最初の模様のやっと半分

0 Comments
畠山恭子
swallow3
最初の模様編みの半分まできました。今回は糸があまりに細かったので、4号の匠の針先は紙やすりで削って尖らせて編んでいます。右上2目一度だとやりにくいので、全部左上2目一度にかえて編んでいます。糸がとても細いのでそれほど影響もなさそうだし、間違えたときに解くとき、このほうがすんなりできるし。だけれど、こんなに透けてるし、糸は細いしで、限りなく軽いショールになっちゃったら、う~~~ん、ショールとして使えるんでしょうか???どっかに飛んで行っちゃいそう。編みながら糸を切らないように、慎重に編んでいるので、結構編むのはしんどいな~。もうちょっと太目のレース糸にしとけばよかった~~。こんなに細く紡いでいたなんて!
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。