Celtic tatting Knot

3 Comments
畠山恭子
celtec.ta.5s.jpg
ケルティックタティング ノットハートとノット。ハートのほうはオリンパス40番薄紫段染め糸。ノットのほうはDMCセベリア10番。こちらはシザースキーパーとして使っている。ハートのほうが細い糸なので、織りの状態がよくわかる。10番で作ったノットはちょっと太すぎてよくわからない。目数をもっと増やして心持大きくしたほうがきれいに見えるんだろう。慣れてくるとどうしたらいいのかわかるようになるけれど、最初はチェインのループのどこにくぐらせるのかが、よくわからなくて苦労した。こんな小さなモチーフがすぐにできるのは結構楽しい。タティングのドイリーなどは小さなサイズでも結構時間がかかるものだから。それでもあの繊細な雰囲気のレースは魅力的なので、ついついシャトルを持ってしまうけれど。数多くの作品を一度に手がけているので、やりかけばかりたまっていくけれど、一つずつ仕上げていかないとだめだな~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 3

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/05/04 (Mon) 13:38 | EDIT | REPLY |   
tea  
ayanonさんへ

コメント読ませていただきました。
お返事をしたいので、メルアドを教えていただけると助かります。よろしくお願いしますね。

2009/05/01 (Fri) 18:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/04/30 (Thu) 10:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。