紡ぎ中

0 Comments
畠山恭子
coli18.2s.jpgcoli18s.jpg
今紡いでいる羊毛たち。一つはアナンダから購入した黒檀のスピンドルで。6月からはじまる神戸ウールの会の手紡ぎ講習会に準備していかないといけない糸。7~10番手くらいの糸を100g用意しないといけない。普段オレンバーグスピンドルで40番手ばかりを紡いでいるので、しかもこのごろはちっとも紡ぎをやってなかったせいで、太さが一定しない。ほんとにこれで10番手あたりなのかしら???適当にいい加減に紡いでしまっているんだけれども。今から講習会がちょっと恐いな~。外部から先生を招いての講習会なので、緊張なんだわ~。
もう一つはシェットランドレースを編むために紡ぎ始めたレース糸。レース糸って普通は梳毛糸に紡ぐのだけれども、シェットランドレースの糸のように絡みやすい糸にしたいので、オレンバーグスピンドルで紡ぐ正統なやりかたで、紡毛に紡いでいる。細いので、巻きつける途中で糸が切れたりすると、糸端がわからなくなるので、とても注意が必要。カシミアはどうなったの?っていう声が聞こえそうなんだけれど 笑 カシミアはもう一本のオレンバーグスピンドルに巻きついています。
ちょっと昔のログを調べてみたら、10番手っていうのは単糸でレースが編めるくらいの糸だった。今紡いでいるもは7番手にも遠く及ばず、5番手くらいの糸かも。こういうとき、きちんとしたタグをつけておかないとわからなくなってしまう。

結局、黒檀スピンドルで紡いでいた糸はお蔵入り。新たに紡ぎなおしということ。う~ん、これから100gか~~~。トップから紡ぐんだったら楽なんだけどな。織りになるので、トップを探してきて、紡ぐかな。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。