs撚りで正解です。それぞれの単糸でこうやってやってみると、自分の紡ぎのくせが出てきたみたいで面白いです。普段Zは甘く撚るように努力しているので、違ってきたんですね。S、Z同じように紡ぐのは難しいですね。

2006/10/06 (Fri) 19:17 | EDIT | REPLY |   
-aya-  

わーーすごい!
水に通すとこんなに違うものなんですね!!むしろこの傾きを何かに使えるんじゃないかと思うくらいの変化ですね。
というか、私が今紡いでいる白樺編みストール用の糸、S撚りで単糸だ…。どうしましょう。
白樺編みだし目立たないことを期待しましょうか…。

2006/10/06 (Fri) 18:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply