縄文の手紡ぎ工房 Angelique
   縄文の手紡ぎにこだわって丁寧に紡いだ糸でニットレースを作ったり、タティングレースの作品を作っています。作品はオーダーも受け付けています。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

畠山恭子

  • Author:畠山恭子
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 こんなふうに

布団綿をチャルカで紡ぐとき、いつもハンドカーダーを使ってローラッグにして紡いでいたのだけど、そうするとあたり一面ほこりがたつので、ちょっと参ってた。なので、ちょっと試しに布団綿をそのままちょっとはぐように小さくちぎりとったままで紡いでみた。
やってみて、びっくり。ちゃんとうまい具合に紡げる。ハンドカーダーをかける手間がなくなった。
布団って布団に仕立てる前にカード機にかけられてシート状の綿にして、それを何枚も重ねてできてる。だから長年使った布団でも、ぺしゃんこにはなっているけれど、ちょっとはぎとって振って空気を含ませるようにしたら、そのままで紡げるみたい。篠やらローラッグにする手間がとても時間がかかるので、この方法だととっても便利だ。糸になっていく瞬間を見ていると、繊維が「次は私が糸になるの~~~~」とばかりに、糸に吸い込まれていくみたいで面白い。まるで繊維が「前にならえ」してるみたいだ。羊毛をスピンドルで紡ぐときも「私が次に糸になるの~~~」って言ってるみたいで楽しい。
わたつむぎ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2003/11/13(木) 13:47)

<<綿糸の糊引き | ホーム | 洗うとこんなかんじ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://teaangelique.blog10.fc2.com/tb.php/453-8fd79fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 縄文の手紡ぎ工房 Angelique all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
まとめ