AiryScarf 霞か雲か

0 Comments
畠山恭子
airy3
こちらのほうがずっと楽に編むことが出来ます。なんといっても掛け目の部分の段と、あとはガーターなので、気楽。オリジナルは22目なんですが、糸が細いのでこちらは28目にしています。ガーターの部分は5段と10段なんですが、これだとちょっと長さ的に短いような感覚がします。面倒でついつい適当に掛け目の段を入れているんですが、このままこの調子で編んでいけば、軽い軽いスカーフになりそうです。これは六甲山牧場のコリデールなので、張りがあっていい感じです。毛羽がかなりあるので、フラッシュ無しで写真を撮ると、編地が透けてるようには見えません。本当はかなり透けているんです。フラッシュありでとると、写真が平板になっちゃうのでいやなんですが、難しいですね~。(写真はフラッシュありです)
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply