さぁ、紡ぎが始動

0 Comments
畠山恭子
今日は7月のウールの会の織りの講習の相談に出かけてました。
毎年ウールの会は夏休みなどに織りの講習をしているんですが、今まではなかなか参加できなくて、今年ようやく、本格的な織り機を使っての講習に参加できそうなので、うれしいのです。
で、今年織るものは、6~10番手くらいの手紡ぎ紡毛糸で綾織でショールを織ります。両端にボタンをつけて、マーガレットにも変えられるようにしようともくろんでいます。色はシンプルに生成り一色。なので、綾織の組織は光の加減で浮き出て見えるという感じになりそうです。柔らかくて上品ないいものができるんじゃないかなって会員さんには言われました。今からとてもわくわくします。
で、そのための糸を今から紡がないといけません。
いつものスピンドルで300gほど必要です。さぁ、がんばりましょう~。
こうやって期限が決まると、さぁやるぞっていう気分になるから、うれしいです。
明日は自宅で手紡ぎ講習やります。こちらも楽しみです。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。