渋皮煮のゆで汁で

6 Comments
畠山恭子
kurizome1.jpg
渋皮煮のゆで汁がすごい色をしているので、染めてみました。もっとピンクに傾くと思っていたんですが、こんな色。薄い赤茶。草木染はよくわからないので、媒染もよくわからず、タンサンを使ってゆでて灰汁抜きをしたので、それにミョウバンを足して、同媒染してみたんです。ミョウバンがだめだったのかと思って、再度渋皮煮を作ったときに、ミョウバンなしで染めてみたけれど、そっちもまったく同じ色に染まっちゃいました。柿の渋染めにも似ているのかな?ともかく、自分の想像していた色とは違うけれど、色としてはまぁまぁの色合いなのかもしれない。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 6

There are no comments yet.
tea  
ありがとうございます

スズキさん、はじめまして。
草木染の媒染のこと、ありがとうございます。羊毛に何度も染液につけて、媒染液につけての繰り返しをすると、完全にフェルト化してしまうので、難しいなと思って、ミョウバンを入れてみたんですが、言われるとおり、最初に入れたのではなくて、ある程度染めた後にミョウバンを入れたんです。文章の書き方が悪かったですね。すみません。草木染は媒染で色が変るのが醍醐味なんですけれど、やっぱり難しいな~って思います。二度と同じ色は出ないというところが特に。

2006/10/18 (Wed) 10:06 | EDIT | REPLY |   
スズキ@羊毛倉庫  

初めまして、いつも興味津々で拝見しています。
草木染めのことなのですが、最初から染液に媒染剤を入れてしまうのは同浴法とは少し異なります。先に入れてしまうと液体の中で色素と媒染剤が科学的に結合してしまうので、無駄が多くなります。(鍋のなかで沈殿物がでるのがそれです)
先に染液のみで染めてから媒染剤を入れる、もしくは先に媒染・後で媒染してから
もういちど染液で染めることをお薦めします。
どちらにしてもフェルト化する機会が増えるのが面倒ですよね・・・

2006/10/16 (Mon) 09:19 | EDIT | REPLY |   
tea  
奥が深い

joyceさん
堅牢度のことを考えると媒染したほうがいいのですね。渋皮のゆで汁なので、やはりタンニンが入っていたんですね。なるほど~。それでなんだか手がべたついたのと、羊毛もべたついていたんだ。やけにフェルト化しやすいなと思いました。
鉄媒染で赤みのグレーというのも、惹かれる色ですね。今度はちゃんと媒染も変えてやってみたいです。羊毛の場合は何度も染めて媒染してとすると完全にフェルト化するだろうから、やっぱり同媒染にしたほうが痛みが少ないでしょうね。
渋皮煮は私自身、もっともっと手間がかかるかと思っていましたが、案外楽に作ることができました。joyceさんも作られては?

2006/10/14 (Sat) 06:16 | EDIT | REPLY |   
joyce  

なるほど、そうでしたか。
無媒染とアルミ媒染はあまり色が変わらない場合が多いような気がします。(もちろんそうじゃないものもありますが)
ただ、媒染した方がやはり堅牢度がよいと思います。
媒染しないとやはりあせる早さが違います。
ただし今回の染料は栗で、栗はタンニンが含まれているので比較的色あせは少ないかと思います。
無媒染で赤っぽいと鉄媒染で赤みのグレーになるんじゃないかな。
私も近々栗の皮で染める予定です。
teaさんの思い描いていた色とは違うようでしたけど、写真で見る限りきれいな色じゃないかしら。
私はその色、咽から手が出るほどほしいです。

2006/10/13 (Fri) 21:39 | EDIT | REPLY |   
tea  
二度染めじゃなくて

これは一度だけ染めたんです。次の日にミョウバンなしで染めてみましたが、それも同じ色になりました。草木染のことをよく知らないもので、染液の濃さも染める量もまったくのアバウトで、しかもミョウバンすら適当にしちゃったので、ミョウバン媒染が本当にちゃんとしていたかは謎です。
鉄媒染ではやっぱりグレーなんですね。胴媒染もやってみたいと思うことばかり。やりたいことがいっぱいです。

2006/10/13 (Fri) 18:30 | EDIT | REPLY |   
joyce  

わ。先ほどゆで汁で染める話のコメントを書いたところでした。
さすがteaさん、ですね。
私が思っていたのよりteaさんの方のが濃いですね。
二度染めされたからでしょうか?
たぶんそんなに堅牢度も悪くないはずです。
木酢酸鉄で美しいグレーになりますよ。

2006/10/13 (Fri) 13:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。