耳あてつき帽子 赤バージョン編みあがり

2 Comments
畠山恭子
mimiate3
mimiate4
耳あてつき帽子 赤バージョンが編みあがり。こんな感じになりました。糸を紡ぎ始めて、編み上がりまで4日。なかなかいい感じ~。こんなペースで紡いで編んでできたら、途中でお蔵入りにならなくていいな~。小物は早く仕上がっていいや~。
ドレッシングしてすでに乾いているんだけれど、このあと、てっぺんのポンポンと房をつける予定。ポンポンは私が作るけれども、房は自分で三つ編みにするからね~と本人に念押しされているので、学校から帰ってからになるな~。耳あてつき帽子というから、てっきり子供のものだと思って編んだけれど、よ~く本を見ると、レディスと書いてありました。なので、試着させるとちょっと大きめ。まぁ、小さいよりはいいか~。深めにしっかり被ると目が隠れちゃうんですが、後ろに傾けて被ることもできるので、まぁまぁって感じです。
フェアアイルは編みあがったあとのドレッシングがとっても楽しい作業で、今回もドレッシングしたさに糸の始末がんばりました。
お湯につけて、石鹸つけてごしごしやっていると、編みあがったばかりの編地はぽこぽこしているのに、どんどんフラットになって、裏側の糸もしっくりなじんで一枚になってくるんです。なんていうか魔法を見ているみたいで、すご~~~~く面白い。このときに、余分な染料も色落ちしてくれるので、すっきりきれいになりました。今回はトップの減らし目部分はわざと糸を引きつり気味に編んでいます。糸をゆったりさせると、どんどん大きくなりそうだったので、この部分でしっかり締めました。私も被れるので、ちょっとうれしいかな~。でも被るときは「貸して~~~」とおねだりしないとだめだろうから、やっぱり自分用にはもうちょっと渋い色目で編まないとだめみたいです。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
赤バージョンはあゆのです

赤バージョンはあゆみのです。配色は本人が決めました。小物なのであっという間にできちゃうところが、いいな~って。今回、作品展に出さなくちゃ~とあわてているので、すごいスピードでやってるんですが、締め切りがなかったら、のんびりだらりともっと時間がかかっちゃうんでしょうね。締め切りがあったほうがいいのか、なかったほうがいいのか~。

2006/11/09 (Thu) 19:13 | EDIT | REPLY |   
hisa  

うわぁ。ラブリィですね!
これはどちらのお嬢さんのですか?
三つ編みの房付きがまた、期待大ですね。
手紡ぎだから軽いんでしょうし、冬にほっこりする色合いが良いですね~teaさんの作品を拝見すると私もがんばろっ!と思えます~。

2006/11/09 (Thu) 09:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。