こんなふうに

0 Comments
畠山恭子

布団綿をチャルカで紡ぐとき、いつもハンドカーダーを使ってローラッグにして紡いでいたのだけど、そうするとあたり一面ほこりがたつので、ちょっと参ってた。なので、ちょっと試しに布団綿をそのままちょっとはぐように小さくちぎりとったままで紡いでみた。
やってみて、びっくり。ちゃんとうまい具合に紡げる。ハンドカーダーをかける手間がなくなった。
布団って布団に仕立てる前にカード機にかけられてシート状の綿にして、それを何枚も重ねてできてる。だから長年使った布団でも、ぺしゃんこにはなっているけれど、ちょっとはぎとって振って空気を含ませるようにしたら、そのままで紡げるみたい。篠やらローラッグにする手間がとても時間がかかるので、この方法だととっても便利だ。糸になっていく瞬間を見ていると、繊維が「次は私が糸になるの~~~~」とばかりに、糸に吸い込まれていくみたいで面白い。まるで繊維が「前にならえ」してるみたいだ。羊毛をスピンドルで紡ぐときも「私が次に糸になるの~~~」って言ってるみたいで楽しい。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。